Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2020年12月号

その先に備える キャリア教育

専修大学松戸中学校

進路
卒業生たちが後輩に語る
進路経験談が中3生の刺激に

中3生たちが進路について具体的に考えられるよう卒業生が進路に関する体験を語ります。
進路講演会の後半では、卒業生ごとにより具体的な詳しい話を聞きます。中3生は興味のある卒業生が待つ教室に集まります。

進路講演会の後半では、卒業生ごとにより具体的な詳しい話を聞きます。
中3生は興味のある卒業生が待つ教室に集まります。

進路講演会の前半で、各教室で画面に映し出される映像を見ながら卒業生の話を聞く中3生。進路講演会の前半で、各教室で画面に映し出される映像を見ながら卒業生の話を聞く中3生。

 早期からキャリアビジョンを育むことを大切にしている同校。恒例の進路講演会が開催されました。卒業生たちが来校し、高校進学を控えた中3生に進路に関する経験談をするイベントで、同校のキャリア教育の重要な位置づけとなっています。

 大学4年生や大学院生など、その先の就職や進学先が決まっている人が選ばれ、現在の研究内容や卒業後の進路、志望校を決めた時期やきっかけ、中3の頃の思い出など、多岐にわたって話します。

 例年なら、多目的ホールに全員が集まり、互いの顔が見える状況で話を聞くのですが、3密を避けなければならない今年は、リモートでの実施となりました。卒業生が一人ずつ、パソコンに向かって話をし、それを中3生たちが教室で電子黒板を通じて視聴します。

 母校の後輩たちのために集まった卒業生は10名。東京大学や筑波大学、国際基督教大学など、大学や学部はさまざまで、中3生たちは多様な進路があることを知ります。卒業生からは、「部活動などでどんなに疲れていても10分でもいいから、毎日勉強しよう」「定期テストが終わってからもう一度取り組み、100点をとれるまで振り返りました」など勉強面での工夫や、「自分も中3の時に卒業生の話を聞いて進路を決めました」「現在の進路は第1志望ではないので、もっと勉強をがんばっていればよかったと思うこともあります」といった生の声が語られます。

 後半は、卒業生が各教室に分かれ、在校生たちは、さらに詳しく話を聞いてみたい卒業生が控える教室に集まります。ここでは、大学での学びや進路についてより詳しい話を聞いたり、質問をしたりすることができます。医学部の学生が聴診器の使い方を実演するなど、卒業生はできるだけ具体的に伝えてくれます。

 短い時間ですが、先輩たちの熱い思いが中3生たちに伝わり、中3生が興味のある職業やそのためにどんな進路を選べば良いかを考えるきっかけになります。

 今回の進路講演会に参加した卒業生は口々に「自分も先輩たちの話に刺激を受け進路を決める参考にしたので、その恩返しとして、後輩の役に立ちたい」と話します。先輩から後輩へ受け継がれるこの気持ちこそ、かけがえのない財産なのです。

Report
自分たちも受けた刺激を在校生に!
熱い思いとともにリレーする
進路講演会に駆けつけた卒業生の皆さん。「物理学を研究する大学院生、医学部の5年生、大学で留学をした卒業生など、それぞれが多様な経験を話してくれました」(五味先生)進路講演会に駆けつけた卒業生の皆さん。「物理学を研究する大学院生、医学部の5年生、大学で留学をした卒業生など、それぞれが多様な経験を話してくれました」(五味先生)
Google Meet(※)を使ったリモートでの実施となった今年は、卒業生がパソコンの前で語り、その映像と音声を教室で視聴します。直接顔を見て話せないのは残念ですが、後輩たちに伝えたい熱い思いは変わりません。Google Meet(※)を使ったリモートでの実施となった今年は、卒業生がパソコンの前で語り、その映像と音声を教室で視聴します。直接顔を見て話せないのは残念ですが、後輩たちに伝えたい熱い思いは変わりません。
「リモートでの開催は初めての試みでしたが、卒業生の画面や教室の様子などをチェックしながら、スムーズに進行しました」(五味先生)「リモートでの開催は初めての試みでしたが、卒業生の画面や教室の様子などをチェックしながら、スムーズに進行しました」(五味先生)

※Google Meet…Googleアカウントを利用して使えるWeb会議サービス。Googleの授業支援ツール「Google Classroom」と連携して使用できます。

自分を冷静に見つめる機会に
中学校教頭  五味光 先生中学校教頭  五味光 先生

 進路講演会は、例年中3生に向け、夏休み明けに実施しています。夏休みに各自が職業や学問、興味のあることなどをポスターにまとめる作業をしますので、その直後に、冷静に自分を見つめ直す機会にしてほしいという狙いがあります。話を聞かせてもらう卒業生を大学4年生以上にしているのは、大学や大学院の先の進路を見据え、研究していた学問をどう生かすのかを具体的に話してもらえるからです。なかには、大学に入ってから進路を変えたといった話も出てきます。それも実体験に基づく貴重な話だと思います。

 生徒たちは、卒業生の話に大きな刺激を受け、目標がはっきりすることが多いようです。

(この記事は『私立中高進学通信2020年12月号』に掲載しました。)

専修大学松戸中学校  

〒271-8585 千葉県松戸市上本郷2-3621
TEL:047-362-9102

進学通信掲載情報

【実践!私学のグローバル教育「授業」】ISAプログラムなどで実践的な英語を使いこなす
【その先に備える キャリア教育】進路 卒業生たちが後輩に語る進路経験談が中3生の刺激に
【学校生活ハイライト】百人一首の学習で日本文化に触れ、古典に親しむ
【グローバル特集 海外研修[北アメリカ]】中3生のネブラスカ修学旅行は英語学習の集大成・転換点となる13日間
【中1の始め方】クラスをつくり自主学習の姿勢を養う
【学校ってどんなところ?生徒の一日】充実した学習環境のなかで楽しみながらのびのびと学べる!
【The Voice 校長インタビュー】『報恩奉仕』の建学精神をもとに生徒を基本に据えた学校づくりを
【目標にLock On!! 私の成長Story】長期留学しても、難関大に現役合格困難なときは、先生がサポートしてくれた
【グローバル時代の学び方】現地のサマースクールやホームステイで”英語を使う体験を” ネブラスカ修学旅行で将来へ一歩を踏み出す
【子どもの自立を促す教育】中学校生活の集大成として中3に行われるネブラスカ修学旅行が生き方を考える分岐点に
【目標にLock On!! 私の成長Story】体験や経験から学び取った多面的なアプローチで夢を切り拓く
【グローバル時代の学び方】留学生と英語で対話する2日間
【SCHOOL UPDATE】理科実験授業 “不思議”から生まれる知的好奇心を大きく育てる
【目標にLock On!! 私の合格Story】報恩奉仕の精神で後輩たちの未来を共に考える
【SCHOOL UPDATE】ISAプログラム 留学生との交流で英語力を徹底強化
【The Voice 新校長インタビュー】学力を生かし、社会の中で活躍するための人間力を育成
【Students' Chat Spot】アメリカ・ネブラスカ修学旅行も体験した中3生 学校の魅力とこれからのことを語ってもらいました。
【母校にエール!OGOB interview】卒業生が語るわが母校 未来のヒントを得る進路講演会
【私学の光輝】アメリカ・ネブラスカ修学旅行
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】学校生活の基礎となる規律を学ぶ2泊3日のオリエンテーション合宿
進学通信 2020年12月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ