Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2020年4・5月合併号

中1の始め方

二松学舎大学附属柏中学校

「自問自答」の力を
身につけさせる取り組み

「田んぼの教室」で行う田植えは、中1のほとんどが初めての体験です。泥の中に足を入れ稲の苗を植えていきます。

「田んぼの教室」で行う田植えは、中1のほとんどが初めての体験です。泥の中に足を入れ稲の苗を植えていきます。

「自ら課題を探し、自ら解決する」。そんな「自問自答」の力を生徒が身につけられるよう、同校では入学式から生徒たちの自主性を伸ばす支援をしています。

オリエンテーションで
中学校生活に慣れさせる
「手賀沼クリーンウォーク」では、学校近くの手賀沼に出かけ、ゴミを拾いながら歩きます。「手賀沼クリーンウォーク」では、学校近くの手賀沼に出かけ、ゴミを拾いながら歩きます。

 小学生と中学生とでは、学習面でも生活面でも環境が大きく変わります。生徒たちは、大きな期待とともに不安な気持ちも抱えています。同校では、入学後のオリエンテーションに1週間をあて、じっくりと中学校生活に慣れていけるように配慮しています。

 オリエンテーションでは、学年全体でグループワークを行う機会をたくさん設けています。中1生を担当する機会が多い岡部真里亜先生は、その狙いを次のように話します。

「新入生はまず、良い人間関係が築けるだろうかと不安を抱いています。そこで、グループワークでは自己紹介や読んだ本の感想など、生徒同士が話しやすいテーマを与え、緊張をほぐす機会をつくっています。また、できるだけいろいろな人と接するようにして、人間関係が固定化してしまわないように心がけています」

自主的な学習の姿勢を
つくる「365ノート」

 新入生は、日々の勉強や定期考査の準備はどのようにすればいいのかと、勉強面でわからないことがたくさんあります。先生方は、まずは授業を大事にするように指導。さらには、与えられた課題だけでなく、自分に必要な課題は何かを考えるように言葉かけをしています。

 そこで役立つのが「365ノート」です。生徒たちはこのノートに1日1ページ以上、家庭で学習した内容を記入し、提出します。担任の先生は、その内容をチェックし、時にはアドバイスを添えて返します。生徒は、アドバイスを元に自分に今必要な力は何かを考え学習方法を工夫するようになります。時には学習面での疑問や悩みの相談がノートに書かれていることも。「365ノート」に取り組むことで、1年生は次第に自ら課題を探し、解決する「自問自答」の姿勢を身につけていきます。

友達との関係を深める
「田んぼの教室」

 同校では、自立心を重んじる一方で、他者と協働して一つのことを成し遂げる姿勢も大切にしています。オリエンテーション期間中に実施される手賀沼クリーンウォークや、5月の「田んぼの教室」で行う田植えでは、みんなで協働作業を行います。

「人と協働し、お互いの得意なことを活かし、助け合ってプロジェクトに取り組むことをめざしています」(岡部先生)

 田んぼの教室では、みんなで泥だらけになって田植えを経験。そして、力を合わせることの喜びや大切さに気付き、友達とのつながりを深め、大きく成長していきます。

「365ノート」は、1年を通じて欠かさず書くという意味で名付けられています。先生は、ノートから生徒の興味の方向ややる気の度合いを推し量ることができます。

入学直後のオリエンテーション。生徒たちは期待と不安が入り混じりつつも、グループワークを通してお互いを知っていきます。入学直後のオリエンテーション。生徒たちは期待と不安が入り混じりつつも、グループワークを通してお互いを知っていきます。
秋には、自分たちが植えた稲を収穫。協力することの大切さを学びます。秋には、自分たちが植えた稲を収穫。協力することの大切さを学びます。
発表やプレゼンテーションの機会を多く設け、人前で話をする力を育てています。発表やプレゼンテーションの機会を多く設け、人前で話をする力を育てています。


1年生 TIME LINE

  中学校生活を送る基礎固めのため、オリエンテーションをじっくりと行います。宿泊を伴う校外学習は入学から翌年の2月までありません。

失敗から学ぶことも大切にしたい
岡部真里亜先生岡部真里亜先生

 中学に入学後は、学習習慣がつくまでに時間がかかります。最初の定期考査が近づいても何をすればいいかわからない生徒もいます。しかし、たとえ失敗しても、その後どう工夫するかを考えることが大事です。うまくいったところはどこか、そのポイントを分析し、振り返ることで、自分なりの勉強の仕方ができてくると思います。

 保護者の方にも、「失敗してもいいので、保護者が何もかもやってしまわず、本人に任せるようにしましょう。自主性を伸ばすためにも、見守ってあげてください。中学を卒業するころには、見違えるほど頼もしくなりますから」とお伝えしています。

(この記事は『私立中高進学通信2020年4・5月合併号』に掲載しました。)

二松学舎大学附属柏中学校  

〒277-0902 千葉県柏市大井2590
TEL:04-7191-3180

進学通信掲載情報

【中1の始め方】「自問自答」の力を身につけさせる取り組み
【私学の光輝】創立記念日に改めて思う「自問自答」の教育理念
【SCHOOL UPDATE】グローバルコースによる学習発表会 プレゼンテーションを通して探究力・表現力を育む
【注目のPICK UP TOPIC!】自ら課題を設定し、探究する「自問自答プログラム」を実践
【未来を切り拓くグローバル教育】コミュニケーション力を理論と体験で学ぶ
【みんな大好き キャンパス食堂】ランチタイムだけじゃない!仲間と一緒に語り合える食堂がリニューアルオープン
【SCHOOL UPDATE】『松陵祭』での中間発表会 「自問自答」による探究の成果をプレゼンテーション
【校長が語る 思春期の伸ばし方】論語教育と多彩なフィールドワークが豊かな人格と探究心・発信力を育む
【注目のPICK UP TOPIC!】自ら気付き、考え、解決する自問自答の力を育む教育
【SCHOOL UPDATE】グローバルコース 従来のグローバル教育にさらなる実践力をプラス
【中1の始め方】中高6年間で最も大切なスタートの1年 自発性を養い真のグローバルな人材に
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】自問自答で未来を切り拓く力をつける
【SCHOOL UPDATE】特別講座 ネイティブスピーカーと一緒にEnglish cooking
【キャンパスのVISION】四季のいぶきを感じる緑豊かな環境に恵まれた新時代志向のキャンパス
【10年後のグローバル社会へのミッション】入学間もない生徒たちの研修に「インプロ」を導入
【全人教室│心を育む私学の授業】「自問自答」の力を伸ばす多彩な体験教室『田んぼの教室』『沼の教室』『都市の教室』『雪の教室』
【The Voice 新校長インタビュー】確かな学力とさわやかな心を備えた生徒を育てていきたい
【授業発見伝】〝自問自答〟を通じて課題解決力を伸ばす『森の教室』『沼の教室』『都市の教室』
進学通信 2020年4・5月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ