Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2020年12月号

Students' Chat Spot

共栄学園中学校

部活動も学業も!
充実した学校生活

「文武両道」を教育理念に、学業のみならず部活動にも力を注ぐ同校。今回は、中2生と高2生の計6名の生徒に、学校の魅力について語ってもらいました。

梶川蒼天さん(中2)
梶川蒼天さん(中2)

「バスケ部で、毎日練習に励んでいます。今年の目標は、『葛飾区No.1』」

佐藤俊介さん(中2)
佐藤俊介さん(中2)

「温かい雰囲気の学校で、みんな仲が良く、楽しい毎日を送っています」

山﨑沙和さん(中2)
山﨑沙和さん(中2)

「好きなことに熱中でき、それを互いに認められるいい友人関係が築けます」

岡田琉那さん(中2)
岡田琉那さん(中2)

「今年、部活動の後輩が初めてできたので、新鮮な気持ちです。先輩として責任感も出てきました」

織戸康正さん(高2)
織戸康正さん(高2)

「卓球部で練習に打ち込んでいる時間が大好きです。充実した学校生活を送れていると感じています」

梶川日愛さん(高2)
梶川日愛さん(高2)

「今年は、バトン部の大会が中止に。次に開催される時には『世界大会優勝』をめざします!」

――なぜ共栄学園を選んだのですか?

山﨑さん
私は小さい頃からチアダンスをやっていたので、チアダンスを活かせる部活動に入りたいと思い、バトン部のあるこの学校を選びました。それから、部活動だけでなく、学業も大事だと考えていたので、「文武両道」を掲げているこの学校は、私に合うのではないかと思いました。

佐藤さん
授業体験会に参加した時に、授業の進め方が僕に合っていて、とても楽しく受講できました。それがきっかけになって、この学校でもっと学びたいと思い、受験しました。

岡田さん
私は、隣接する共栄幼稚園に通っていました。そのような縁もあって、小学生の時から、吹奏楽部の部活動体験によく参加していたんです。その際に、先輩方と仲良くなり、一緒に演奏したいと思って受験しました。

梶川(蒼)さん
僕は家から近いことと、部活動が盛んなことがこの学校を選んだ理由です。もともと中学生になったらバスケットボール部に入りたかったので、しっかりと活動している学校を希望していました。

織戸さん
僕も家から通いやすいというのが理由の一つです。それから、制服も格好よかったのでこの学校を選びました。

梶川(日)さん
高校のバトン部が毎年、世界大会で優勝しているのを見ていて、私も入りたいと思ったのがきっかけです。

――他校にはない共栄学園の自慢は?

岡田さん
講演会など、外部の講師の方のお話を聞く機会がたくさんあります。さまざまな職業を知るきっかけになり、進路を考える時の参考にもなります。

梶川(日)さん
電子黒板が全教室に設置されているので、授業がスムーズに進みます。とくに、社会科や理科、数学の授業では、先生が動画や図などを使って説明してくださるので、とてもわかりやすいです。

梶川(蒼)さん
6学年の生徒が同じ校舎で学んでいるので、他学年の人と交流する機会も多く、いろいろなことを学べます。先輩も先生たちもみんな優しくて、相談に乗ってもらったり、わからないことを教えてもらったりしています。

織戸さん
体育館が2つあるのも、この学校の自慢です。どちらの体育館も冷暖房完備で、体育や部活動にも思いっきり打ち込めます。

佐藤さん
伝統文化的な部活動が多いのも特徴です。僕が入っている少林寺拳法部もそうですが、ほかにも競技かるた部、華道部、琴部、囲碁・将棋同好会などもあります。

梶川(日)さん
部活動と学業の両立は大変ですが充実した毎日を送っています。挑戦してみたい部活動がある人にはおすすめの学校だと思います。

山﨑さん
先輩・後輩の仲が良く、温かい雰囲気の学校であることも良いところだと思います。

岡田さん
話しかけやすい先生が多く、勉強のアドバイスも積極的にしてもらえるので、勉強も楽しんでできます。

佐藤さん
勉強の面でいえば、数学の先取り学習もこの学校の特徴です。中学校の数学課程を中2までに終えるので、中3では高校の数学を勉強します。先取りすることで、より理解が深まります。

――印象に残っている学校行事は?

岡田さん
体育祭が楽しかったです。私が所属している吹奏楽部は、体育祭のお昼休憩の時にマーチングのパフォーマンスを行います。体育祭自体は中高別に行うのですが、パフォーマンスは先輩方と一緒にできたので、一体感を感じられて印象に残っています。

山﨑さん
私は、中1の校外学習で尾瀬に行ったことが思い出に残っています。同じ小学校の友達がほとんどいなかったので、入学した直後はなかなか友達をつくることができませんでした。でも、この尾瀬で班行動をしたり、レクリエーションをしたりして、たくさんの人と話ができ友達になれました。

梶川(蒼)さん
僕も尾瀬は印象に残っています。入学して間もない時期に行われるので、まだ話したことがない人とも話すきっかけができ学校生活が楽しくなりました。

佐藤さん
僕は文化祭です。尾瀬で仲良くなった友人たちと、初めて一丸となって作り上げたのが文化祭でした。当日ももちろん楽しかったのですが、準備期間は、みんなの仲がより深まった気がして、とくに良い思い出になっています。

織戸さん
僕は、中学校の修学旅行です。北海道に行き、山に登ったり、カヌーに乗ったりしました。日常では味わえない貴重な体験ができました。

梶川(日)さん
中2のK-sep(※)が印象に残っています。2泊3日で成田のホテルに滞在し、ネイティブ・スピーカーと英語だけで会話をするというプログラムを行いました。それまで、英語を話すことに慣れていなかったのですが、この3日間を通して、英会話に少し自信が持てるようになりました。

――今、学校生活の中で熱心に取り組んでいることは?

佐藤さん
学校が教育理念として掲げている「文武両道」が達成できるよう、部活動にも勉強にも力を入れようと思っています。

岡田さん
私は、部活動は楽しんでやっていたら、いつの間にか上手くなっているものだと思うので、とくに勉強を意識してがんばろうと思っています。得意科目と苦手科目では、成績のばらつきが大きいので、苦手が得意に変わるようにがんばりたいです。

梶川(蒼)さん
僕も、苦手科目を克服して、部活動では朝練にもしっかり取り組んでいきたいです。

織戸さん
僕は、英語に力を入れています。この学校は、K-sepやオンライン英会話など、実践的な英語を学べる機会も多く、英語力を養うにはとても良い環境だと思います。英語の授業では、毎回、英単語のテストもあり、問題が繰り返し出題されるので、基礎力は自然と身につきます。

※K-sep:共栄スペシャルイングリッシュプログラム

「ワイワイと賑やかな雰囲気の学校です!」「ワイワイと賑やかな雰囲気の学校です!」
「部活動に熱中している人も多く、好きなことに夢中になれます」「部活動に熱中している人も多く、好きなことに夢中になれます」

(この記事は『私立中高進学通信2020年12月号』に掲載しました。)

共栄学園中学校  

〒124-0003 東京都葛飾区お花茶屋2-6-1
TEL:03-3601-7136

進学通信掲載情報

【私たち、僕たちが大好きな先生】生徒と対話を重ねながら生身の授業で実力を養う
【Students' Chat Spot】部活動も学業も!充実した学校生活
【中学入試のポイント】「1教科4技能入試」でプレゼン能力を評価
【未来を切り拓くグローバル教育】英語力を強化する多彩なプログラム
【学校生活ハイライト】中学3年間の「校外学習」で未来を見据えた「SDGs」に取り組む
【私学の英語最前線】大学入試改革を意識した英語4技能を強化
【学校ってどんなところ?生徒の一日】勉強も部活動も、元気に一生懸命に! 「文武両道」をイキイキと体現
【SCHOOL UPDATE】イングリッシュ・キャンプ『K-sep』 ネイティブの先生と英語を楽しむ3日間
【目標にLock On!! 私の成長Story】先生方の親身なアドバイスを活かして強い気持ちで第一志望に合格
【SCHOOL UPDATE】電子黒板の導入で変化する授業 電子黒板で授業効率アップ 質の高い授業で集中力も高まる
【グローバル時代の学び方 】2泊3日のオールイングリッシュプログラム 「K-sep」の英語劇創作が“英語を楽しむ”意欲を育む
【中学入試のポイント】自らの考えを問う適性検査型入試
【熱中!部活動】文武両道を実践して人間的成長を促進
【Students' Chat Spot】クラブ活動や生徒会活動も大切にすることで実社会に生きる確かな力を育成
【SCHOOL UPDATE】K-sep 「楽しさ」から生まれる英語を話したくなる気持ち
【授業見聞録】総合 多彩な職業人が語る月1回の定期講演会
【めざせ 次代のグローバルリーダー】『K-sep』で英語劇を完成させ国際人としての第一歩を築く
【大学合格力強化計画】生徒達の学校生活を充実させる 柔軟なコース制とサポート態勢
進学通信 2020年12月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ