Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2020年4・5月合併号

目標にLock On!! 私の成長Story

城西大学附属城西中学校

多くのことに挑戦した好奇心旺盛な中高時代に
アナウンサーになる夢を見つけて実現

OG 佐々木武海さん

明治大学 国際日本学部 4年
OB 佐々木武海さん

体育祭の実況放送を
成功させたのが転機に
部室の放送室では、発声練習や朗読の練習を繰り返し行った思い出が。部室の放送室では、発声練習や朗読の練習を繰り返し行った思い出が。

 7つ年上のお兄さんが通った学校ということで、親しみがある同校を受験した佐々木武海さん。

「学校行事が多い学校なので、新しい挑戦ができ、得られるものがあるのではないかと思いました」

 そんな予想が当たったと言える6年間の学校生活が始まります。

「入学した時から、生徒会長になりたいという希望がありました。人前に出て目立ちたい気持ちと、自分が関わることで、より楽しく面白くしたいという思いがあったのです」

 好奇心旺盛な佐々木さんは、ソフトテニス部に所属し、クラス委員長や合唱祭の指揮などいろいろなことに挑戦していきました。また、文武両道もめざしました。

「小学生の時は、あまり成績が良くなかったんです。勉強の仕方がわからなかったのでしょうね。城西では全教科、先生方が徹底して伸ばす姿勢で指導され、勉強が楽しくて仕方がなくなりました。とくに英語が好きでした」

 そんな佐々木さんが、中学時代に頭角を現したのが、体育祭の実況放送でした。

「体育祭は、音響設備などの施設が充実した東京体育館で行われていました。中1の時に先輩の放送を聞いて、『自分ならもっとエンターテインメントにできるのに』という思いから、翌年立候補して、中2から実況放送を行うようになりました」

 佐々木さんの実況放送によって競技は大変盛り上がり、生徒だけではなく、先生方や保護者からも反響があったそうです。

「自分がマイクを通して何かを伝える初めての経験で、これがターニングポイントになったと思います」

複数の部に所属し
生徒会長も経験
「城西には、自分がやりたいという意志を明確にすると、応えてくれる環境がありました」「城西には、自分がやりたいという意志を明確にすると、応えてくれる環境がありました」

 中3になった佐々木さんのクラスに副担任として赴任されてきたのが、元アナウンサーの高橋嵩先生でした。放送部の顧問となられた高橋先生の呼びかけに応じ、佐々木さんは放送部に入部します。

 ところが、高校からはバドミントン部やギター部にも所属。さらに高2では念願だった生徒会長にも選出され、学校生活は多忙を極め、放送部の活動からは徐々に足が遠のいてしまいます。

 高2の秋、放送部の友人が大会で入賞したことをきっかけに、自分を見つめ直した佐々木さん。

「自分は “声”で何か結果を残せたかなと振り返りました。人前で何かを伝えることが自分のアイデンティティだと気付き、声にどんな可能性があるのか試したいと思ったのです」

 ほぼ幽霊部員だった佐々木さんは、「いちからやる気持ちでがんばります。改めてご指導いただけますか」と高橋先生にお願いし、快く受け入れてもらいました。そこからはほぼ毎日部室に通い、土日も返上して熱心に練習に打ち込みました。

 そしてついに高3の6月、NHK杯全国高校放送コンテストで、佐々木さんは東京都で4位となりました。300人ほどの参加者のうち、全国大会に出られるのは都で5人だけという厳しさの中、よきライバルだった同校の友人と、東京都代表として全国大会に出場するという快挙を成し遂げたのです。その時に佐々木さんは、アナウンサーという仕事を明確に意識し始めました。

卒業後も
恩師が親身の指導を

 大学受験については、英語と政治経済を学びたいという希望から志望校を選択していきました。生徒の志望分野に近い専門の先生がマンツーマンで進路の相談に応じるというのが、同校の進路指導のスタイル。佐々木さんも受験する大学について、的確なアドバイスをいただきました。

 高3の春に生徒会長の仕事が終わり、放送部以外の部活動も引退。そこからは、受験勉強と放送部の練習に明け暮れます。高1の時には短期留学も経験するほど英語が好きだったので、大学受験では、得意の英語を伸ばすことで得点につなげていきました。

 その結果、志望校の明治大学に見事現役で合格。佐々木さんはすぐに大学のアナウンス研究会に所属し、ますますアナウンサーになりたいという気持ちを固めていきます。やがて就職活動の時期になり、最初の年はやみくもに放送局を受けたところ、結果は振るわなかったそう。そこで、母校の高橋先生に相談し、ご両親の理解も得て、大学を休学して再度アナウンサーをめざすことにしました。2年目の就職活動では高橋先生が親身にアドバイスをしてくださったこともあって、放送局の内定を得ることができ、2020年の春から、TBS系列局のアナウンサーになることが決まっています。

「お忙しい中、一人の卒業生のために時間を割いて指導をしてくださった先生には、感謝してもしきれません。これからはメディア人として責任を持ちながら、自分の声を届けることで人々の豊かな生活や社会に貢献したいです。もともと自分が持っていた “面白くしたい気持ち”を、社会でも活かせれば」と意気込みを語ります。

 自分の興味や、やりたいと思ったことを次々に実現させてくれた同校。そしてこの学校だったからこそ、高橋先生との出会いがありました。同校で見つけて育んだ佐々木さんの夢が、未来に向かって輝きを増しています。

恩師からの応援メッセージ
母校で培った声と表現力で
世の中を盛り上げて
お世話になった放送部顧問の高橋嵩先生と。高橋先生は元アナウンサーという経歴の持ち主。お世話になった放送部顧問の高橋嵩先生と。高橋先生は元アナウンサーという経歴の持ち主。

 本校に赴任してすぐ、私は休部状態だった放送部を再発足させるために部員を募りました。佐々木くんは、その時入部した生徒の一人です。彼の放送部への思いには紆余曲折があったようですが、最終的に大変素直に私のアドバイスを聞き入れ、全力でがんばりました。高3の時に、一番大きな大会であるNHK杯全国高校放送コンテストで入賞し、東京都代表として全国大会に出場。その時からアナウンサーになる夢を持ち、じっくりと育んできましたね。高校を卒業する時には、感謝の気持ちが書かれた長文の手書きの手紙をもらい、私は涙が出ました。そんな彼が放送局に入社することになり、本当にうれしいです。今後はアナウンサーとして、彼のいい声と表現力で、世の中を盛り上げていってほしいですね。(高橋嵩先生)

(この記事は『私立中高進学通信2020年4・5月合併号』に掲載しました。)

城西大学附属城西中学校  

〒171-0044 東京都豊島区千早1-10-26
TEL:03-3973-6331

進学通信掲載情報

【WEB版『Hello! School』】生徒のやりたいことを認め、応援する そんな熱い先生方の真心凝縮の学び舎
【大学合格力強化計画】個々の生徒の特性や志望する大学・学部を見据えた個別の進路指導
【目標にLock On!! 私の成長Story】多くのことに挑戦した好奇心旺盛な中高時代にアナウンサーになる夢を見つけて実現
【SCHOOL UPDATE】JOSAI Future Global Leader Program 英語力を磨き自立心を養う
【未来を切り拓くグローバル教育】中3での全員留学を目標に実践的な英語力を磨く
【目標にLock On!! 私の成長Story】学校で身につけた基礎学力と目標達成のための努力で勝ち得た東大合格
【SCHOOL UPDATE】100周年記念式典 伝統ある教育を受け継ぎ次の100年へと進化
【The Voice 校長インタビュー】『何にでも打ち込める』環境で個性を尊重する教育を
【学校生活ハイライト】自然の偉大さを学び思考力を育む「稲作体験」
【SCHOOL UPDATE】「英語技能入試」「適性検査型入試」スタート 向上心の強い多様な生徒が互いに切磋琢磨
【中学入試のポイント】適性検査型入試と英語技能入試を新設
【熱中!部活動】【硬式野球部/ダンス部】夢の実現を後押しする指導者生徒の主体性を重視する部活動
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】行事や授業などさまざまな体験を通して個性を育み、『天分』を伸ばす
【グローバル時代の学び方】学内グローバル化の取り組み
【注目のPICK UP TOPIC!】世界最速高校生を育んだ学校生活
【学校生活ハイライト】伸び伸びと自己表現! 生徒の自発性・創造力を高める場としての『しいの木祭』
【10年後のグローバル社会へのミッション】全クラスでグローバル教育を拡充 伝統の姉妹校交流で国際人を育てる
【私学の先生から受験生へのアドバイス】受験生が安心して臨める良問を出題 『GAクラス』は選抜方法が変更に
【めざせ 次代のグローバルリーダー】感動体験と異文化交流の学校生活 他者理解を原点とするGAクラスのリーダー教育
進学通信 2020年4・5月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ