Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2020年10月号

生徒会に聞く学校生活

浦和実業学園中学校

「英語イマージョン」教育で
毎日英語を使っています!

「実学に勤め徳を養う」を建学の精神に、実社会で真に役立つ学問を身につけるための教育に力を入れる同校。その一環として国際教育にも積極的に取り組んでいます。学校行事においては、生徒が中心となり、行事を盛り上げています。今回は、生徒会のメンバーに自身の活動や学校の魅力について聞いてみました。

行事が中止となる中でも
できることから活動を!

――今年度の生徒会の活動は?

金子璃桜さん(中3・会長)
例年、文化祭で生徒会主体のレクリエーションを行ったり、体育祭や合唱祭で司会を担当したりと年間を通して学校行事のお手伝いをしています。私は昨年の学校説明会にも生徒会の一員として参加し、司会や学校紹介をしました。生徒目線で学校を紹介することで、参考になったというご意見をたくさんいただけたので、これからも続けていきたいと考えています。ただ、今年は新型コロナウイルスの影響で活動があまりできていません。健康や安全が第一ですが、私たちも残念に思っているところです。

髙寺伊織さん(中3・副会長)
今年は4月に行う予定だった新入生歓迎会も中止になってしまいました。いつもは、新1年生に部活動を紹介して、自分に合う部活動を探してもらう機会になるのですが、学校をいち早く知ってもらう場がなくなってしまったのは、僕たちとしても残念です。

池田桜子さん(中2・監事)
そのような中でも、「あいさつ運動」という、生徒会役員が校舎の前に立ち、登校してくる生徒たちにあいさつする活動はできたので、とても良かったと思います。みんなからあいさつが返ってくるとうれしかったです。

江澤優多さん(中3・書記)
生徒会で集まる機会が減っているからこそ、活動したいという思いは強いので、何か別の形でできることはないかと、みんなで話し合っています。

日常的に英語が話せる環境
楽しみながら英語力アップ

――他の学校にはない、この学校ならではの取り組みは?

金子さん
ネイティブの先生が1クラスに1人、副担任として付いていて、毎日、英語で会話をしています。英語が飛び交っているのは、この学校ならではだと思います。

江澤さん
朝のホームルームもすべて英語で行われます。1日に1回はネイティブの先生と会話をするというルールがあるので、確実に英語力がアップすると思います。

池田さん
ネイティブの先生とは気軽に話ができるので、自然と英語に触れ合う時間が長くなります。おしゃべりを楽しみながら英語を学べるので、すごく良い環境だと思います。

髙寺さん
技術や体育、美術などの授業でも1教科につき1人ネイティブの先生がついていて、専門用語も英語で説明してくれます。この学校ならではの授業の方法だと思いますし、僕はその授業が大好きです。

同校では「英語イマージョン」教育という独自の取り組みを実践。中学の全クラスにネイティブの先生が副担任としてつき、日常の伝達事項を英語で行います。同校では「英語イマージョン」教育という独自の取り組みを実践。中学の全クラスにネイティブの先生が副担任としてつき、日常の伝達事項を英語で行います。
昨年度の学校説明会では、生徒会のメンバーが生徒目線で学校の魅力を語りました。昨年度の学校説明会では、生徒会のメンバーが生徒目線で学校の魅力を語りました。
合唱祭では生徒会によるレクリエーションも行われます。合唱祭では生徒会によるレクリエーションも行われます。
中1ではオリエンテーションキャンプ、中2では福島の「ブリティッシュヒルズ」での英語研修と、宿泊行事も生徒に人気です。中1ではオリエンテーションキャンプ、中2では福島の「ブリティッシュヒルズ」での英語研修と、宿泊行事も生徒に人気です。
体育祭の「借り物競走」では借りてくるお題が英語で書かれています。これも英語教育が盛んな同校ならでは!体育祭の「借り物競走」では借りてくるお題が英語で書かれています。これも英語教育が盛んな同校ならでは!
クラスメートとの
絆を強める宿泊学習

 中1ではオリエンテーションキャンプ、中2ではブリティッシュヒルズでの英語研修、中3では教育旅行(修学旅行)と、宿泊行事が充実しています。「中1のオリエンテーションキャンプは、お互いに名前も知らないような状態から、2泊3日を通して、おしゃべりをしたり、同じ体験をしたりして仲が深まります」

髙寺伊織さん(中3・生徒会副会長)/江澤優多さん(中3・生徒会書記)

髙寺伊織さん(中3・生徒会副会長)(右)
「僕は空手部で副部長もしていますが、そこで後輩と交流している時間が好きです。一緒にがんばって全国をめざします」

江澤優多さん(中3・生徒会書記)(左)
「この学校は、個性を大事にしてくれる学校です。先生との距離も近く、親身になって話を聞いてくれます」

金子璃桜さん(中3・生徒会会長)/池田桜子さん(中2・生徒会監事)

金子璃桜さん(中3・生徒会会長)(右)
「生徒会の活動をしながら、チアダンス部でも部長として日々練習に励んでいます。目標は全国大会1位!」

池田桜子さん(中2・生徒会監事)(左)
「ブラスバンド部に所属しています。昨年は、軽音部と一緒にライブを披露するなど充実した活動を行いました。今年も何らかの形で発表したいです」

(この記事は『私立中高進学通信2020年10月号』に掲載しました。)

浦和実業学園中学校  

〒336-0025 埼玉県さいたま市南区文蔵3-9-1
TEL:048-861-6131

進学通信掲載情報

【生徒会に聞く学校生活】「英語イマージョン」教育で毎日英語を使っています!
【目標にLock On!! 私の成長Story】ハンドボール部キャプテンとして活躍後志望大学合格を成し遂げた文武両道の6年間
【熱中!部活動】生徒主体で活動し自主性を養う
【未来を切り拓くグローバル教育】スピーチコンテストで英語の“発信力”を育てる
【私学の英語最前線】イマージョン授業の草分け “使える英語”を定着
【中学入試のポイント】選べる入試方式に幅広い層の生徒が集まる
【熱中!部活動】部活動を通して成長を促し未来に向かって羽ばたく
【その先に備えるキャリア教育】実学 実践的なビジネス体験で実社会で生き抜く力を育む
【私学だからできるオリジナル教育】学校生活に溶け込む英語イマージョン教育
【学校生活ハイライト】親密なコミュニケーションで言葉とともに多様性を理解する
【中1の始め方】充実のサポート体制で生徒を見守り 将来の夢の実現を応援する
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】国語の4技能“読む・書く・聞く・話す”を磨く『プロジェクトR』
【学校生活ハイライト】パンフレットも生徒が手作り 合唱祭で得られた自信と成長
【注目のPICK UP TOPIC!】英語でのアウトプット力を高めるために
【10年後のグローバル社会へのミッション】英語に“浸る”毎日で使える英語を身につける
【キャンパスのVISION】勉強も!部活動も!意欲あふれる生徒がのびやかに活動
【部活レポート】生物部
【母校にエール!OGOB interview】卒業後も戻って来たくなる 家族のような学校です
【めざせ 次代のグローバルリーダー】イマージョン教育 10年間の成果 卒業生の国際的活躍
進学通信 2020年10月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ