Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2020年4・5月合併号

学校生活ハイライト

佐野日本大学中等教育学校

“成功”という同じ目標に向け
心が一つになる『顕桜祭』

『ENGLISH PERFORMANCE CONTEST』に出場した生徒たち。英語研究部(SELC)のメンバーを中心に部員以外の生徒も参加し、ピーターラビットやシンデレラの英語劇やスピーチを発表しました。手にしているのはこのコンテストに参加したことを示す賞状です。

『ENGLISH PERFORMANCE CONTEST』に出場した生徒たち。
英語研究部(SELC)のメンバーを中心に部員以外の生徒も参加し、
ピーターラビットやシンデレラの英語劇やスピーチを発表しました。
手にしているのはこのコンテストに参加したことを示す賞状です。

『顕桜祭』(文化祭)は毎年、併設の佐野日本大学高等学校と合同で開催されます。
会場に足を運ぶと、創造力にあふれた展示や発表に日々の学びの成果が表れていました。

みんなで力を合わせれば
壁は必ず乗り越えられる

『Break the wall~新たな時代へ~』。これが2019年の『顕桜祭』(文化祭)のテーマです。生徒会長のE・Kさん(高2)は次のように話します。

「テーマは、日本語に訳すと『壁を壊せ』です。自分の殻を破り、クラスや学年が違っても、その壁を乗り越えて、一丸となって『顕桜祭』の成功という目標に向けて歩んでいこうという思いが、このテーマには込められています。さまざまな壁にぶつかっても、みんなで力を合わせれば、必ず乗り越えられるはず。そのことを生徒全員が『顕桜祭』で強く実感したいと思っています」

 教室を巡ると、各クラスがアイデアを凝らした発表やゲーム、模擬店などを出展。体育館では合唱部や管弦楽部、和太鼓部などが練習の成果を披露しています。

 英語研究部(SELC)のメンバーが中心となり、部員以外の生徒も参加した『ENGLISH PERFORMANCE CONTEST』も、“学年や部活動という壁”を大きく越えた発表の一つです。「英語で何かを伝えたい」という熱い思いのもと、英語が大好きな生徒たちが集まって、劇や踊りなどを表現していました。

「部のメンバー以外の生徒もたくさん参加してくれました。発表を見に来た生徒にも、英語の楽しさや英語が伝わる喜びを知ってもらえたらと思います」(英語研究部顧問/マーシー先生)

アイスキャンディーやお菓子を校内で売り歩く、元気いっぱいの高校生たち(写真前列)。アイスキャンディーやお菓子を校内で売り歩く、元気いっぱいの高校生たち(写真前列)。
『佐日鉄道』と題された中2の展示発表。鉄道を含む公共交通機関の重要性をポスターなどでわかりやすく来場者に伝えています。教室内に列車を再現していました。『佐日鉄道』と題された中2の展示発表。鉄道を含む公共交通機関の重要性をポスターなどでわかりやすく来場者に伝えています。教室内に列車を再現していました。
2018年に和太鼓部は、文化部の全国大会である「総文祭」に2度目の出場をしています。『顕桜祭』ではその時の曲を発表。途中には篠笛のソロも入ります。2018年に和太鼓部は、文化部の全国大会である「総文祭」に2度目の出場をしています。『顕桜祭』ではその時の曲を発表。途中には篠笛のソロも入ります。
高1の『イギリス研修旅行報告会』。高1生が、5月に実施されたイギリス研修旅行の事前学習や研修での成果を、Chromebookを使ってプレゼンテーションしました。高1の『イギリス研修旅行報告会』。高1生が、5月に実施されたイギリス研修旅行の事前学習や研修での成果を、Chromebookを使ってプレゼンテーションしました。
高2のクラスによる『Hantendo』。担任の半田宗先生が手がける架空のゲーム会社を教室内に創造。来場者はゲームに挑戦できます。高2のクラスによる『Hantendo』。担任の半田宗先生が手がける架空のゲーム会社を教室内に創造。来場者はゲームに挑戦できます。
高3のカフェ「Cafe De Yong-Ping」では、アイスキャンディーやお菓子を、琴やバイオリンの生演奏とともに楽しめます。高3のカフェ「Cafe De Yong-Ping」では、アイスキャンディーやお菓子を、琴やバイオリンの生演奏とともに楽しめます。
一つひとつの言葉に励まされます
左から生徒会担当の長島正志先生、生徒会長のE・Kさん(高2)、執務委員長のM・Tさん(高2)。左から生徒会担当の長島正志先生、生徒会長のE・Kさん(高2)、執務委員長のM・Tさん(高2)。

 毎年『顕桜祭』を企画・運営するのは、生徒会の役員たち。生徒会長のE.Kさん(高2)は次のように話します。

「当日はパンフレットを補充したり、傘を入れる袋を配布したりと縁の下の力持ち的な仕事が多いです。来場者の皆さんが楽しんでいる姿を見るたびに、生徒会長になって良かったと思います」

 会長のE.Kさんを支えるのは、執務委員長のM.Tさん(高2)。執務委員長は、生徒会の会計をはじめとする事務を担当しています。

「『顕桜祭』の受付で小さなお子さんに靴を入れる袋を渡したら、私の目を見て『ありがとう』と言ってくれたんです。生徒からも『何か手伝うことある?』と声をかけられることも多いですね。一つひとつの言葉が心に響いて励まされます」

 生徒会担当の長島正志先生は2人の話を聞いて、次のように話します。

「生徒が表現したり、発表したりするには、陰で支える人たちの存在が必要です。その役割がどれだけ大切かを学んでもらい、成長の糧にしてほしいと願っています」

(この記事は『私立中高進学通信2020年4・5月合併号』に掲載しました。)

佐野日本大学中等教育学校  

〒327-0192 栃木県佐野市石塚町2555
TEL:0283-25-0111

進学通信掲載情報

【学校生活ハイライト】“成功”という同じ目標に向け心が一つになる『顕桜祭』
【注目! News and Topics】「ニュージーランド ターム留学」がスタート自分と向き合い英語力を磨く3カ月
【熱中!部活動】文化部の全国大会である「総文祭」に昨年、2回目の出場
【私学の校外学習・学外交流】世界をぐっと身近にする多彩な姉妹校との交流プログラム
【THE VOICE 校長インタビュー】『自主創造』の精神のもと世界へと羽ばたく人材育成をめざす
【キャンパスのビジョン】広々とした快適な空間で読書活動にはげむ
【制服物語】制服のリニューアルとともに 心も新たに『第2世紀』へ踏み出す
【職員室のヒミツ】充実したサポート体制で生徒一人ひとりの進路の実現と豊かな人間性を育む完全一貫教育校
【制服物語】フルモデルチェンジした制服とともに2017年から新たな一歩を
【グローバル時代の学び方】ASEAN諸国と教育連携 ALT授業で英語力を強化
【未来を生き抜く学力のつけかた】世界に向けてネットワークを構築し 問題を解決できるタフな人材を育成
【キャンパスのVISION】蔵書数8万冊を誇る自慢の図書館は好奇心を満たす知的空間
【The Voice 新校長インタビュー】自ら考え、自ら調べ自ら行動する人間の育成 21世紀を生きる土台づくりの6年間
【キャンパス歩き】豊かな自然に囲まれた広大な敷地と充実の施設で“新たな自分”を発見する6年間
【On Going! 進歩する私学の注目情報】4・5年生の全生徒がタブレット端末の使用を開始!本格化するICT活用
【学びのプロセス】タブレット端末などを活用する反転授業
進学通信 2020年4・5月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ