Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2020年10月号

私たち、僕たちが大好きな先生

立正大学付属立正中学校

長所で勝負できる大人になってほしい
自分の長所を知るためのヒントを与えたい

社会科/関 卓朗(せき たくろう)先生

社会科/関 卓朗(せき たくろう)先生
明治学院大学社会学部社会福祉学科を卒業後、新卒で母校である立正大学付属立正中学校・高等学校に赴任。
2020年度、8年目を迎える。中2のクラス担任のほか、高3の世界史を担当。また、ゴルフ部顧問も務めています。

同校の卒業生でもある関卓朗先生。
母校の一番の魅力を「ヒントをたくさんもらえるところ」と話します。授業や進路、部活動など、ご自身も生徒たちに多くのヒントを与えている関先生に、生徒への思いを語っていただきました。

長所で勝負できる職業=学校の先生に
「社会科の面白さは、いろいろな側面があること。地理なら国旗の色から宗教などがわかることや、歴史なら現代との比較で史実をより身近に感じられるような例を挙げて話しています」(関先生)「社会科の面白さは、いろいろな側面があること。地理なら国旗の色から宗教などがわかることや、歴史なら現代との比較で史実をより身近に感じられるような例を挙げて話しています」(関先生)

――教員をめざした理由を教えてください。

 教員は、小学生の頃から私にとって憧れの職業でした。でも“憧れの先生像”のようなものがあったわけではなく、教員になろうと決めたのは自分の長所で勝負できる職業だと思ったからです。私は、中・高ではバスケットボール部の部長を、少年野球ではキャプテンを務めるなど、幼い頃から人前に立つことが多く、人前に立って何かを伝えることができるというのが自分の強みでした。この長所を最も活かせる職業が教員だと思ったのです。

 社会科は好きで得意な教科でもあったので、最初から社会科の教員になろうと考えていました。学生時代に社会科が好きだったのも、生活にとても身近で、社会科で習うことは知っていると便利で知らないと損をする、社会科にはそういうことがたくさん詰まっている教科だと感じたからです。

――関先生はこの学校のOBとのことですが、どんな学校生活を送っていましたか?

 入学当初は中学受験でつまずいて、何かに挑戦することをどこか恐れている部分がありましたが、通っているうちに自信がついて、学校をどんどん好きになっていきました。

 部活動をずっと続けていて、バスケットボール部の試合で結果を出せたことが成功体験になりましたし、先輩との交流が多く楽しく過ごしました。

 私が通った大崎の旧校舎では帰りのルートが今より少なかったので、よく、同じ部の先輩と一緒に帰っていました。年上の人と接することがもともと好きだったので、文化祭などの行事でも中1の時に高3の先輩と同じ担当になって、一緒に行動できることがうれしかったです。

 クラスではどちらかというと中心にいたと思います。同学年の中ではリーダーシップを取るタイプでした。

 6年間の学校生活でクラスメートや上級生とのコミュニケーションを取ることも自信につながり、卒業する頃には学校が“いつか戻りたい場所”になっていました。それほど成長させてもらった場所です。

「目標シート」で小さな成功体験を
積み上げてほしい

――今、生徒と接する際に大切にしていることは?

 自分の経験からも、成功体験が大切だと考えているので、小テストや人とのふれあいなど、小さなことでもいいから学校生活で多くの成功体験をしてもらいたいと願っています。

 そのために「目標シート」というものを活用しています。生徒が自ら掲げた目標に向けてがんばり、達成したらその項目に自分で丸をつけます。その目標達成の瞬間の気持ちを一番大事にしてほしいと思っています。

 中学生は課題も多いので、担当クラスでは独自に「課題管理表」も作っています。いつ、どの科目の課題があるのか、期限はいつかを記すもので、これにも達成という項目を作っています。課題が多いと何から手をつけたらいいかわからなくなってしまいますが、書いて確認することで優先順位がわかります。

 私も部活動に励んでいたので、気持ちを切り替えて、部活動もがんばってほしいのです。部活が始まったのに「あ、課題がまだだった、途中で先生に呼ばれるかも」とよぎり集中が途切れるようなことがないようにしてほしい。部活動の時間までにやるべきことをきちんとやるためにも、「締切の日になって慌てて課題をやるな」とは言いますね。

長所を活かしてイキイキと
働く生徒たちの姿を見たい

――生徒にはどんな大人になってほしいですか?

 長所で勝負できる大人になってほしいです。就職の時、自分で会社を興さない限りは採用試験の過程でふるいに掛けられます。失敗しても成功しても、一番後悔しない、一番納得がいくのは長所で勝負することだと思います。

 自分の長所に気づいていない人も多くて、とくに高3の進路指導でその問題が出てきます。

 自分がどんな職業に向いているかは実際に働いてみないとわからないと思いますが、17~18歳でも人生の何かしらの場面で長所を活かしてきた経験があると思うのです。

 だから人生を振り返ってもらうために、高3生の進路指導の際、自分の歴史を書いてもらいます。良いことだけを書きなさいと言って、書いたものを名前を伏せた状態で配り、クラスのみんなに評価してもらいます。良いことだけを書いているので、当然、良い評価になるのですが、もし面と向かって友人の長所を言い合うとなったら照れくさいけど、この方法なら言いやすくなります。

 本校では面談を大事にしています。私が在学中もそうでしたが、私自身も面談で直接話すことを大切にしています。そうした機会に個々に合わせて「やりたいことは? やりたくないことは?」などと、消去法で話すこともありますし、話し合う中でヒントを与えられたらと思っています。

 担任としては、生徒が話したくないことをわざわざ話す面談ではなく、彼らの思いを受け止める場になればと思っています。時には「そこまで打ち明けてくれるの?」というような話が出てきたりすることもあって、うれしくなります。

――では、今後の目標は?

 長所を活かして働く卒業生をたくさん送り出すことです。大企業に就職できたということよりも、長所をどれだけ活かせているかのほうが大事だと思うので、そうやってイキイキと働く卒業生の姿をたくさん見ることが目標です。

短縮授業のため、昼食の時間に生徒へ連絡事項を伝えます。
生徒たちはうれしそうな表情で先生との会話を楽しんでいました。

(この記事は『私立中高進学通信2020年10月号』に掲載しました。)

立正大学付属立正中学校  

〒143-8557 東京都大田区西馬込1-5-1
TEL:03-6303-7683

進学通信掲載情報

【私たち、僕たちが大好きな先生】長所で勝負できる大人になってほしい自分の長所を知るためのヒントを与えたい
【ビジョン】先進教育委員会が改革を推進
【熱中!部活動】凛とした雰囲気が漂う 弓道場で美しく弓を射る
【実践報告 私学の授業】朝の『コラムリーディング』で読解力、文章力を鍛える
【本音で語る保護者座談会】やさしい先生が子どもたちをしっかりと見守ってくれるアットホームな学校
【キャンパスのビジョン】“採光”をコンセプトにした陽光が差し込む新キャンパス
【熱中!部活動】バスケットの技術とともに礼儀や協調性、発信力を育む
【校長が語る自立へのプロセス】生徒一人ひとりと向き合い多様性を認めることが自立へと導く
【熱中!部活動】【高校女子バスケットボール部】一生ものの仲間とともに社会に出ても役立つ姿勢を学ぶ
【その先に備えるキャリア教育】行学 将来の夢や志につながる職業観を中1から育む
【親も楽しめる! 私学の保護者サークル】親子で学校生活を謳歌!7種類のカルチャー教室
【熱中!部活動】日々の練習を通して人間力を育む
【その先に備える キャリア教育】実践 段階的に積み重ねた知識を進路選択へのステップに
【Students' Chat Spot】「学びを深め(修学)、それを実際に行動で示すこと(修行)」のできる生徒の育成
【私学の光輝】日々の気づきから生まれた考えを正面から訴える 仏教主義学校連盟弁論大会
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】レベルの高い授業と生徒との個人面談でやる気を高め、着実に学力アップ! 第一志望の大学合格をめざす「特進クラス」
【The Voice 新校長インタビュー】生徒も教職員も楽しく通える学校を創りたい
【私学の光輝】お会式参拝
【その先に備える キャリア教育】夢に向かうための進路を選ぶ中学1年からのキャリア教育
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】6年後には大きくジャンプ 伸びしろを作るための基礎固め
進学通信 2020年10月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ