Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2020年12月号

生徒会に聞く学校生活

実践学園中学校

生徒会主体の学園祭
オンライン開催に初挑戦!

「豊かな人間味のある人材の育成」を教育理念に掲げる同校には、多様な生徒が集まっています。個性豊かな生徒会で活動する高校生5人に、活動内容をうかがいました。

M・Aさん(高2・副会長)M・Aさん(高2・副会長)
「学校全体の行事の進行に携われるのが生徒会の醍醐味。来春の三送会(高3生を送る会)や新入生歓迎会の企画も楽しみです」
A・Yさん(高2・会長)A・Yさん(高2・会長)
「中学時代も生徒会活動をしていました。現在は茶道部とうまく両立させ、活動しています!みんなでより良い学校にしていきたいです」
N・Tさん(高1・会計)N・Tさん(高1・会計)
「今年の生徒会の高1生は2人だけと少ないですが、気さくな先輩方と一緒に楽しく活動しています」
T・Sさん(高2・副会長)T・Sさん(高2・副会長)
「高1の時に友人から誘われて生徒会に入りました。生徒会は定員が決められていないため、年度によって人数が異なります。やる気さえあれば参加できます」
R・Kさん(高2・書記)R・Kさん(高2・書記)
「学校に関わる活動がしたいと思い、今年から参加しました。部活は空手道部。技術が高い部員が多いので、練習にも力が入ります!」

――生徒会の主な活動は何ですか?

M・Aさん(高2・副会長)
実践祭の運営がメインです。生徒会が中心となって企画を発案し、実践祭実行委員会と一緒に準備を進めていきます。

A・Yさん(高2・会長)
今年は新型コロナウイルスの影響のために、「オンライン実践祭」として開催しました。YouTubeでライブ配信をしたんです。撮影機器の操作や技術的なことは、先生方にもサポートしていただきました。

――オンライン実践祭、いかがでしたか?

T・Sさん(高2・副会長)
慣れないことも多く、限られた時間の中で形にするのが大変でした。オンラインでもみんなが楽しめる企画にするために、アイデアを出し合いました。

A・Yさん
バラエティ番組で行われていた企画「未成年の主張」を開催したのですが、多くの生徒が参加してくれてうれしかったです。

R・Kさん(高2・書記
先生方に審査していただき、入賞者には賞品を用意しました。そのほかにも、チームごとに競うクイズ大会も開催しました。

T・Sさん
クイズを考えるのが難しかったですね。

N・Tさん(高1・会計)
私は配信で司会をしました。生配信ならではのハプニングも起こり、瞬時に判断して動かなければならないことが多かったので、アドリブ力が身についたと思います。

A・Yさん
学校のYouTubeチャンネルの登録数が、オンライン実践祭後に増えたので、みんなで喜びました。

N・Tさん
来年の実践祭はどのような形になるのかわかりませんが、今年の経験を活かしてより良い実践祭になるよう、後輩へつないでいきたいです。

――今後の生徒会の活動は?

T・Sさん
スマホ使用のルール作りに向けて動き始めたところです。

M・Aさん
今まで、スマホを持ち込むためには許可証が必要だったのですが、今年はオンライン授業導入などもあって許可証が不要になりました。自由にスマホを持ち込めますが、まだ使用のルールが定まっていないため、ある程度の規制は必要なのではないかという話が、生徒会の中で持ち上がったんです。

A・Yさん
こちらで決めたルールを一方的に押しつけるのではなく、生徒一人ひとりに納得してもらいたいという思いから、まずはクラスで話し合いを進めています。また、家庭ごとに環境や考え方が異なると思うので、生徒だけではなく保護者や先生方の意見も取り入れていく予定です。

T・Sさん
どこまで規制をすれば良いのか、生徒会メンバーの間でも、さまざまな意見が出ています。

R・Kさん
単に厳しいルールを設定すればいいというものではないので、難しいです。

A・Yさん
ある程度の自由は必要だと思いますが、ルールをあいまいにしていると、守らなくなってしまうのではないかと懸念しています。意見をうまく取りまとめ、みんなが納得できるルールを作りたいです。今年度の生徒会の成果として形にできるよう、がんばっているところです。

オンライン実践祭の開催に向け、話し合いを重ねる生徒会の役員たち。オンライン実践祭の開催に向け、話し合いを重ねる生徒会の役員たち。
「大好きなこの学校を、より良くしていきたい」と語ってくれた、生徒会長のA・Yさん。校則を変えることは大変ですが、生徒からの意見や要望を、きちんと受け入れてくれる校風だからこそ、やりがいも生まれます。「大好きなこの学校を、より良くしていきたい」と語ってくれた、生徒会長のA・Yさん。校則を変えることは大変ですが、生徒からの意見や要望を、きちんと受け入れてくれる校風だからこそ、やりがいも生まれます。

生徒の個性を大切にしてくれる
だからこそ、生徒会活動もエネルギッシュ

 希望の進路に応じて、生徒一人ひとりの学力レベルまで考え、ていねいできめ細かな教育を行ってくれます。生徒会には人数制限がないこともあり、さまざまなタイプの人間が集まり、活発に意見交換ができるところが大きな魅力です。

(この記事は『私立中高進学通信2020年12月号』に掲載しました。)

実践学園中学校  

〒164-0011 東京都中野区中央2-34-2
TEL:03-3371-5268

進学通信掲載情報

【実践報告 私学の授業】多彩な理数教育を展開プログラミングで表現力を培う
【生徒に聞く学校生活】生徒会主体の学園祭オンライン開催に初挑戦!
【WEB版『Hello! School』】実践学園を見学してみてよくわかった 「生徒の学びに寄り添う学園」の魅力
【キャンパスのビジョン】ひな壇状のラーニングテラスは開放的で落ち着いた空間
【学校生活ハイライト】海外研修や多彩な行事で絆が深まり、視野が広がる
【未来を切り拓くグローバル教育】国際人としての視点を育む海外研修体験
【大学合格力強化計画】予備校いらずの進学指導講座が好評! 「真の進学校」として難関大合格をサポート
【未来を切り拓くグローバル教育】自分スタイル 多彩な留学プログラム
【学校生活ハイライト】自主性を大切にした学校生活で学力と人間性を育み、高める
【中学入試のポイント】グローバルな力の基礎となる日本語表現力を重視
【6年間の指導メソッド】独自の視点でオンリーワンの中高一貫教育を
【大学合格力強化計画】多彩な進学指導講座と丁寧な進路指導確実な目標設定で難関大学合格者増!
【私学の光輝】実践祭 自主性を重んじ楽しく、真剣に
【こどもの自立を促す教育】小さな積み重ねから自信と良い習慣をつけるのが自立と自律を促す近道
【キャンパスのVISION】校舎全体を教育の場とする クリエイティブな環境が自主性と学習意欲を向上
【Students' Chat Spot】次世代に先駆ける先進的な教育活動 ニュージーランド語学研修を終えた中3生が語る実践学園
【10年後のグローバル社会へのミッション】多彩な語学研修と留学制度で広い視野を身につけ未来を拓く
【大学合格力強化計画】充実した生徒指導システムが現役合格を強力に後押し
【私学の光輝】実践祭
【The Voice 新校長インタビュー】独自のハビトゥス(たたずまい)を有する「真の進学校」をめざす
進学通信 2020年12月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ