Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2020年9月号

心を育てる宗教行事

玉川聖学院中等部

同校は、牧師だった谷口茂壽先生が1950年に創立したプロテスタントのミッションスクール。谷口先生の教育方針に基づき、創立以来、朝の礼拝が毎日捧げられてきました。
この日、礼拝に出席したのは高3生約180名。毎日の礼拝を通して、生徒は考え、学び、健やかに成長していきます。

この日、礼拝に出席したのは高3生約180名。毎日の礼拝を通して、生徒は考え、学び、健やかに成長していきます。

自宅にいる生徒たちは
オンラインで礼拝に参加

「おはようございます。これから朝の礼拝を始めます。前奏のうちに心を鎮めましょう」と、谷口ホールの壇上から学院長の安藤理恵子先生が生徒たちに語りかけました。6月25日(木)の朝の礼拝の様子です。この日は新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた分散登校が行われていたため、出席したのは高3生のみ。中1生から高2生まではオンラインでの礼拝となります。

 黙想の後、讃美歌9番「力の主を」を、ホールにいる生徒は感染防止のために心の中で、自宅で礼拝に参加している生徒は声を出して歌います。続いて安藤先生は祈りを捧げ、新約聖書、ルカの福音書5章17節から26節までを朗読しました。そして生徒に「イエス様は私たちの真剣さに向き合ってくださり、その思いにきちんと応えてくださいます」とメッセージを届けました。

礼拝に始まり、終礼に終わる
学校生活の中で豊かな心を

「朝の礼拝は毎朝、8時20分から40分まで中高別に行われます。礼拝でのメッセージはクリスチャンの教員で分担し、司会は生徒が担当します。
 そして授業が終わるとクラスごとに教室で終礼を行います。終礼は生徒が順番に、心に響いた聖書の言葉を紹介して、感じたことなどを話し、お祈りします。
 コロナ禍の影響で自宅学習期間となり、毎朝一緒に礼拝をお捧げできなくなったことをきっかけに、安藤学院長が聖書の言葉と励まし、お祈りのコラムを毎日、本校ホームページに載せることになりました。自宅で多くの不安と恐れの中にいるであろう生徒たちの心に、大きな励ましと安らぎを与えたことと思います。Web授業ができるようになってからは、朝の礼拝や最後の終礼もオンラインで行い、創立以来大切にされてきた礼拝から、豊かな力をいただいています」(高等部教頭/土屋くによ先生)

 中学生は毎週日曜日に、高校生は月に1回自宅近くの教会に通います。中等部と高3では「聖書」の授業が週1時間あり、高等部では高2まで「総合科人間学」の授業が週2時間あります。「人間学」は、キリスト教の世界観に立って人間を、自分を、人生を考える授業で、地に足がついた真の自己理解、進路選択の土台となる学びです。こうした聖書や人間学の授業だけでなく、礼拝に始まり、終礼に終わるすべての学校生活を通して、生徒は豊かな心を育んでいくのです。

静かに目を閉じ、祈りに耳を傾ける生徒たち。新型コロナウイルス感染拡大が早く終息し、生徒全員が学校に来られるように、との祈りに心を合わせます。静かに目を閉じ、祈りに耳を傾ける生徒たち。新型コロナウイルス感染拡大が早く終息し、生徒全員が学校に来られるように、との祈りに心を合わせます。
メッセージを語る安藤理恵子学院長。一人ひとりの心を大切にし、道を示してくださる神様の愛が語られました。メッセージを語る安藤理恵子学院長。一人ひとりの心を大切にし、道を示してくださる神様の愛が語られました。
礼拝で使用するパイプオルガン。この日、登校した生徒は声を出さずに讃美歌の歌詞を味わい、事前に教員たちが収録した賛美に心を合わせます。礼拝で使用するパイプオルガン。この日、登校した生徒は声を出さずに讃美歌の歌詞を味わい、事前に教員たちが収録した賛美に心を合わせます。

イエス・キリストの生涯が描かれたステンドグラス。仰ぎ見るたびに生徒たちは、自分が神様に愛されたかけがえのない存在であることを実感します。イエス・キリストの生涯が描かれたステンドグラス。仰ぎ見るたびに生徒たちは、自分が神様に愛されたかけがえのない存在であることを実感します。
創立者の谷口先生の名を冠した谷口ホールの前には、先生が発刊していた「聖書生活」という冊子や、愛読書などが展示されたコーナーがあります。創立者の谷口先生の名を冠した谷口ホールの前には、先生が発刊していた「聖書生活」という冊子や、愛読書などが展示されたコーナーがあります。
「人間学」の学びの成果が凝縮されたノート。生徒はこのノートを一生の宝物として大切にします。就職活動で役立ったという卒業生もいるそうです。「人間学」の学びの成果が凝縮されたノート。生徒はこのノートを一生の宝物として大切にします。就職活動で役立ったという卒業生もいるそうです。

(この記事は『私立中高進学通信2020年9月号』に掲載しました。)

玉川聖学院中等部  

〒158-0083 東京都世田谷区奥沢7-11-22
TEL:03-3702-4141

進学通信掲載情報

【コロナに負けない!私学のアクション】新学期開始から迅速にオンライン授業に対応今後への備えも万全に
【心を育てる宗教行事】1950年に創立したプロテスタントのミッションスクール
【実践報告 私学の授業】人間と社会、人生を探究する独自カリキュラム『総合科・人間学』
【生徒の主体的な活動にフォーカス】校内見学ツアーを生徒が担当保護者にも好評な学校説明会
【私学の光輝】新しい出会いの中で広がる可能性かけがえのない存在である私に気づく
【行ってきました!学校説明会レポート】クリスマス礼拝と学校説明会でスペシャルな一日を満喫
【本音で語る保護者座談会】たくさんの出会いや良い体験を通して「かけがえのない私」になれます
【The Voice 校長インタビュー】神さまの前では教員も生徒も同等愛されている存在だと気づくことで人は人間として成長できる
【校長が語る自立へのプロセス】生徒一人ひとりと向き合い多様性を認めることが自立へと導く
【熱中!部活動】【ウィンドオーケストラ部/ハンドベル部】音色に思いを重ね 心で表現する演奏
【私たち、僕たちが大好きな先生】大学卒業後、企業での勤務を経て母校の教員として教壇に
【学院長が語る 思春期の伸ばし方】自分と出会い、人と出会う 柔らかい心で、自分の使命を見つける
【私学の光輝】学院祭 心を込めた催し物や展示から伝わる「敬虔さ」「誠実さ」「楽しさ」
【学校生活ハイライト】合唱が得意な生徒も苦手な生徒も学校全体で奏でるハーモニー
【Students' Chat Spot】平和を実現する心を育成 生徒会役員が語る学校の魅力と生徒会活動
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】生徒の視野を広げる新たな出会いを求めて 実施予定「オーストラリア修学旅行」
【学校生活ハイライト】アフリカの孤児たちのステージから自分の生き方を考える
【SCHOOL UPDATE】国際デイ 世界への視野を広げる交流
【10年後のグローバル社会へのミッション】世界をつなげる女性を育成し 平和な社会を作る教育
【校長が語る 思春期の伸ばし方】自分の価値を信じ 人との出会いから学ぶ
【Students' Chat Spot】『玉聖革命』のスローガンのもと、より良い方向に学校を変えていきたいと考えている玉川聖学院の生徒会
【私学の光輝】仲間との友情や絆を強め大きな達成感を得た特別な一日
【私学の光輝】「明るい心」が育つ人になることを願う
進学通信 2020年9月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ