Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2020年10月号

集まれ同窓会

国府台女子学院中学部

『キャンパスツアー』
学校の良さを伝えました!

在校生が校内を案内する『キャンパスツアー』は、同校の学院祭の人気企画です。
3年前、初代ガイド役として『キャンパスツアー』に参加した卒業生が集まり、久しぶりの母校で当時の活動を振り返りました。

卒業しても自然に卒業生が集まる
居心地の良い学校です!
学習院大学 文学部1年 KSさん学習院大学 文学部1年
KSさん
上智大学 経済学部1年 KBさん上智大学 経済学部1年
KBさん
東京女子大学 現代教養学部1年 Mさん東京女子大学 現代教養学部1年
Mさん
奈良女子大学 理学部1年 Sさん奈良女子大学 理学部1年
Sさん
東京医科大学 医学部1年 Tさん東京医科大学 医学部1年
Tさん

――皆さんは、中3時のクラスメートだそうですね。大学1年生になった今、『キャンパスツアー』を振り返ってみて、いかがですか?

Mさん
きっかけは中3の時、先生から、学院祭でのキャンパスツアーの構想についてうかがったことでした。受験生と直接お話しするのが楽しそうだったので、ガイドとして参加したいと手を挙げました。今日集まったメンバーのほかにも、希望するクラスメートがたくさんいました。

そして、高1の第1回からガイド役を務めました。一組の受験生と保護者に生徒が一人ついて、校内を案内します。受験生が熱心に質問してくれるので、入学後のビジョンをしっかり持ってもらえるよう、わかりやすく、ていねいに答えることを心がけました。

KSさん
慣れてくると、空いている時間帯に「キャンパスツアーいかがですか?」と率先して声かけができるようになりました。

この学校の魅力は、先生と生徒の距離の近さです。先生になんでも相談できる、アットホームな雰囲気を伝えたいと思いました。

KBさん
友達ができるか心配している受験生もいましたね。そんな時は、「困ったことがあっても支え合える仲間ができる学校です」と自信を持って答えていました。

私は陸上部に所属していたので、どんな部活動に興味があるか聞くなどして、会話しやすい雰囲気づくりを心がけました。

Sさん
小学部・中学部・高等部、それぞれの受験生が来てくださるので、年齢層に合った対応を工夫しました。

案内する中で、改めて気付く学校の良さもありました。校舎の廊下が木造なのですが、それを褒めていただいたので、次からは私から伝えるようにしました。

おおよその案内コースは決まっていますが、興味のあることをヒアリングしてからご案内するなど、臨機応変に対応しました。

Tさん
授業のペースの速さや、宿題の量、英語教育についての質問も多かったです。部活動のことなども、自分で経験したことをお話しするなかで、この学校でいかに成長できたかを再確認しました。

私は学校全体のアットホームな雰囲気が大好きなので、直接その魅力を受験生に伝えられるキャンパスツアーは楽しかったです。先生に、受験生からの評判が良かったと聞き、うれしかったです。高3の9月の学院祭まで参加したメンバーもたくさんいたんですよ。

――保護者から、進路指導に関する質問も多かったそうですね。

KSさん
この学校の進路指導は、とてもきめ細かで手厚いです。

私は音楽大学のピアノ科か一般大学の史学科か、進路を迷っていました。クラシック音楽の演奏と歴史の知識はつながっていて、時代背景などを学ぶほど、演奏の表現に深みが増す実感がありました。演奏家になるのが夢なので悩みましたが、担任の先生をはじめ、多くの先生方がいろいろな角度からアドバイスをくださいました。最終的に、自分が納得できる進路を選ぶことができました。

Sさん
私は女子大学の理学部を志望していましたが、人見知りなので、推薦入試の面接が心配でした。先生は本番さながらの予行練習をしてくださり、予想外の質問でも目を逸らさないなど、テクニカルなことまで教えていただきました。また、面接試験がある友人とお互い繰り返し練習して意見を出し合い、励まし合いながらできたことも良かったです。

Mさん
面接練習は良かったですね。私は志望理由書と小論文の対策もていねいにしてもらいました。哲学や宗教の分野を進路に考えていたので、志望理由書は宗教の先生にアドバイスをお願いしました。小論文は、高1の時から国語の先生がマンツーマンで指導してくださいました。

進学した大学は、宗教や社会の教員免許が取得できます。教職課程を通じて学びながら、母校のやさしい先生方のようになるのも、将来の夢のうちのひとつです。

Tさん
卒業してからとくに強く思いますが、友達も先生も穏やかでやさしく、素晴らしい環境で過ごすことができました。

自分のやりたいことを応援してくれる安心感の中で、何事にも積極的に行動する姿勢が養われました。このことは、ずっと自分の支えになると思います。

KBさん
そうですね。とても成長できる学校です。そして、卒業してからも、いつでも戻ってこられる安心感があります。先生の顔を見に、気軽に集まれるような雰囲気ですね。

大学はオンライン授業が続き、まだ登校できていませんが、卒業生は、現在も密に連絡を取り合っているので、さみしくないのもありがたいです(笑)

キャンパスツアーの様子。中1〜高3まで、40名ほどの生徒がガイド役として参加しています。

キャンパスツアーの様子。中1〜高3まで、40名ほどの生徒がガイド役として参加しています。

(この記事は『私立中高進学通信2020年10月号』に掲載しました。)

国府台女子学院中学部  

〒272-8567 千葉県市川市菅野3-24-1
TEL:047-322-7770

進学通信掲載情報

【集まれ同窓会】『キャンパスツアー』で学校の良さを伝えました!
【目標にLock On!! 私の成長Story】生徒と先生の距離が近い母校で今度は自分が生徒に寄り添える教員に
【グローバル特集 海外研修[北アメリカ]】英語への興味を喚起し自ら学ぶ姿勢を促す国際交流
【学校生活ハイライト】芸術性も競い合う誰もが楽しめる華やかな大運動会
【キャンパスのビジョン】多くの本を読ませたいという創立者の思いが生き続ける図書館
【行ってきました!学校説明会レポート】将来の夢の実現に向けた授業や環境を自由に見学して学校生活を知る
【目標にLock On!! 私の成長Story】基礎学力を固める授業で学力アップ周りから必要とされる人になりたい
【熱中!部活動】【バレーボール部/バスケットボール部】感謝の気持ちを育て忍耐力を養う
【先生の本棚】こころの教育を大切に 独自の教科「宗教」の時間
【制服物語】穏やかさを表現したダークグリーンで 生徒の心に、人を思いやれるやさしさを
【キャンパスのVISION】学習意欲を刺激する快適で開放的な空間
【中1の始め方】クラスの絆を早期に築くオリエンテーション合宿を開催
【校長が語る 思春期の伸ばし方】本質を見極めるための自問自答の中で未来を切り拓いていく力を養います
【中1の始め方】心身ともに大きく成長する 中高生活の基盤をつくる1年間
【学校生活ハイライト】すべてを女子の手で!女子伝統校の文化が自分の力で乗り越える力を育む
【Students' Chat Spot】「授業でも行事でも積極的に前に出る」そんな楽しい毎日について語る
【母校にエール!OGOB interview】部活動や仏教の学びを通じて感謝の気持ちが身につきました
【Students' Chat Spot】仏教を柱とした教育環境のもと、勉強や部活動に打ち込む
【キャンパス歩き】2013年に完成した新校舎で未来に向かってさらなる飛躍を!
【私学の光輝】仏教行事を通じて知る、生命の大切さと他者への思いやり
進学通信 2020年10月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ