Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2020年12月号

中学入試のポイント

東京女子学園中学校

思考・学びが楽しくなる
スマホ持ち込みOK入試

試験科目を一新し、“脱偏差値”入試改革を進める同校。2020年度入試で導入された日本初となる「スマホ持ち込みOK入試」にも注目が集まっています。
「スマホ持ち込みOK入試」とは?

 同校が掲げる “めざす生徒像”は、「日本だけでなく、世界を舞台に活躍する『世界とつながる女性』」です。これからの時代にふさわしい能力と見識を持つ女性を育てることを重視し、常に新しい学びのあり方を探究しています。

 2020年度入試で話題となった日本初となる「スマホ持ち込みOK入試」も、その探究から生まれたICT思考力入試です。

「インターネット上の情報を受験生のスマートフォンや学校貸与のタブレット端末などを用いて検索し、その情報を組み合わせて自分の考えを表現する入試です。
 初年度の入試で印象的だったのが、受験生の『解いていて楽しかった!』という感想です。
 生徒は数々の情報を前に、それが正しいかを判断し、自分はどう思うか、そこから得られる新しい気づきは何かを考えます。主体的に学びながら、自分だけの解答を創り出すのです。入試問題には、『学ぶこと・思考することは楽しいこと』という本校のメッセージが込められています。それが受験生に伝わったのはうれしく、また新しい意見だと思いました」

 と広報企画部長の立原寿亮先生は話します。

「図書室で実施し、外部の人とのやり取りは禁じています。スマホやタブレット端末、図書室の資料も活用して解答します。
 問題数は3つです。与えられた情報から、思考し、判断して解決する問題が1つ、自分で外部の情報を探して組み合わせて解決する問題が2つです。
 採点基準には大きく5つのポイントがあり(ページ下部参照)、最も重視しているのは、解答そのもののユニークさです。決まった解答がない問題を出すことで、受験生それぞれが解答を導き出すまでの過程から、個性やクリエイティビティーを見たいと思いました」(立原先生)

 試験に備えてどんな対策を立てればよいのでしょう。

「ICTリテラシーを持つように心がけること。そして、日頃からニュースや新聞を読みましょう。図やグラフ、統計資料などに注目して、自分の感じたことを言葉や文章にするといいですね。ひとつの話題について家族で話し合い、情報を多様な視点から考えることも役立つでしょう。
 こうした習慣が身につけば、受験だけではなく、これからの時代を生きていく力も育まれます。『スマホ持ち込みOK入試』は今後の学びの下地となる入試と言えるでしょう」(立原先生)

 同校では2021年度から試験科目が一新されます。「スマホ持ち込みOK入試」「国語」「算数」「英語」から1科目を選択し、受験生と保護者の面接を行います。

同校発信「DSDAプログラム」

 ICT教育に力を入れる同校では、2017年より1人に1台iPadを支給し、教科学習や校外学習で活用してきました。

「生徒は身につけたICTリテラシーを、探究活動やアクティブ・ラーニング、eポートフォリオなどの取り組みに活用し、主体性を持って、能動的に学んできました。
 そして、さらに新しい学びを進めるため、2020年4月に就任した河添健校長のもと、『DSDAプログラム』をカリキュラムに導入します。河添校長はデータサイエンスに造詣が深い数学者でもあります」(立原先生)

「DSDAプログラム」はデータサイエンス(Data Science)、デザイン(Design)、アーツ(Arts)の3領域からなる取り組みで、データサイエンス教育を中心として、文理が融合した問題解決力を養う同校独自のプログラムです。

「卒業後、社会に貢献できる人材となれるよう、生徒は基礎的なものの見方・リテラシーを総合的に学びます。
 中学ではまず、データサイエンスの基礎や情報リテラシー、デザイン思考、コンピュータサイエンスを学び、数学では資料の活用、統計処理の初歩、データ分析を学びます。
 これらの知識を基に、自分自身で新しい価値や情報を発信できる力、自分の価値観を探究して表現する力を養います。
『スマホ持ち込みOK入試』の先に、学校生活でこのような学びが待っています。ぜひ、チャレンジしてください」(立原先生)

(この記事は『私立中高進学通信2020年12月号』に掲載しました。)

東京女子学園中学校  

〒108-0014 東京都港区芝4-1-30
TEL:03-3451-0912

進学通信掲載情報

【生徒に聞く学校生活】オンラインを活用しコロナ禍でも楽しめる行事を開催
【中学入試のポイント】思考・学びが楽しくなるスマホ持ち込みOK入試
【WEB版『Hello! School』】古き良き伝統と最先端の学び方が融合するからこそより面白い未来へ
【The Voice 新校長インタビュー】文理一体型の教育を重視 世界を視野に活躍できる女性を育成
【実践報告 私学の授業】『地球思考プログラム』で世界とつながる女性を育てる
【行ってきました!学校説明会レポート】一人ひとりが主人公!“学び”を体験できる説明会
【私学の校外学習・学外交流】英語が大好きになる授業と特色ある3つの海外研修
【グローバル時代の学び方】伝統ある英語教育を通して世界とつながる「世界思考」
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】地球思考コードとルーブリック評価表で学びを明確化
【私学だからできるオリジナル教育】独自のワークブックで21世紀型授業を展開
【その先に備えるキャリア教育】目標 生徒が描いた夢の実現を徹底的にサポート!
【注目のPICK UP TOPIC!】他者理解と自己表現力が広がるICT教育
【グローバル時代の学び方】世界の多様性と温かさに触れる3つの海外研修
【10年後のグローバル社会へのミッション】コミュニケーションに必要な英語力と将来を思い描く力を育む
【SCHOOL UPDATE】アクティブラーニングによる英語の授業 「好き」から始まる学びへの意欲
【大学合格力強化計画】やる気に働きかけるキャリア教育で着実に伸びる大学合格実績
【Students' Chat Spot】中高一緒の良い雰囲気作りで目標を目指すソフトテニス部
【大学合格力強化計画】人生のビジョンを描くキャリア教育と校内予備校の成果が結実
【私学の光輝】オーストラリア3カ月留学
【校長が語る 思春期の伸ばし方】“未来からの留学生”を自立した大人に育て上げる
進学通信 2020年12月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ