Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2020年10月号

実践報告 私学の授業

品川翔英中学校

スモールステップで展開する
中高一貫の探究学習

自律した学習者を育てる

今年入学した中1生が、1学期の探究学習で発表する様子

自律した学習者を育てる
新しい学校

 自主的に未来を切り拓く力、新たな価値を創造する英知、未来へ飛翔し貢献する心を育てる『自主・創造・貢献』という校訓を掲げ、2020年4月に共学化と校名変更を行った同校。『品川翔英』という新たな校名には、「グローバルな企業が集う品川から、世界へ、未来へ英知が飛翔する」という意味が込められています。この校名にふさわしい新しい教育を実現するための柱となるのが、『自律した学習者(Learner)を育てる。』という教育ビジョンです。

 そのための独自の教育として、同校は週6時間の『Lerner's Time』というカリキュラムを設けています。

「そこでは主に4つのプログラムを実施します。1つ目は、探究学習です。地域や社会の課題を発見して解決していく問題解決型の学習によって、知識と共にプレゼンテーション力やコミュニケーション力も身につけていきます。2つ目は、海外研修や国内での国際交流などを通したグローバル教育、3つ目は、ボランティア活動などに取り組む社会貢献プログラム、4つ目は、ICTを活用した個別最適化学習による自律的な学習です。
 なかでも6年間を通して取り組んでいく探究学習は重要で、Lerner's Timeのカリキュラムをはじめとする本校の学びと連動して、段階的に展開しています」(入試広報室室長/三本正行先生)

探究学習を通じて育む
自らの進路を切り拓く力

 探究学習では、既存の価値観に疑問を持ち、解決策やその手段を探り、問題解決へ向けて実際に行動することをめざしています。

「中1・中2の段階では、まずは探究学習のスキルを習得し、最終的には自ら設定したテーマについて、個人研究を主体的に進めていけるようにしていきます。探究学習を通して、自分を見つめ直し、自らの生き方や将来を考えて、自分の進路を主体的に切り拓く力を身につけてもらいたいです」(探究型学習部長/吉成恭子先生)

 探究学習の一環として、校外学習の機会も多く設けています。

「第1期生となる今年の中1生に向けては、旧東海道を歩くフィールドワークや東京臨海広域防災公園での防災体験学習、図書館で検索の方法についてレクチャーを受け、情報収集の方法を学ぶ取り組みなど、多彩な学びを予定していました。また、年間を通じて『ドラマエデュケーション』(※)も行う予定です」(中高一貫部長/熊坂尚子先生)

 生徒の興味・関心や必要に応じて、フィールドワークや専門家へのインタビュー取材などを柔軟に取り入れていく同校の探究学習。

「生徒と共に本校ならではの探究学習を作り上げていくことを楽しみにしています」(吉成先生)

※ドラマエデュケーション…ドラマ(演劇)の手法を使ったエクササイズや即興劇の創作活動を通して、コミュニケーション能力・表現力・社会性などを育むプログラム。

Learner's Time 品川翔英の探究学習 6年間の流れ
Learner's Time 品川翔英の探究学習 6年間の流れ
授業レポート
中1の探究学習 「海洋プラスチック」を探究

 新型コロナウイルス感染症対策による休校期間が終わり、ようやく登校を再開した6月。1学期に行う予定であった探究学習を一部変更し、1学期は「海洋プラスチック」をテーマに、探究プロセスの体験からスタートしました。

 中1・中2は全員で同じテーマについて、探究学習を進めています。 ❶課題の設定、❷情報の収集、❸整理・分析、❹まとめ・発表というプロセスを、さまざまなテーマを対象に繰り返し行うことで、探究学習のスキルを習得していきます。

❶課題の設定 2人1組で簡単なディスカッション。テーマについての疑問点や問題点を出し合い、探っていきます。❶課題の設定
2人1組で簡単なディスカッション。テーマについての疑問点や問題点を出し合い、探っていきます。
❷情報の収集 「プラスチックストローを廃止すべきか否か」をテーマに情報を集めます。自分の考えに加え、クラスメートの意見を聞きながら、さまざまな資料にあたり、調べ学習を行います。❷情報の収集
「プラスチックストローを廃止すべきか否か」をテーマに情報を集めます。自分の考えに加え、クラスメートの意見を聞きながら、さまざまな資料にあたり、調べ学習を行います。
❸整理・分析 ロイロノートの「バタフライチャート」というシンキングツールを使い、集めた情報や自分の考えを整理していきます。❸整理・分析
ロイロノートの「バタフライチャート」というシンキングツールを使い、集めた情報や自分の考えを整理していきます。
❹まとめ・発表
❹まとめ・発表

❹まとめ・発表
自分の考えを「クラゲチャート」というシンキングツールにまとめて、発表しました。

FOCUS!
ルーブリック評価を導入し、非認知能力を伸ばす

 同校の探究学習では、非認知能力を育成するためにルーブリック評価を取り入れていることも大きな特徴です。

「非認知能力とは、意欲・関心、コミュニケーション能力、主体性など、学力テストでは測ることができない能力のことです。これらの能力について、探究学習における生徒一人ひとりの授業での様子や提出物、プレゼンテーションなどを見て、『ルーブリック表』によって評価をします。
 このルーブリック表には、生徒にできるようになってもらいたい事柄がレベル別に設定されているので、どのような力が評価されるのかが「見える化」され、生徒も努力しやすくなります。
 さらに教員の評価だけではなく、自己評価と生徒同士による相互評価も加えた、360度評価になっています。このように多角的な評価を行うことで、基礎学力だけでなく非認知能力の向上も図っていきます」(三本先生)

(この記事は『私立中高進学通信2020年10月号』に掲載しました。)

品川翔英中学校  

〒140-0015 東京都品川区西大井1-6-13
TEL:03-3774-1151

進学通信掲載情報

【実践報告 私学の授業】スモールステップで展開する中高一貫の探究学習
【The Voice 新校長インタビュー】世界へ、未来へ力強く翔ぶための英知を養う6年間に
【私学の校外学習・学外交流】中1生と高1生で行く2泊3日 縦と横のつながりを深める合宿
【私たち、僕たちが大好きな先生】実験を通して本物を見て、触って、感じる体験型の授業で理科の面白さを伝えたい
【制服物語】華やかで活動的な“なりたい自分”になれる制服
【Students' Chat Spot】実験重視の理科授業&ネイティブの先生を交えた英語授業が充実!
【制服物語】未来への躍進を願って見栄えも、着心地も、デザインは“日本女性仕様”
【授業見聞録】英語 生徒自身が考える授業が将来へつながる「志」を引き出す
【子どもの自立を促す教育】生徒に寄り添い 次代を担う実力と志を持った自立した女性を育成する
【制服物語】個性的な色合いとデザインは『主体的に考えて決断し、行動する自立した女性に』という願いを反映
【熱中!部活動】バルーンアート・ハンドクラフトクラブ/生態環境調査クラブ 好奇心を刺激する豊かな環境 興味分野を広げ、伸ばし、深める
【授業見聞録】英語 ネイティブ講師による授業で耳と口を鍛え、心の垣根を取り払う
【中1の始め方】聞いて 話して 体を動かして週4時間の「英語耳」をつくる授業
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】満点を取れない先取り授業より確実な“完熟授業”の徹底を図る
【注目のPICK UP TOPIC!】海外での異文化体験に感動!感激!初めてのオーストラリア修学旅行
【キャンパス歩き】実験や体験を重視 充実の環境で、思う存分理系の学びにチャレンジ
進学通信 2020年10月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ