Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2020年9月号

校長が語る 自立へのプロセス

高輪中学校

「成功体験が積み重なって
自立に必要な自信となる

中1の『自然体験学習』。集団行動のなかでさまざまなことにチャレンジしながら、生徒同士の絆を強めます。

中1の『自然体験学習』。集団行動のなかでさまざまなことにチャレンジしながら、生徒同士の絆を強めます。

自信を与えるために
安心して失敗できる環境を
平野 豊(ひらの・ゆたか)校長先生平野 豊(ひらの・ゆたか)
校長先生
1962年、東京都出身。國學院大學久我山高校から、國學院大學文学部文学科に進学。近現代の作家の研究に励む。大学卒業後、高輪中学高等学校に国語科教員として着任。2020年4月、同校 校長に就任。趣味は旅行。昨年は熊野を詣で、熊野古道を歩いた。

「男子は女子に比べて緩やかに成長していく傾向にあります。男子の場合、自立に必要な要素の一つは、自信を持たせることだと思います。失敗してもいいので、生徒には安心して何にでも挑戦してほしいと思っています。挑戦することで、小さな成功体験や達成感を積み上げ、そこから自信を得ることができるからです。
 私自身は小学生で卓球の楽しさを知り、中学・高校・大学と卓球部に所属して一つのスポーツを長く続けてきたことが自信になっています」

 と、平野豊校長先生は語ります。自立に向けて、体験を重視する同校は、中1では『自然体験学習』(2泊3日)、中2では『農工芸体験学習』(3泊4日)、中3では『西日本探訪学習』(4泊5日)、高2では『海外学校交流』(5泊6日)を用意しています。

「本校の体験学習は学年が上がるにつれ日数を長く、訪問先は遠くなるように設定しています。グループ行動も、大人数から少人数へと規模を小さくして、少しずつ自立するためのハードルを上げています。
 中1の『自然体験学習』では、長野県上高地で飯盒炊さんをします。中1の生徒にとって電気もガスも使わずに、薪を組んで火を起こし、ご飯を炊くのは至難の技です。中2の『農工芸体験学習』では、福島県会津地方の喜多方市にある畑で、地元農家に協力をいただき、ジャガイモを傷つけないよう、くわを使った収穫にチャレンジします。これも中学生には難しいことです。小さな困難を乗り越えて、ご飯が炊けたり、ジャガイモが収穫できたりした時には大きな喜びが待っています。
 中3の『西日本探訪』では、沖縄本島の北にある伊是名島に民泊し、高2の『海外学校交流』ではオーストラリアを訪れます。オーストラリアでは現地の高校を訪ね、ファームステイも体験します。勉強した英語が実際に通じた時にはとても感動し、その経験が大きな自信になり、自立につながるのです」

高2の『海外学校交流』では、現地校の生徒と一緒に授業を受けたり、互いの国の文化を紹介したりします。

高2の『海外学校交流』では、現地校の生徒と一緒に授業を受けたり、
互いの国の文化を紹介したりします。

生徒が何でも相談でき
信頼できる教員をめざす
自立のための3つのポイント
  1. 挑戦させて、自信を与える
  2. 手を放して、見守り続ける
  3. 目標を持たせ、その達成を応援する

 また、平野校長先生は、生徒と教員との距離感が自立に重要な要素であると語ります。

「本校の教育目標の一つは『人を育てる指導』です。人を成長させるには、手取り足取りではなく、見守る姿勢が教員には必要だと思います。とはいえ、手は放しても目は離さないように、1学年6クラスに担任6名のほか、学年主任をはじめとする5名の専任教員を配置し、生徒一人ひとりの生活面と学習面をしっかりとサポートしています。1限目を教えた教員が元気のない生徒を見つけたら、2限目の担当教員にその旨を伝えます。生徒同士でいさかいがあれば、複数の教員で対応し、生徒に思いやりの大切さを誠実に伝えます。
 私たち教員は、生徒にとって信頼でき、何でも相談できる大人であることをめざしています。こうした環境のもと、生徒は安心して自分で考え、自分で決めて、行動できるようになっていきます」

 さらに生徒の縦のつながりも、自立に重要な役割を果たすと平野校長先生は話します。

「本校では例えば中1クラスの教室の隣に、高3クラスの教室があったりします。ひと続きの校舎で中1生から高3生まで生活しているので、休み時間などに日常的にすれ違うわけです。部活動でも縦のつながりが強く、大学受験の合格者一覧が張り出された時に、『あの先輩が早稲田に入ったんだ!』と知り、後輩は『僕もがんばろう』とその先輩を目標に、自ら道を切り拓いていくようになるのです。その部活動では、上級生が下級生を指導することで、上級生は責任感を持つようになり、『尊敬される先輩でいよう』と自覚することで、成長していきます」

発足させたサークルが
部活動に昇格することも

 同校では、生徒が興味・関心のあること、チャレンジしたいことを、どんなに小さなものでも力いっぱい応援しています。その一つがサークル活動です。

「生徒が声を上げれば、少人数でもサークルなどの発足を認めるようにしています。顧問の教員もつきます。切手のサークルと、ダブルダッチという2本の縄で行う縄跳びのサークルは、このようにして誕生しました。規模が大きくなると同好会に、さらには正式な部活動へと昇格します。
 自分たちの手で部活動をつくることができれば、揺るぎない自信になるでしょう。生徒は好きなことのためなら、努力を惜しまないはずです。こうした環境のなかで、大勢の仲間をつくってほしい。本校で得た自信と仲間は、一生の財産になるでしょう」

自立のための取り組み
中3から選抜クラスを設置
切磋琢磨しながら成長を
選抜クラスの授業風景。生徒は競い合いながら、互いを高め合っています。選抜クラスの授業風景。生徒は競い合いながら、互いを高め合っています。

「人は目標を持った時に大きく成長します。そこで、中3から選抜クラスを設けています」(平野豊校長先生)。選抜クラスは、成績上位者を集めたクラス。毎年、一般クラスとの入れ替えがあります。「高1まで一般クラスにいた生徒が、高2になったら選抜クラスに入ることもあります。将来の目標が定まりスイッチが入り、選抜入りすることも稀ではありません」。英検や数検、漢検の受検も、生徒が目標を持つために奨励しています。

(この記事は『私立中高進学通信2020年9月号』に掲載しました。)

高輪中学校  

〒108-0074 東京都港区高輪2-1-32
TEL:03-3441-7201

進学通信掲載情報

【校長が語る 自立へのプロセス】「成功体験が積み重なって自立に必要な自信となる」
【私学の校外学習・学外交流】自然や文化に接し仲間との絆を強める智力の探究 自然体験学習・農工芸体験学習
【Students' Chat Spot】互いの存在を認め合える先輩・後輩、先生と生徒の絆が強い学校です
【私たち、僕たちが大好きな先生】日本語しか使わないのはすごくもったいない 英語が読めればたくさんの情報を得られます
【学校ってどんなところ?生徒の一日】自らを磨き、社会に出てからも成長し続ける人間になるための土台を作る
【グローバル時代の学び方】海外体験学習が育む自己実現力と英語力
【私たち、僕たちが大好きな先生】身近な話題や楽しい舞台劇にして作品に対する興味を引き出す
【熱中!部活動】【バドミントン部】仲間と厳しい練習に挑み人として成長する
【6年間の指導メソッド】体験学習と堅実な教科学習が土台を作る
【熱中!部活動】【吹奏楽部】音楽を愛する仲間たちが音楽の魅力を発信
【Students' Chat Spot】「自主堅正」の校訓のもと、自分の意志で判断し、その行動に 責任が持てる生徒を育成
【Students' Chat Spot】「自主堅正」の校訓のもと自分の意志で判断し行動に責任が持てる生徒を育成
【熱中!部活動】理科研究部 理科への興味・関心と探究心が論理的に考察する力に!
【目標にLock On!! 私の成長Story】学校が好き、人が好き、理科が好き “好き”を集めた夢がかなって母校の教員に
【その先に備える キャリア教育】国内外での体験学習を通じて人間性を育み、可能性を広げる
【部活レポート】中学バスケットボール部
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】学年中のどんな生徒にも 必ず活躍できる場があり 大きく成長する瞬間があります
進学通信 2020年9月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ