Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2020年10月号

キャンパスのビジョン

星野学園中学校

部員たちが能力の限界に
チャレンジできる環境を用意

生徒が最大限に力を発揮するための施設を整えている同校。
今年1月には石原キャンパスの第1総合グラウンドがリニューアルされ、
直線150mのタータントラックが誕生しました。

全天候型の星野ドーム。雨だけでなく直射日光も遮ります。
風通しが良く、夏も快適に練習に励めます。
人工芝のコートの上で練習試合をしているのは、中学サッカー部の部員たちです。

部活動で得た体験は
勉強にも活かされる
「タータントラックは余裕をもって150mの長さにしました。第1総合グラウンドは広いので、そのスペースをできる限り活用したいと考えました」(副校長/松田友宏先生)「タータントラックは余裕をもって150mの長さにしました。第1総合グラウンドは広いので、そのスペースをできる限り活用したいと考えました」
(副校長/松田友宏先生)

「本校は人間の土台を育てることを教育目標に掲げています」と語るのは副校長の松田友宏先生です。

「将来、中高時代に身につけた知性や礼儀、品位に裏付けられた志を抱いて社会貢献できる人間に育てたいと思っています。そのためには勉強だけでなく、部活動も必要です。部活動では、目標を設定し、仲間と切磋琢磨しながら、目標達成に向けて何をすべきかを学べるからです。そこで本校は原則生徒全員が部活動に所属しています。部活動で得た体験は大学受験でも活かされています」

 この春、難関大学に進学した生徒のほとんどが高3まで部活動に打ち込んでいたそうです。サッカー部からは東京大学に、硬式テニス部からは群馬大学医学部に、音楽部からは高知大学医学部に、百人一首部からは東北大学に現役合格者を出しました。

「本校は、こうした自己実現に向けて自分の限界に挑戦できる環境を整えています。そのひとつが、今年度新設された陸上競技用のタータントラックです」

 タータントラックは全天候型の素材でつくられたトラックで、表面は特殊なゴム製で水はけが良く、雨で濡れても滑らずに走れるので安心です。スパイクの付いたシューズも利用できます。

「色は緊張感を和らげるブルーです。最近は世界大会でもこの色が用いられています。本校の陸上部には、全国大会の女子100mで輝かしい成績を収めている生徒もいます。選手たちにはタータントラックで練習に励み、能力を最大限に発揮してほしいと思います」

一人ひとりに居場所があり
得意な分野で主役になれる
校舎を裏門から出ると目の前に第一総合グラウンドと第二総合グラウンドが並んであり、400mトラックも備わった第一総合グラウンドにタータントラックが新設校舎を裏門から出ると目の前に第一総合グラウンドと第二総合グラウンドが並んであり、400mトラックも備わった第一総合グラウンドにタータントラックが新設されました。砂場と繋がっているため、走り幅跳びや三段跳びなどの助走路としても使用でき、記録の更新に貢献しています。陸上部の部員2名に感想を聞くと「公式試合と同じ環境なので、本番でプレッシャーを感じずにすみます」「土よりも優れた反発力があるので、今まで以上のスピードで走ることができます」と答えてくれました。
同校の末広キャンパスの第一体育館では、今月号の表紙のバドミントン部の男子生徒が練習に打ち込んでいました。中学バドミントン部は、男女とも県大会の常連です。同校の末広キャンパスの第一体育館では、今月号の表紙のバドミントン部の男子生徒が練習に打ち込んでいました。中学バドミントン部は、男女とも県大会の常連です。
中学棟校舎の礼法室は60畳という広さを誇ります。中学棟校舎の礼法室は60畳という広さを誇ります。ここで箏の練習をする箏曲部の役員の中3生に礼法室の感想を聞きました。左から「空間が広く、音がよく響きます」(H.Y.さん)、「和の雰囲気の中で弾くので、気分が高まります」(今月号表紙のM.H.さん)、「夏は冷房が効いていて、快適に練習できます」(M.A.さん)。箏曲部の部員のほとんどが箏の初心者だそうですが、高校箏曲部は、6度の全国優勝の実績があります。

(この記事は『私立中高進学通信2020年10月号』に掲載しました。)

星野学園中学校  

〒350-0824 埼玉県川越市石原町2-71-11
TEL:049-223-2888

進学通信掲載情報

【キャンパスのビジョン】部員たちが能力の限界にチャレンジできる環境を用意
【安全・安心 私学の備え】自分や相手の“命”を大切にする意識を育む
【目標にLock On!! 私の成長Story】勉強に部活動に励み続けた中高6年間 互いに切磋琢磨し、夢への第一歩を踏み出す
【学校生活ハイライト】中高合同の学園最大イベント 生徒主体で作る『星華祭』
【グローバル特集 授業 】本物に触れる環境で伸ばすグローバルな発信力
【目標にLock On!! 私の成長Story】恩師からの個性に合った指導のもと 自分の得意科目を飛躍させた学校生活
【キャンパスのビジョン】理想の教育環境を追求し全天候型グラウンドを完備
【目標にLock On!! 私の成長Story】自分が主役──主体的に生きる方法を教えてくれた中高6年間
【グローバル時代の学び方】海外体験と異文化交流で国際人たる知性を育む
【学校生活ハイライト】異文化に触れ、相互理解が生まれる修学旅行
【目標にLock On!! 私の成長Story】みんなが真面目な学校なので真面目でいられる安心感が心地良い
【授業見聞録】理科 たくさんの実験体験で理科の楽しさに触れ将来の進路にもつなげる
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】グループディスカッションで大学入試問題に挑戦
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】まずは学ぶ楽しさを知ることから 面倒見が良く手厚い指導で新中1の学習習慣の定着化を図る
【学校生活ハイライト】しなやかな感性を育み人間力を養う芸術鑑賞会
【校長が語る 思春期の伸ばし方】失敗には寛容に接し挑戦の機会を与え続ける
【授業見聞録】英語 万全のサポートで “伝わる英語” を体得
【部活レポート】中学サッカー部/中学新体操部
【遊べる・役立つ・夢中になれる 学習のすすめ】その言い方、もしかして「甘えた日本語」!?
【私学の情報リテラシー】常に全人教育の理念に立ち返り コミュニケーション力を磨く
進学通信 2020年10月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ