Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2020年11月号

実践!未来の学び「総合探究」

東京純心女子中学校

宗教倫理の授業で探究する
いのちの「尊厳」

図書館で探究学習を進める生徒たち。
ソーシャルディスタンスを保ちながら、集中して取り組んでいます。

技術革新がもたらした
課題を掘り下げる

『叡智・真心・貢献』の3つを教育の柱に、キリスト教精神に基づく教育を実践している同校。自ら学び、ともに考え、未来を切り拓く次世代型グローバルリーダーの育成に力を注いでいます。

 複雑化し、簡単には答えを見い出せない課題が多い現代社会では、物事をさまざまな角度から検討し、状況を把握し、思考を巡らせ、最善の解を見い出す力が求められます。とくに、生命技術の飛躍的な発展により、新たなテクノロジーが人々に利便性をもたらす一方、人の尊厳や哲学・倫理観をゆさぶるような問題も広がっています。高2生はそのような「生命倫理」をテーマに、1年間をかけて情報活用能力や思考力、判断力を身につける探究学習に挑戦しています。

 指導にあたるのは、宗教科の松下須美子先生と高校司書教諭の北嶋正子先生です。生命倫理に関する諸問題の理解を深めるには、さまざまな資料に触れることが必要です。時には他分野の書籍や、文学作品にまで検討する範囲を広げることもあるため、探究学習の授業は図書館で実施しています。

コロナ禍でも可能な
個人ベースの探究学習

 例年、グループで探究を進めますが、今年度は4月から休校となり、学校での探究ができませんした。学校再開後も、グループで議論しながらの学習は難しそうです。

 そこで、松下先生と北嶋先生は自宅で、個人でも探究を進める方法はないかと議論を重ね、基本文献を抜粋したオリジナルの『基本テキスト』を作成し、学校から生徒一人ひとりに郵送しました。生徒はこのテキストを読んで、疑問を書き出し、質問リストを作成。教員にメールで提出することを課題としました。この対応のおかげで、6月に学校が再開した後も、スムーズに個人探究を続けることができました。秋には、中間報告のポスターセッションに向け、資料をまとめて、プレゼンテーションを行います。そして、今年12月には2000字のレポートにまとめる予定です。

 約1年間をかけて、真摯に「生命倫理」に取り組む生徒たちの探究は、コロナ禍の現在だからこそ「命」に対する意識が高まり、深みを増していきそうです。

個人テーマに合わせて
専門性の高い文献へ
探究学習「生命倫理」の大テーマ
  1. 出生前診断と障がい
  2. ヒト胚の操作
  3. 終末期医療
  4. 脳死と臓器移植
  5. 生殖補助技術(代理出産など)

 生命倫理の探究では、松下先生が設定した5つの大テーマ(右表参照)の枠の中で個人テーマを立てます。コロナ禍での休校中の4月・5月は、5つの大テーマに関する基本文献を抜粋し再構成した『基本テキスト』5冊と、個人テーマを作るまでの道筋を示した『自宅学習マニュアル』を生徒の自宅に送りました。

 自宅課題は基本テキストを読んで問いを作ることです。課題ができた生徒は教員とメールのやりとりをしながら個人のテーマを決めていきます。休校中に図書館では、より専門性の高い文献を一人ひとりのテーマに合わせて用意しました。

オリジナルの『基本テキスト』。大人が読んでも考えさせられる、良質の文献から抜粋されています。オリジナルの『基本テキスト』。大人が読んでも考えさせられる、良質の文献から抜粋されています。
図書館のコンピュータを使って、調べることもできます。図書館のコンピュータを使って、調べることもできます。
図書館の静かな環境で、じっくりと資料を読み込むことができます。図書館の静かな環境で、じっくりと資料を読み込むことができます。
中間報告に向けて
結論の根拠を固める

 学校再開後、個人テーマに即した文献を読み解きながら結論を予測し、結論を裏付ける根拠を探していきます。「生命倫理」の大テーマは、正しい解や結論があるような課題ではありません。自分なりの結論を、どのような根拠を持って裏付けるかを模索することが学びになります。自分で論理的な道筋で考える、改めて資料をていねいに読み込む、反対の見解を示している文献に当たるなど、結論を模索する方法はさまざまです。

 教員はファシリテーターとなって、生徒の疑問を受け止めたり、新たな文献を紹介したりします。

 秋からは結論と結論を下支えする根拠をまとめ、中間報告のポスターセッションを行います。

探究を進めていくなかで出てきた疑問を教員に投げかけます。探究を進めていくなかで出てきた疑問を教員に投げかけます。
探究テーマの前提となる基礎知識、結論、結論の根拠、再度結論の順でプレゼンの流れを組み立てます。探究テーマの前提となる基礎知識、結論、結論の根拠、再度結論の順でプレゼンの流れを組み立てます。
収集した情報をまとめ、根拠が見えてきたら、中間報告の作成に入ります。まずプレゼンテーションの「型」についてレクチャーを受けます。収集した情報をまとめ、根拠が見えてきたら、中間報告の作成に入ります。まずプレゼンテーションの「型」についてレクチャーを受けます。
先生からの一言
学校だからこそ真剣に向き合える「命を大切にする」とは
司書教諭 北嶋 正子 先生司書教諭 北嶋 正子 先生

 探究学習の要はテーマ設定です。生徒たちは高1の段階で、テーマの作り方について時間をかけて学んできました。そのため、休校中でも自宅学習で個人テーマを立てることが可能になりました。高1で探究のサイクルを一通り体験しているからこそ、生命倫理に挑戦できます。


宗教科 松下 須美子 先生宗教科 松下 須美子 先生

 カトリックの教えに「すべての命を大切にする」ことがあります。しかし、具体的に命を大切にするとはどのようなことか、考える機会は少ないのが現状です。現代の命にかかわる諸問題を取り上げ、自分たちの人生にどのような意味があるかを考える機会を提供したいと取り組んでいます。

(この記事は『私立中高進学通信2020年11月号』に掲載しました。)

東京純心女子中学校  

〒192-0011 東京都八王子市滝山町2-600
TEL:042-691-1345

進学通信掲載情報

【実践!未来の学び 総合探究】宗教倫理の授業で探究するいのちの「尊厳」
【カリキュラム】2つのコースで多様な進路を実現
【注目! News and Topics】卒業生との本音トークで知る大学受験と大学での学び
【学校生活ハイライト】被爆地を訪ね、姉妹校とともに語り、学ぶ長崎研修旅行
【注目のPICK UP TOPIC!】オーストラリアの姉妹校とのターム留学
【6年間の指導メソッド】「探究型学習」を深化する『学び方』の授業を開始
【校長が語る 自立へのプロセス】“叡智” “真心” “貢献”をバランス良く育てたい
【私学だからできるオリジナル教育】こころを一つにして臨む中学合唱コンクール
【キャンパスのビジョン】知識を追い求めた先にまだ見ぬ自分と出会える場所
【熱中!部活動】【吹奏楽部/バドミントン部】指導者と生徒が心を一つに豊かな人間性を育む
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】清く、賢く、優しい女性を育成 図書館が舞台! 現代文の授業でオリジナル探究型学習
【熱中!部活動】【吹奏楽部】他者の気持ちに寄り添う心のアンサンブルをめざして
【The Voice 新校長インタビュー】人を喜ばせることで自分も幸せになれる“清く・賢く・やさしい”女性を育てたい
【SCHOOL UPDATE】探究型学習 教科×図書館で育つ 正しく情報を読み、考える力
【10年後のグローバル社会へのミッション】人間の尊厳のために「英語の純心」のユニバーサル教育
【未来を生き抜く学力のつけかた】自ら学びを深めていく探究型学習がこれからの時代を生き抜く力になる
【その先に備える キャリア教育】生きる“使命”を問い続け自らの可能性に気づく6年間
【On Going! 進歩する私学の注目情報】夢をたぐりよせる新カリキュラム 『純心エデュケーショナルデザイン』がさらに進化する
【キャンパス歩き】図書館には10万冊以上の蔵書が!純心オリジナルの『探究型学習』を可能にする 情報教育棟セント・メリー・ホール
【学びのプロセス】純心オリジナルの探究型学習 学ぶスキルを身につける図書館と授業のコラボレーション
進学通信 2020年11月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ