Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

進学通信特集号WEB版『Hello! School』

聖望学園中学校

心優しき人々が集い、笑い、弾ける
居心地の良い「Wonderful」な学園

佐藤栄祐先生

埼玉県西部に位置する飯能市。103年前、緑豊かなこの地に誕生した聖望学園は今、「ICT」「English」「Global」を“3つの実”として進化中。小規模校ならではの強みも満載です。

記者プロフィール

埼玉県在住。今春、小学校6年生になる長男の中学受験を模索中のお父さん。心の優しい大人へと成長してもらいたいと願う中で、最近は宗教系の学校に興味津々。

先生

ようこそ聖望学園に! 生活指導委員長の佐藤です!

記者

本日はお世話になります。それにしても自然が豊かで、いい街ですね。

見どころ満載の「飯能」

先生

今日はちょっと雲が多いのですが、晴れていれば、ちょうどこの方向に富士山を眺めることができるんです。個人的にここからのロケーションが大好きなんですが…、うーん、今日は見えないか…、残念!

記者

学校の中に先生のお気に入りのスポットがあるなんて、なんかおもしろいです。

先生

そうですか。飯能市は市域の80%が山林で、都心からハイキングで来る方がとても多いんです。学校からほど近い場所に宮沢湖という名所もあり、本校の生徒はマラソン大会で、その周囲を気持ちよく走っています。最近は学校のすぐ近くに、ムーミンのテーマパークもできまして、けっこう注目が集まっているんです。

中学棟(南館)

先生

それでは中学棟からご案内してまいります。

記者

ずいぶん変わった格好の建物ですね。

先生

中学専用の南館で「中学棟」と呼ばれています。さあ、中に入りましょう。

住み慣れた自分の家

先生

まずは普通教室からです。全教室にICT環境が整っています。

記者

入り口もユニークですね。なんだか木の床も温かみがあって素敵です。生徒数はどのくらいですか?

先生

本校は小規模校で、今年度は中1がちょっと多くて54人、中2が41人、中3が47人の合計142人の学校です。各学年とも2クラス編成ですので、教室の中は、多くて30人、少なくて20名少々という感じです。

記者

少人数だからこそのメリットはありますか?

先生

なんといっても、学年を問わず仲が良いです。中3が中1の面倒を見て、中2がその間に立って、物事を色々とやっているという感じです。総じて穏やかな生徒が多いと思います。高校に進学した生徒がちょくちょくやってくるのも、住み慣れた自分の家に帰ってくるという感じなのかもしれません。

南館2階ホール

先生

続いて2階に上がりましょう。ここが2階ホールです。明り取りの天井を見上げると、建物が8角形であることがわかります。

記者

本当ですね、8角形です。

先生

本校には「I Study by Myself.」を表した、夏前に必ず実施する『ISM』(イズム)という1週間の学習期間があります。その際には、教室から自分の机をここに移動してきて、全員で自学自習に取り組みます。もちろん、マイセルフですから、時間割も自分で作成します。

記者

なるほど。何ごとも受け身の姿勢では本当の力は身につきませんからね。

先生

そうなんですよ。一方、2月に開催する『合唱コンクール』の練習や、定期的な学年集会でも、生徒たちは自主的にこのホールを使います。校舎の真ん中に、集まりやすい8角形のホールがあるというわけです。

南館1階ホール

先生

それではもう一度、1階に降りてみましょう。ここにも2階と同スペースのホールがあります。

記者

こちらのホールには祭壇があって、その横にクリスマスツリーがありますね。

先生

12月初旬の今は、イエス様のご誕生をお祝いするアドベント(準備期間)に入っています。ツリーはクリスマスに向けて、生徒会の子どもたちが準備してくれました。

記者

生徒さんが率先して動いているのですね。

先生

そうですね。ちなみに、入学式は体育館で行いますが、式の終了後、中2と中3の生徒たちがこのホールで新入生を待ち構えていて、歓迎の歌で新しい仲間を出迎えます。「今日からあなたたちは聖望の一員です」と、先輩たちの心を込めた愛のメッセージは、まっすぐに新入生の胸に突き刺さります。

記者

Wonderful!

アニメファンの聖地

先生

ここからは一度、外に出てみましょうか。記者さんは『ヤマノススメ』というアニメをご存じですか?

記者

すみません。エンタメ系、弱いんです(苦笑い)。

先生

女子高生たちの登山をテーマにしたストーリーで、作品の舞台が飯能市、登場人物が通う学校として聖望学園の校舎が描かれました。で、ここから見た校舎がそのままモチーフとして使われました。ここです、このあたりから校舎を撮影してみてください。

記者

(パチッ!)こんな感じでしょうか。これってひょっとしたら、聖望学園さんはアニメファンにとっての「聖地」なのですね。

先生

…かもしれません(笑)。

グラウンドは3つ!

先生

こちらがグラウンドです…、といっても狭いので、校庭と呼んでいます。

記者

グラウンドはここだけ…、ですか?

先生

いえいえ、そんなことはありません。自転車で15分ほどのところに、アメリカンフットボール、陸上競技、軟式・硬式テニスの練習場が入った『双柳総合グラウンド』があります。また、同じく自転車で30分ほどのところに、硬式野球、サッカー、硬式テニスの練習場を兼ね備えた『下川崎総合グラウンド』があります。

記者

硬式野球ということは、あの鳥谷敬選手も?

先生

そうです。阪神タイガースで2000本安打を達成し、今も千葉ロッテマリーンズで現役を続ける鳥谷選手も、下川崎総合グラウンドで汗を流しました。

記者

たしか、聖望学園さんの甲子園初出場は1999(平成11)年でしたか。

先生

そのとおりです。野球、お好きなんですね。本校は、春・夏合わせて4回、甲子園大会に出場しています。こちらの記念碑は、平成20年の春の選抜で準優勝した時のものです。

研修所

先生

こちらは研修所です。宿泊施設も完備しているので、勉強合宿をはじめ、運動部の合宿でもよく利用されています。ちなみに、向かって右に設置してあるテレビは、鳥谷選手から寄贈されたものです。

記者

いいですね。合宿所が自前である学校って、なかなかないんですよね。

トイレをリニューアル

先生

もう一度中にお入りください。今年度、中高共にトイレをリニューアルしました。洗面スペースも大きめで、使いやすくなったと好評です。

記者

トイレって、学校選びの重要なポイントなんですよね。参考にさせていただきます。

礼拝堂

先生

こちらが礼拝堂です。中学生は毎週月曜日、朝の1時間目の『礼拝』の時間から1週間が始まります。

記者

週の始まりに、気持ちをリフレッシュする時間ですね。

先生

そのとおりです。週に一度でも聖書の言葉に触れることで、自分の中に気づきや発見があることを知り、新たな課題として挑戦していってほしいと願っています。ところで、ちょっと振り返ってみませんか?

記者

クルリと、こうですか? あっ! ステンドグラス。

先生

何気ない日常に、こういった美があるのも、ミッション校らしさです。

体育館

先生

次は、冷暖房完備の体育館です。

記者

体育館の冷暖房は、もはや必需品ですね。

先生

私は保健体育科の教員で、バスケットボール部の監督も務めています。それだけにこの場所には愛着があるんです。私は体育館で汗を流し、頑張った生徒たちによくこう言っています。「迷った時は体育館に来なさい」と。

記者

その答えは。

先生

「原点が落ちているじゃないか」です。

記者

(2回目の)Wonderful!!

体操競技場

先生

こちらは体操競技場です。本校は体操部も強くて、2013年の全中で準優勝しました。

記者

強豪たちの練習拠点というわけですね。

先生

2019年も全中に出て、「よし、次も!」と意気込んでいたところ、一連のコロナ禍で2020年は大会が中止になりました。残念でしたが、生徒たちは元気です。

記者

諦めたらだめです! 私も応援しています!!

将棋のプロになる!

記者

運動部が強いんですね。

先生

いやいや、文化部も負けていませんよ。ほら!

記者

将棋の全国大会で準優勝じゃないですか!

先生

そうなんです。本校には本当にいろんな生徒がいて、一つの道にこだわりを持った生徒もいます。ちなみに、彼は「将棋こそわが人生」と言っています。私たちも楽しいですね。

記者

先生方が生徒の皆さんを、全力で応援していることがよくわかります。

先生

家族的な学校なので、生徒と夢を話し合う機会も多いですね。そんな校風が評価されてなのか、卒業生のご子息も多く入学されます。また、兄弟姉妹で通っているご家庭も珍しくありません。

マルチン・ルター

先生

最後に、マルチン・ルターと一緒にお別れします。本校の校章は、マルチン・ルターの家紋である薔薇と、心を表すハート、それに、キリストの象徴である十字架をモチーフにしたものなのです。

記者

そうでしたか。聖望学園さんの魅力がよくわかりました。今日はどうもありがとうございました。

ツリーに点灯!

(後日、記者のメールに電飾に彩られたクリスマスツリーの写真が届く。送信者は聖望学園の佐藤先生だった)

先生

「先日はありがとうございました。中学棟の前にある大きなもみの木に、素敵な明かりが灯りました。まだまだコロナで大変ですが、頑張りましょう。メリークリスマス!」

記者

(3回目)Wonderful!!!

聖望学園中学校  

〒357-0006 埼玉県飯能市中山292
TEL:042-973-1500

進学通信掲載情報

【校長が語る 自立へのプロセス】「生徒に“自ら学びたい”と思わせる自立を促す環境を作っていきます」
【WEB版『Hello! School』】心優しき人々が集い、笑い、弾ける居心地の良い「Wonderful」な学園
【実践!未来の学び ICT活用】ICT活用で生徒と教員が情報共有問題点をリアルタイムで解決
【実践報告 私学の授業】キャリア教育で養う社会への探究心と課題解決力
【グローバル特集 アイデンティティ】「相手の考えを否定しない」グローバル教育の土台を固める『課題解決ワークショップ』
【中学入試のポイント】生徒の多様性を尊重した多彩な入試型を導入
【The Voice 校長インタビュー】キリスト教に基づく教育で人格を磨き知恵と強い信念を持つ人に
【未来を切り拓くグローバル教育】オンライン英会話で英語により積極的に
【SCHOOL UPDATE】中山祭(文化祭) 「結ゆい~中山祭100%~」のテーマのもと心を一つに
【SCHOOL UPDATE】夢を実現する力となる中高6カ年の英語強化プラン 英語教育を通した教育目標の実践
【授業見聞録】理科 実験の失敗を繰り返して思考力を伸ばす
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】ICT活用のグループワークで学び合い、理解度を深める
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】考えを伝え合う授業で思考力が定着する
【SCHOOL UPDATE】一人ひとりの理解に合わせる ICT授業の新しい学びのスタイル
【注目のPICK UP TOPIC!】次代を担うポテンシャルの高い生徒を歓迎!
【学校生活ハイライト】全校生徒の心がひとつになった愛情のこもった文化祭 生徒と生徒の心のつながりが自立・自律の心を養う
【校長が語る 思春期の伸ばし方】未来の道を拓くヒントは自分の可能性をあきらめないこと
【注目のPICK UP TOPIC!】活躍目覚ましい部活動 人間的成長にも寄与
【部活レポート】将棋部/体操部
【Students' Chat Spot】キリスト教の精神を基本とした人間教育を実践 力を合わせて頑張る生徒会
ページトップ