Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2020年12月号

中1の始め方

文教大学付属中学校

体系的なキャリア教育と
生徒に寄り添う教育活動

昨年春の『トリニティーキャンプ』の様子。農家の方々の指導のもと、春のキャンプで苗を植え、秋のキャンプでは育った稲を刈り取る体験も行います。

昨年春の『トリニティーキャンプ』の様子。
農家の方々の指導のもと、春のキャンプで苗を植え、秋のキャンプでは育った稲を刈り取る体験も行います。

中高6年間にわたるキャリア教育や各自の状況に応じた学習指導で学力向上に努める一方、教育理念の『人間愛』を基に、生徒一人ひとりの現状を把握し成長をサポートすることを大切にしています。

何のために学ぶのかを
明確にする

 大学進学の先にある、将来を見据えたビジョンを描くための学習として、同校では『文教キャリア教育プロジェクト』に取り組んでいます。これは、中高6学年の総合的な学習の時間や学校行事、体験学習などをキャリア教育の一環として体系化し、それぞれにつながりを持たせながら、目標を持って学べるようにするプロジェクトです。このプロジェクトのスタート地点となる中1では、日々の学習が自分の未来につながっていることを知り、何のために学ぶのかを明確にすることを目標としています。

 例年5月には、群馬県みなかみ町で田植えやラフティングを行う2日間の宿泊行事『トリニティーキャンプ』を行っています。大自然を満喫し、地域や農業への知識を深め、田植えも体験し、秋には春のキャンプで植えた苗を収穫しに行きます。みなかみ町の農家のみなさん、山岳ガイド、猟師、アドベンチャーレーサー、アウトドアガイド、ベンチャー企業社長といった地域の方々から話を聞く機会も設けられており、将来に向けた意識が芽生えるきっかけとなっています。

 中2では同じみなかみ町の農家に滞在し、農村の生活を体験し、中3では山梨県身延町で山登りをしてから宿坊に宿泊する体験学習を行っています。

「今年は新型コロナウイルス感染症の影響で、『トリニティーキャンプ』は中止せざるをえませんでした。その代わりに、本校のある品川区について、総合学習を実施しています。中1の5クラスを5つの地区に分け、実地調査や調べ学習をして集めた資料や情報をまとめて、地域が抱える問題の解決策やより良い街づくりについて考えるというものです。今後6年間を過ごす近隣地域を知り、身近な社会問題に触れる良い機会になるはずです」(入試広報部/渡邉雄祐先生)

生徒一人ひとりの習熟度に合わせて
基礎学力の定着を図る

 日々の教科学習に関しては、全教員が生徒一人ひとりの習熟度や状況に応じて、きめ細かなフォローをして基礎学力の定着を図るのが、同校のモットーです。

 中1のクラス編成は入学試験の結果をもとに、各クラスで学力がほぼ均等になるように編成しています。クラス内にはさまざまな学力の生徒がいるため、抜きん出て英語が得意な生徒に、クラスのほかの生徒が刺激され、英語を学ぶモチベーションにつながるという例もあるそうです。

「私が担当する英語科では、中1は英語の授業が週5時間あり、うち4時間は1クラスを半分に分けて指導しています。英語を初めて学ぶ生徒が多いこの時期は、一人ひとりをきちんと見て指導することが重要と考えているからです。
 中2からは、英語と数学の授業は習熟度別となり、苦手な生徒には少人数できめ細かい指導を行うなど、生徒それぞれに合わせた学習ができる態勢を整えています」(入試広報部/関本康葉先生)

『人間愛』をベースとした
生徒に寄り添う教育活動

 学習面だけでなく、生活面や進路に関する悩みごとや問題点などを、きめ細かくサポートしているのも同校の特色の一つです。年3回の個人面談や、Classi(※1)の学習記録などを利用して、生徒一人ひとりの現状把握に努めています。

 新型コロナウイルス感染症による休校期間中も、早くからICT環境を整備し、電子黒板や1人1台のタブレット端末を導入していたことが功を奏し、全校を挙げてオンライン授業を順調に進めることができました。新中1生に対しては、GW明けに一人ひとりにタブレット端末を送付し、オンラインホームルームなどを利用して、生徒同士、教員と生徒とのやりとりをできるかぎり活性化し、生徒の不安を取り除いていきました。

 Zoom(※2)による双方向の授業やClassiを使った課題の提出や振り返りなどでも、生徒とのコミュニケーションを積極的に取り入れ、生徒のClassiへの書き込みには必ずコメントを返すほか、オンラインで三者面談を行うなど、最大限のサポートを行いました。

「本校の教育理念に『人間愛』があります。それは、『人間性の絶対的尊厳と無限の発展性を確信し、すべての人を信じ、尊重し、あたたかく慈しみ、優しく思いやり、育むこと』です。私たちはこの理念に基づき、常に生徒一人ひとりの心に寄り添うことを大切にしてきました。ICT活用によって、さまざまな業務が効率化され、そのぶん、生徒一人ひとりとの関わりに、よりいっそう時間と力を注げるようになったと自負しています。
 休校中のオンライン授業などの経験は、今後どのような状況が起きたとしても、『人間愛』に基づく教育を、変わりなく続けていけるという確信を得られる機会ともなりました」(中1学年主任/石原純先生)

※1 Classi…クラウド型学習アプリ。課題配布や生徒による学習記録、教員と生徒間でのコメントのやりとりなど、多彩な機能を備えています。

※2 Zoom…双方向型のWeb会議サービス。参加者を小規模なグループに分けてグループワークができる機能も備えています。

左から渡邉先生、石原先生、関本先生。左から渡邉先生、石原先生、関本先生。
昨年の春の『トリニティーキャンプ』の様子。例年、川下りなどのアクティビティも行い、クラスメートとの親睦も図ります。昨年の春の『トリニティーキャンプ』の様子。例年、川下りなどのアクティビティも行い、クラスメートとの親睦も図ります。
休校中、Zoomを使って授業を進めたり、ホームルームや面談を実施したりすることによって、生徒たちとのコミュニケーションを図ることができました。休校中、Zoomを使って授業を進めたり、ホームルームや面談を実施したりすることによって、生徒たちとのコミュニケーションを図ることができました。

(この記事は『私立中高進学通信2020年12月号』に掲載しました。)

文教大学付属中学校  

〒142-0064 東京都品川区旗の台3-2-17
TEL:03-3783-5511

進学通信掲載情報

【中1の始め方】体系的なキャリア教育と生徒に寄り添う教育活動
【コロナに負けない!私学のアクション】創意工夫あふれる授業を実施受験生向けイベントもオンラインを活用
【生徒の主体的な活動にフォーカス】デバイスの導入を契機とした生徒主体の学校づくり
【みんな大好き キャンパス食堂】午後の活動に向かう生徒を「行ってらっしゃい」とやさしく送り出す
【実践報告 私学の授業】タブレットPCの積極活用で理解力・積極性がアップ
【未来を切り拓くグローバル教育】台湾への大学進学を全面的にサポート
【6年間のメンタルケア】養護教諭とカウンセラーは生徒一人ひとりと向き合い 心身の健康をサポートする“縁の下の力持ち”
【実践報告 私学の授業】プログラミング学習で課題解決力を引き出す
【目標にLock On!! 私の成長Story】やるべきことをしっかりやっておけば自信と結果はついてくる
【キャンパスのビジョン】大海原へ漕ぎ出す前の生徒を見守る“港”をイメージしたモダンなキャンパス
【グローバル時代の学び方】中1から参加できる!セブ島英語研修スタート
【中1の始め方】自己管理能力とチーム力が「主体的に行動する力」への第一歩に!
【キャンパスのVISION】人生という長い航海に備える“港”それが新キャンパスのコンセプト
【グローバル時代の学び方】『世界に飛翔する力』で幅の広い選択肢を実現
【注目のPICK UP TOPIC!】「強い心」でこれまで以上の確かな進学力を育成
【10年後のグローバル社会へのミッション】『既知の未知化』『未知の知識化』『知識の未来化』で、 未来に輝く人材を
【Students' Chat Spot】学校の広報活動を行う『文教コンダクター』のみなさんが学校の魅力を存分に紹介!
【SCHOOL UPDATE】未来への船出!生徒たちを明るく包む新校舎
【未来を生き抜く学力のつけかた】『既知は未知でできている』 考える力を育み知識を活かす人材を育てる6年間
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】学びの円環を作り家庭学習を定着させる
【On Going! 進歩する私学の注目情報】新キャンパスを整備 留学制度の充実など改革が進行中
【私学しゅん報】HERE!中学校 みんなの新校舎“PORT”完成
進学通信 2020年12月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ