Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2020年12月号

制服物語

開智日本橋学園中学校

SDGsの学びからプロジェクトが誕生
生徒主体で生まれた女子用スラックス

新たに追加された、女子用のスラックス(中央)。防寒や動きやすさの面から、多くの生徒に愛用されています。新入生からはとくに好評です。

新たに追加された、女子用のスラックス(中央)。
防寒や動きやすさの面から、多くの生徒に愛用されています。
新入生からはとくに好評です。

プロジェクトを立ち上げるにあたり、一番苦労したのは起案書づくりだったといいます。他校の事例なども調べ、検討を重ねました。プロジェクトを立ち上げるにあたり、一番苦労したのは起案書づくりだったといいます。他校の事例なども調べ、検討を重ねました。

 共学化に伴い2015年に制服をリニューアル。2019年秋からは、新たに女子用スラックスが追加されました。

 きっかけは、授業で行ったSDGs(※1)に関するグループワークです。4年生(高1)のA.Tさん、K.Sさん、K.J.Nさんたち7人のグループは、2017年の文化祭での発表に向け、ジェンダーについてまとめました。LGBTQ(※2)の記事を掲載していた新聞社を実際に取材するなど、精力的に行動。この発表を見た先生方からの働きかけや、ほかの生徒からの要望もあり、スラックス導入へ向けたプロジェクトへと発展していきました。

 プロジェクトは、起案書を作成するところからスタート。何度も話し合いを重ね、スラックスを導入するメリットや平等性の重要さなどを盛り込み、内容を固めていきました。

「起案書が通ってからも完成までに時間がかかりました。校内でスラックスを履いている生徒を見かけるたび、がんばってよかったなと思います」(K.J.Nさん)

 制服の選択肢が増え、多くの生徒にとって、学校生活がより快適なものになりました。

※1 SDGs…「Sustainable Development Goals」の略。2015年に国連で採択された、2030年までに達成すべき17の国際社会共通の目標。

※2 LGBTQ…Lesbian、Gay、Bisexual、Transgender、Questioningの頭文字を取った、性的少数者の総称。

生地は従来の男子スラックスと同一。
着用時のシルエットにも男女で差が出ないよう、微細な調整が施されています。
完成までには何度も試着をし、メーカーとすり合わせを行いました。

同校は帰国生も多く、多様な生徒が集まっています。「LGBTQについても、当事者がカミングアウトしなくても、自然に理解されていると感じています」(A.Tさん)同校は帰国生も多く、多様な生徒が集まっています。「LGBTQについても、当事者がカミングアウトしなくても、自然に理解されていると感じています」(A.Tさん)
2017年の文化祭での発表の様子は、校内に掲示されています。文化祭後に発展したスラックス導入に向けてのプロジェクトは、主に放課後を利用して活動しました。2017年の文化祭での発表の様子は、校内に掲示されています。文化祭後に発展したスラックス導入に向けてのプロジェクトは、主に放課後を利用して活動しました。

左から、K.J.Nさん、A.Tさん、K.Sさん。
「他校の友人から、このプロジェクトをきっかけに、自分の学校でも制服を変える運動を始めたと聞きました。
外部にも影響を与えられたことがうれしいですね」(K.Sさん)

(この記事は『私立中高進学通信2020年12月号』に掲載しました。)

開智日本橋学園中学校  

〒103-8384 東京都中央区日本橋馬喰町2-7-6
TEL:03-3662-2507

進学通信掲載情報

【WEB版『Hello! School』】歴史ある街中に建つ瀟洒な学び舎は健やかな成長を約束する快適空間!
【制服物語】SDGsの学びからプロジェクトが誕生生徒主体で生まれた女子用スラックス
【行ってきました!学校説明会レポート】「探究型学習」を肌で感じられる授業体験会
【中1の始め方】生徒自ら運営することで身につく〈主体性〉
【未来を切り拓くグローバル教育】全クラスで導入「英語で学ぶ」授業
【中学入試のポイント】多彩な入試で主体的に学ぶ生徒を募る
【学校ってどんなところ?生徒の一日】国際社会で活躍する日をめざして仲間と楽しく切磋琢磨!
【私たち、僕たちが大好きな先生】めざすは“ラーニングエンジニア”生徒が学ぶために自ら学ぶ人でありたい
【校長が語る 思春期の伸ばし方】「共感」して行動する経験を重ね 自己肯定感と主体的に発信する力を育む
【制服物語】アイデンティティーを表現しながら上品さを兼ね備えた制服
【中学入試のポイント】多彩な入試で受験生の“一生懸命”を応援
【子どもの自立を促す教育】探究と対話重視の授業で発信力を高め 自主性が育つのをサポート
【熱中!部活動】100年以上の歴史を持つ伝統校の活気ある活動
【Students' Chat Spot】生徒主体の「探究型の授業」や実践的な英語教育を通じて国際社会を視野に入れた真の学力を身につける
【SCHOOL UPDATE】哲学対話 正解のない対話を通じて自ら問いかけ考える力を養う
【10年後のグローバル社会へのミッション】開智から引き継いだ探究型授業で21世紀型の人材を育成
【私学の先生から受験生へのアドバイス】受験生が“得意”を生かせる入試システム
【キャンパス歩き】水と緑に囲まれた環境を学びの空間として最大限に有効活用
【The Voice 新校長インタビュー】平和で豊かな国際社会を創造する グローバルリーダーを育てたい
進学通信 2020年12月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ