Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2020年10月号

大学合格力強化計画

城西大学附属城西中学校

個々の生徒の特性や
志望する大学・学部を見据えた
個別の進路指導

卒業生で大学1年生の赤柄紘輝さんと鈴木先生。「城西の先生方は本当に真剣で、そして、いつも楽しそうで、自分もそのような生き方をしたい、このような大人になりたいと思っています」と赤柄さん。

卒業生で大学1年生の赤柄紘輝さんと鈴木先生。
「城西の先生方は本当に真剣で、そして、いつも楽しそうで、
自分もそのような生き方をしたい、このような大人になりたいと思っています」と赤柄さん。

夢を育み実現するための
6年間の進路指導

「本校には、自分ならではの強みやがんばっていること、将来の目標を持った生徒がたくさんいます。そのため、自分の得意なことや大学で学びたいことをアピールして受験をする、推薦入試やAO入試(※)といった受験スタイルが定着しています。こうした受験には、従来のような一斉指導では対応できません。一人ひとりの志望する大学・学部、入学試験の内容や出願方法に応じた個別指導が不可欠です」

 と、進路指導部長の鈴木清一先生は話します。

 ここ数年の進路状況を見ると、一般入試と比較して、推薦入試やAO入試などで大学に進学する卒業生の多さが顕著になっています。2020年は卒業生総数256名に対して188名、2019年は251名に対して163名が、推薦やAO入試を利用し、合格を果たしています。

 同校の進路指導は、「単に有名大学に進学させるための受験指導」ではありません。生徒の可能性を最大限に活かせる夢を見つけられるように、成長段階に応じたサポートをしていきます。

 中1では、まず興味のある仕事について調べ、自分自身を客観的に把握することで自分の適性を知り、職業観を育てます。さらに、卒業生や社会人、保護者など社会で活躍する人々から話を聞く機会を段階的に設け、自分の将来像を明確にしていきます。

 生徒が思い描く進路を実現するために、どの大学で何を学ぶのか、志望校に合格するために狙いを定めるという発想で、生徒たちを導いていくのです。

 進路の方向性が定まってくる高2の3学期には、『志望理由書添削指導』が始まります。

「担任や担当の教員が、生徒が書いた志望理由書を繰り返し添削して、ブラッシュアップさせていきます。この1対1の指導は、志望理由書が必要な入試が終了するまで続きます」

 高3になると、担任と進路指導担当の教員がチームを組んで、生徒一人ひとりの進路指導を行うことも大きなポイントです。

「生徒の特性・学習状況・めざす進路とその動機を最も把握している担任と、大学や学部の特徴をよく知る進路指導担当の教員が、大学の選び方からスケジュールの立て方、面接の練習や小論文の書き方まで、さまざまな対策を個別に指導します。だからこそ、一人ひとりに最も適した志望校選択と、受験対策ができるのです」

※2021年度入試から、推薦入試は「学校推薦型選抜」、AO入試は「総合型選抜」に変わります。

現在の大学入試傾向に強い
個別の進学指導

 現在の大学入試は、推薦入試による入学者の割合が年々増え、5割に迫る大学も少なくありません。

「一般入試が主流だった保護者世代とは大きく異なり、私立大学では半数以上が、AO入試や推薦入試で入学が決まる場合もあります。大学入試改革で、受験生の適性を多面的に評価する方向性が打ち出されたこともあり、今後もこの傾向は続くでしょう。こうした状況下で、本校ならではの進路指導が、ここ数年の合格実績の伸びにつながっていることは確かです。
 大学受験は、合格が最終目標ではありません。大切なのは、自分がどんな生き方をしたいのかをしっかり考え抜くことです。本校では、生徒の夢の実現を心から願い、真摯にサポートしています」

■2019年3月卒業生の進路状況(現大学2年生)
卒業生数 一般受験 推薦入学 推薦入学区分別人数 就職 浪人
AO 公募推薦 指定校・付属校
251名 56名 163名 (72名) (18名) (73名) 1名 32名
■2020年3月卒業生の進路状況(現大学1年生)
卒業生数 一般受験 推薦入学 推薦入学区分別人数 就職 浪人
AO 公募推薦 指定校・付属校
256名 52名 188名 (67名) (29名) (92名) 1名 15名
■主要大学別合格者数(既卒生を含む)
2019 2018 2017 2016 2015
国公立大学・文部省管轄外の大学校 2 2 1 6 2
早慶上理(※1) 4 2 6 4 4
GMARCH(※2) 16 13 12 27 22
成成明学獨國武(※3) 23 23 25 37 24
日東駒専(※4) 53 29 43 49 58
首都圏理系大学 37 13 12 16 30
大東亜拓桜帝国(※5) 42 25 46 52 81
薬学系大学 19 26 49 42 31
系列3大学(城西大学、城西短期大学、城西国際大学) 55 54 30 39 39

※1 早慶上理…早稲田大学・慶應義塾大学・上智大学・東京理科大学
※2 GMARCH…学習院大学・明治大学・青山学院大学・立教大学・中央大学・法政大学
※3 成成明学獨國武…成蹊大学・成城大学・明治学院大学・獨協大学・國學院大學・武蔵大学
※4 日東駒専…日本大学・東洋大学・駒澤大学・専修大学
※5 大東亜拓桜帝国…大東文化大学・東海大学・亜細亜大学・拓殖大学・桜美林大学・帝京大学・国士舘大学

■2015~2019年の合格実績

interview 1
学校生活を通して学ぶことの喜びを知りました
明治学院大学文学部
フランス文学科 Rさん

 城西には、CSクラス(※1)があり、クラブ活動や学校外の活動でがんばっている生徒も、先生方が全力でサポートしてくれます。私は普通クラスに在籍していましたが、芸能活動(※2)を続けながら勉強にもコツコツと取り組むことができ、友達にも恵まれ、本当に楽しい高校生活を送ることができました。そのおかげで、学ぶことの喜びや新しい知識・教養を身につけることの大切さを実感できるようになりました。

 大学受験は、得意な英語と面接・小論文で、第一志望の大学へAO入試で合格できました。受験対策として何人もの先生が個別に模擬面接をしてくださり、国語の先生には小論文の添削を何度も見ていただきました。そうした積み重ねによって、「フランス語の習得を通して、異なる価値観や文化を学びたい」という学ぶ目的や意欲をしっかりと表現できたことが、合格につながったのだと思います。

※1 CSクラス…2012年から開設された、クラブ活動や学外でのスポーツ活動、芸能分野、文化活動で活躍する生徒のために、特別カリキュラム編成で学ぶことができるクラス。高1~高3で実施しています。CSは「Culture&Sports」の略。

※2 現在、芸能活動をする場合にはCSクラス在籍者のみ、活動による公欠を認める規定に変更になりました。

interview 2
医療人としての心構えを学んだ化学ゼミ
順天堂大学保健医療学部
理学療法学科 赤柄紘輝さん

 城西にはたくさんの学習支援があり、長期休暇を活用した大学受験向けのゼミが高1から充実しています。僕が特別な思いで取り組んだのは、高3の夏休みから卒業まで続けた化学のゼミです。受験勉強のために学aぶのではなく、「大学で医療を専門に学ぶのなら化学は必須」と、ゼミの先生が土台をつくってくれました。

「医療の現場での言い間違いは命に関わる」と言葉の遣い方まで指導してくれて、医学における倫理観など、医療人として生きていくうえで必要なことも教えてもらいました。

 大学受験では、ゼミを担当する先生方に小論文や志望理由書、面接対策までしてもらい、第一志望の現在の大学へAO入試で合格することができました。

 化学ゼミで学んだことは、一生の糧になると思っています。

(この記事は『私立中高進学通信2020年10月号』に掲載しました。)

城西大学附属城西中学校  

〒171-0044 東京都豊島区千早1-10-26
TEL:03-3973-6331

進学通信掲載情報

【大学合格力強化計画】個々の生徒の特性や志望する大学・学部を見据えた個別の進路指導
【目標にLock On!! 私の成長Story】多くのことに挑戦した好奇心旺盛な中高時代にアナウンサーになる夢を見つけて実現
【SCHOOL UPDATE】JOSAI Future Global Leader Program 英語力を磨き自立心を養う
【未来を切り拓くグローバル教育】中3での全員留学を目標に実践的な英語力を磨く
【目標にLock On!! 私の成長Story】学校で身につけた基礎学力と目標達成のための努力で勝ち得た東大合格
【SCHOOL UPDATE】100周年記念式典 伝統ある教育を受け継ぎ次の100年へと進化
【The Voice 校長インタビュー】『何にでも打ち込める』環境で個性を尊重する教育を
【学校生活ハイライト】自然の偉大さを学び思考力を育む「稲作体験」
【SCHOOL UPDATE】「英語技能入試」「適性検査型入試」スタート 向上心の強い多様な生徒が互いに切磋琢磨
【中学入試のポイント】適性検査型入試と英語技能入試を新設
【熱中!部活動】【硬式野球部/ダンス部】夢の実現を後押しする指導者生徒の主体性を重視する部活動
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】行事や授業などさまざまな体験を通して個性を育み、『天分』を伸ばす
【グローバル時代の学び方】学内グローバル化の取り組み
【注目のPICK UP TOPIC!】世界最速高校生を育んだ学校生活
【学校生活ハイライト】伸び伸びと自己表現! 生徒の自発性・創造力を高める場としての『しいの木祭』
【10年後のグローバル社会へのミッション】全クラスでグローバル教育を拡充 伝統の姉妹校交流で国際人を育てる
【私学の先生から受験生へのアドバイス】受験生が安心して臨める良問を出題 『GAクラス』は選抜方法が変更に
【めざせ 次代のグローバルリーダー】感動体験と異文化交流の学校生活 他者理解を原点とするGAクラスのリーダー教育
進学通信 2020年10月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ