Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2020年9月号

中学入試のポイント

日出学園中学校

知識と想像力を合わせて
発信する応用力を評価

「推薦入試」「一般入試」、口頭試問型の「サンライズ入試」を実施する同校。受験生の思いを聞くために、発信する機会を各試験に設けています。
受験生の発信力を重視する入試形式

「誠明和(なおく あかるく むつまじく)」を校訓とする同校は、生徒一人ひとりの夢の実現と個性の伸長をめざし、自ら行動する力を育む教育を行っています。

「『一人ひとりに学びを』というモットーのもと、生徒の夢の実現のため、自由に発言しやすい環境であることを大切にしています」と話すのは、入試広報部部長・英語科の石川茂先生です。

「学校は自由に表現して、チャレンジできる場所だと知ってもらうために、入試にも『あなたの思いを聞かせてください』という思いを込めています」

 同校では、「2科・作文・面接」の推薦入試、「2科・面接」「4科・面接」を選択するⅠ期、Ⅱ期の一般入試、口頭試問型の「サンライズ入試」を実施しています。

 どの入試形式でも、受験生が自分の考えを発信する機会を設けています。

 また、学科試験でも、広く知識を問う問題とともに、いかにその知識を応用して、想像力豊かに表現できるかを評価する問題が出題されます。

「各教科で、受験生に表現力を発揮してもらう問題が増える傾向にあります」

 例えば国語では、「オリンピックで見てみたい、実際にはまだないスポーツを考え、漢字三字で自由に表現する」問題が出題されました。また、それがどのようなスポーツかを具体的に説明します(ページ下参照)。

 実際に入試でこの問題を解いた中1生に、感想を聞きました。

「過去問に自分で考えて書く問題が多かったので、予想はしていましたが、焦ってしまいました。高さを競うスポーツにしようと思い、『身長争』としました。跳び箱などの道具を組み合わせてジャンプし、高さを比べる競技です」(中1/竹内かれんさん)

「問題を見て、そろばんの有段者で、計算ならだれにも負けない友達のことを思い出しました。そこで、スポーツに限定せず、難問を計算して解答の速さを競う競技はどうかと考え、『計測算』としました」(中1/久保秀誠さん)

 二人とも、過去問を解くことで対策をしたそうです。

「語彙力に自信がなかったので、説明文の問題を解いたり、記述式の問題を解いたりする中で、語彙を増やすように心がけました。また、解答するときは、話し言葉にならないように気をつけました」(竹内さん)

「過去問の傾向から、似ている問題を家族と自作しました。何問も解く中で、みんなが楽しめる、安全・健康などのテーマを軸にすると、どんな問題でも対応できることに気付きました」(久保さん)

 大人では考えつかないユニークな解答が多く、漢字の知識を活用できている受験生が多かったと石川先生は話します。

「個性の伸長も教育の大きなテーマです。受験生の解答からは、それぞれの個性やチャレンジ精神を感じることができました」

全教科の専任教員が問題を作成

 口頭試問型のサンライズ入試では、教科に関わらず、50人ほどの専任教員全員が問題制作を担当します。

「通常は入試に関わることが少ない、技術・家庭科や美術科などの教員や、養護教諭も問題制作に関わり、採点も同様に行います。解答時にビデオ撮影した様子をもとに、いろいろな視点から、受験生のすばらしい資質、光る個性を見出していきます」

 クラス担任、教科担任などの枠にとらわれず、生徒が自分に合う教員を学校全体から見つけて、交流したり、相談できる同校ならではの入試形式です。

 サンライズ入試を始めてから、2021年度入試で4回目を迎えます。

「サンライズ入試を経て入学した生徒は、とくにイキイキと学校生活を送っています。日々の会話からも、考えをアウトプットする能力の高さがわかります。行事などでもリーダーになれる存在です。この入試は出願資格があるので、もともと勉強に対する意欲が備わっている生徒が多いです。認定資格の中で、取得予定のものがあれば、ぜひチャレンジしてみてください」

 今後、認定資格が増える予定もあるので、入試要項を確認しましょう。

(この記事は『私立中高進学通信2020年9月号』に掲載しました。)

日出学園中学校  

〒272-0824 千葉県市川市菅野3-23-1
TEL:047-324-0071

進学通信掲載情報

【ココに注目!学校説明会レポート】毎日開催!『FLYERS』による本音の「個別・学校見学」
【中学入試のポイント】知識と想像力を合わせて発信する応用力を評価
【学校生活ハイライト】有志が協働する新しい形のプロジェクト型活動「FLYERS」
【進化する私学】生徒の中にある自主性・主体性を引き出す自由な課外活動『FLYERS』
【キャンパスのビジョン】既成の枠にとらわれない活動を生み出す外へとつながる開放的な校舎
【実践報告 私学の授業】「ICT“を”教える」デジタルコンテンツ演習
【目標にLock On!! 私の成長Story】のびのびと育つ環境が自信につながり自分らしく生きる土台に
【The Voice 校長インタビュー】『誠・明・和』を校訓に生徒の夢を育て個性を大切にする伸びやかな教育を
【熱中!部活動】学年を越えた意見交換で協調性と一体感を育む
【校長が語る 思春期の伸ばし方】思春期は可能性を広げる時期 保護者も一緒に興味・関心を広げましょう
【制服物語】心身ともに伸び伸び成長できる 快適な着心地の制服
【職員室のヒミツ】開校以来の親身な指導 校訓「誠(なおく)・明(あかるく)・和(むつまじく)」+「夢」のもと家族のような一体感あふれる少人数一貫教育
【SCHOOL UPDATE】将来への可能性が広がる新しい教育
【Students' Chat Spot】「誠・明・和」の校訓を中心に生きる力・自ら行動する力を育む総合教育を実践
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】テスト問題を生徒が作成・答えを解説
進学通信 2020年9月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ