Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2020年12月号

実践報告 私学の授業

昌平中学校

IB教育に基づく教育を実践
“伸びしろ”を最大限に広げる

大学入試改革・グローバル社会に対応し、自己実現につながる学び
中2の理科・生物の授業風景。IBの教育手法を取り入れ、ディスカッションや意見交換することを中心にした授業です。

中2の理科・生物の授業風景。
IBの教育手法を取り入れ、ディスカッションや意見交換することを中心にした授業です。

世界水準の教育態勢で
主体的に学ぶ授業を展開

 教育の世界標準プログラムである『IB(国際バカロレア)教育』(※1)の導入で知られる同校。2015年には中学校、2019年には高校がIBの認定校となり、生徒主体のコミュ二ケーション活動を柱とする授業スタイルが根付き、生徒の成長にもその成果が表れてきています。

「ディスカッションやディベートなどを行う機会をたくさん設け、生徒が主体となって取り組む授業を多く行っているため、生徒には勉強させられている感覚がありません。そうした授業を通して、学びを通して自らの成長を実感したり、学びを楽しいと感じたりすることで、自ずと知識を吸収し、考える力を伸ばしていきます。
 IBでは学問の“知識”だけではなく、それぞれの教科ごとに、その特有の考え方や物事の見方・捉え方といった “概念”を学んでいくところが特徴です。どの授業でも常に何のために学ぶのかを意識させながら、物事の本質を複数の視点から考えることを重視して指導しているので、生徒たちに自分の考えを説明する力が身についていきます。これは、大学入試改革やグローバル社会に対応できる、思考力や判断力を伸ばすことにもつながります。
 また、IBは『生涯学び続ける姿勢』を育むプログラムであることも大きなポイントです。中学生には、“伸びしろ”が大きくあります。本校の中学教育で実施しているIB教育のMYP(※2)は、その伸びしろを最大限に広げることができるのです」(教頭・国際教育部部長/前田紘平先生)

※1 IB(国際バカロレア)教育…世界基準で活躍できる人材育成を目標に、国際バカロレア機構(本部・ジュネーブ)が提供する教育プログラム。IBは「International Baccalaureate」の略。

※2 MYP…Middle Years Programme(ミドル・イヤーズ・プログラム)の略。11~16歳を対象に、生徒の知的・社会的な発達を促し、創造的な学びを行えるようにIB機構が練り上げた、IBの中等教育プログラム。

社会に貢献する
意欲と力を育てる

 IBは海外大学への入学資格を得ることを目的とするものではなく、本来はグローバル社会で求められる思考力や表現力、知識の活用力などを養うためのものだと前田先生は話します。

「IBの目的の一つに『社会貢献への精神』があり、本校でも中3生が自分の興味・関心に合わせて奉仕活動を考え、実行する『コミュニティプロジェクト』を実施しています。環境問題に関心のある生徒が、フリーマーケットで物を売って環境団体に寄付したり、古本を集めて癌の研究に寄付をする『古本募金』を行ったりなど、自分たちでもできる活動を始めています。
 こうした活動には失敗がつきものですが、中学生のうちから失敗を克服する機会をたくさん作りたいと思っています。
 今後は、企業でのインターンシップなど、ハードルの高い取り組みも実施したいと考えています。そうした実社会と関わるさまざまな体験から、自分が世の中にどのように貢献できるのかを模索してほしいのです。将来は社会貢献を通して自己実現をし、イキイキと輝く人として世界で活躍することを願っています」

授業レポート中2の生物・英語の授業

 中学校ではIBのプログラムに基づく教育を、各教科の教員が日々の授業で実践しています。中2の生物と英語(グラマー)の授業を取材しました。

Interview 1
理科の授業で知識を活用する力や
探究力、コミュニケーション力を養う
中2『生物』髙橋 和希先生
髙橋 和希先生

「本校の理科の授業では、中学から教科を生物・地学・物理・化学の分野別に学習を進めています。高校の内容も含めて系統的に学んでいき、早くから各分野の専門的な内容まで踏み込んで学ぶことが特徴です。
 探究型の授業を実践しており、授業で考えたことを文章にまとめたり、グループで意見交換したり、話し合ったりする機会を多く持つようにしています。例えば、今日の授業では、遺伝について学んだうえで『有性生殖と無性生殖どちらが環境に適しているか?』というテーマについてディスカッションを行いました。こうした授業の進め方によって、知識を得るだけでなく、知識を活用する力や、探究力、コミュニケーション力なども養っています」

『有性生殖と無性生殖どちらが環境に適しているか?』というテーマについて、まずは生徒一人ひとりが自分の意見をまとめ、記述していきます。『有性生殖と無性生殖どちらが環境に適しているか?』というテーマについて、まずは生徒一人ひとりが自分の意見をまとめ、記述していきます。
髙橋先生から「他人が読むことを考えて文字をていねいに書くことも心がけ、伝わる文章を書くこと。これまでに学習してきた内容を踏まえて書くこと」といったアドバイスがありました。髙橋先生から「他人が読むことを考えて文字をていねいに書くことも心がけ、伝わる文章を書くこと。これまでに学習してきた内容を踏まえて書くこと」といったアドバイスがありました。
4名で1つのグループを作り、グループ内で互いの意見を交換していきます。4名で1つのグループを作り、グループ内で互いの意見を交換していきます。
質問したり議論したりして、自分と異なる意見や考え方にも耳を傾けます。質問したり議論したりして、自分と異なる意見や考え方にも耳を傾けます。
他人の意見や自分とは異なる意見を聞いたうえで、もう一度自分の意見を構築していきます。他人の意見や自分とは異なる意見を聞いたうえで、もう一度自分の意見を構築していきます。
Interview 2
自分の考えをしっかりと正確に
伝えられる英語力を身につける
中2『英語(グラマー)』戸恒 和香子先生
戸恒 和香子先生

「中2の英語の授業は、グラマーとリーディングの2つに分けて実施していますが、グラマーの授業では、学んだ知識を使って考える時間を多く設けることで、常に英語を『使う』ことを意識して学べるように授業を組み立てています。
 文法や単語を身につける方法も、ただ暗記するなど無理に知識を詰め込むのではなく、グループで英語の文章を考えたり、自宅学習で取り組んできた互いの解答を生徒同士で確認し合ったりと、クラスみんなで一緒に楽しく学びながら、自ずと知識が身についていくように工夫を凝らしています。
 将来どのような場面で使うかは各自によってさまざまですが、英語はどの生徒にとっても必須となるでしょう。英語であれ日本語であれ、正しく正確に言語を用いられるということは、人としての信頼感にもつながります。だからこそ、“その場のノリや雰囲気で、なんとなく英語でコミュニケーションができる”という英語力ではなく、細かなニュアンスも含め、自分の考えをしっかりと正確に伝えられる英語を身につけてほしいと考えています」

黒板横のスクリーンに、単語テストの問題や授業で扱う構文などを、教員が手元のパソコンを使って投影。板書の時間が節約でき、テンポの良い授業が展開されています。黒板横のスクリーンに、単語テストの問題や授業で扱う構文などを、教員が手元のパソコンを使って投影。板書の時間が節約でき、テンポの良い授業が展開されています。
文法を授業で学んだあと、自宅で各自ワークに取り組み、次の授業で答え合わせをするのが基本の流れです。「一人でじっくりともう一度授業の内容を振り返りながら取り組んでほしいからです」と戸恒先生。文法を授業で学んだあと、自宅で各自ワークに取り組み、次の授業で答え合わせをするのが基本の流れです。「一人でじっくりともう一度授業の内容を振り返りながら取り組んでほしいからです」と戸恒先生。

(この記事は『私立中高進学通信2020年12月号』に掲載しました。)

昌平中学校  

〒345-0044 埼玉県北葛飾郡杉戸町下野851
TEL:0480-34-3381

進学通信掲載情報

【実践報告 私学の授業】IB教育に基づく教育を実践“伸びしろ”を最大限に広げる
【実践!未来の学び IB×SDGs】IB×SDGsで培われる生涯にわたり学び続ける力
【私学の英語最前線】『IB』と『グラマー』の両輪で“世界基準”の英語力を培う
【グローバル特集 海外研修[オセアニア]】IBで培った“行動力”で勝負!全生徒が着実な成果を得る語学研修
【未来を切り拓くグローバル教育】全生徒が世界基準で実践“本気”のIB教育
【私学の校外学習・学外交流】世界を意識し理解する力を育み中学3年間で国際人の土台をつくる
【私学の英語最前線】『IB』を取り入れ全員が 英語が得意になる教育
【未来を切り拓くグローバル教育】IB教育で育てる英語力と課題解決力
【学校生活ハイライト】多様な文化を理解、尊重し平和社会に貢献できる人材を育成
【中学入試のポイント】難関大学をめざすために問われる基礎・基本
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】探究する「学び方」を習得する国際バカロレア認定校に
【育ち盛り食事情 学食調べ隊】家族の絆を強め、仲間と楽しむ お弁当のランチタイム
【Students' Chat Spot】「手をかけ 鍛えて 送り出す」がモットー 主体的に「学び」、自ら「考え」、自己を「主張できる」生徒を育てる教育を実践
【グローバル時代の学び方】世界を意識した学びを実践
【私学の光輝】体験を積み重ねて、考える力を育む  『SW(スペシャル・ウェンズデイ)』
【学校生活ハイライト】自分たちで作り上げるからこそ最高の思い出になる 昌平ならではの「祭」
【校長が語る 思春期の伸ばし方】相手の個性や長所を認める心を育てる
【10年後のグローバル社会へのミッション】IB(国際バカロレア)の理念に共鳴 人間力のある真の国際人を育成
【私学の光輝】スペシャル・ウェンズデイ
【大学合格力強化計画】「人のため」にする勉強が意欲を高め可能性を広げる
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】全校をあげて実践的英語力と国際感覚の育成に取り組んでいます
進学通信 2020年12月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ