Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2020年4・5月合併号

注目! News and Topics

淑徳中学校

英語漬けの3カ月留学※で
英語力を高め人間的な成長も果たす

ニュージーランドの現地校の仲間たちと、スクールキャンプでジェットボートに乗る前のようす。みんなとてもフレンドリーに接してくれました。

ニュージーランドの現地校の仲間たちと、スクールキャンプでジェットボートに乗る前のようす。
みんなとてもフレンドリーに接してくれました。

 グローバル社会で存在感を発揮し、貢献するために「本物の英語力」を身につけることを目標とする同校では、英語のトレーニングを重視したカリキュラムを編成するとともに、異文化理解やコミュニケーション力強化にも力を入れています。英語力・コミュニケーション力を伸ばすには、英語圏で生活し、現地の人たちと積極的に交流することが効果を発揮します。また、中学生という早い時期にこうした経験をすることで、生徒は将来の進路を真剣に考えるようになります。

自分の英語が通じるか
英語圏で試す

 同校ではこれまでも、中3生を対象として1週間のオーストラリア語学研修を実施していましたが、2019年度から、選択制による3カ月留学を導入しました。このプログラムでは、9〜12月の約3カ月間、英語圏でホームステイをしながら現地の学校に通います。行き先はアメリカ、カナダ、ニュージーランドから選ぶことができます。初めての実施となった2019年には、カナダに約50名、ニュージーランドに約20名と、予想を上回る人数が参加しました(アメリカは来年度実施予定)。これには、生徒や保護者の海外体験への意欲の高まりがうかがえます。

 3カ月留学に参加する生徒は、長期間日本語が使えない環境に身を置いて英語をしっかり身につけたいという思いを抱いています。これまでの中学での学びからある程度の英語力は身につけているので、実際に現地の人とのコミュニケーションをとることができるのか、相手の話をしっかり聞き取れるのか試してみたいのです。

 また、ホームステイ先や現地校での学びやアクティビティを通して異文化に触れることもできます。

自立心の向上と
人間的な成長も狙いに

 3カ月留学の狙いは国際体験だけにとどまりません。中学校生活の終わりに近いこの時期に、親元を離れて生活することで自立心の向上を促し、人間的に成長をすることも狙いの一つです。

 家にいれば保護者が何でもしてくれるのでどうしても甘えが生じますが、他人の家で生活すれば、朝は自分で起き、時には食事の用意も自分ですることになります。自分を律する気持ちを育むことになるのです。

 3カ月の間には楽しいことばかりではないでしょう。つらいことや悲しいこともあるかもしれません。しかし、そのような経験もまた人間を成長させます。そしてそれが高校生になっても意欲的に学習に取り組もうとする姿勢につながります。

 2019年度に初めて3カ月留学に参加した生徒たちは、みな大きく成長して日本に帰ってきました。そして、それぞれの夢を描きながら学校生活を送っています。

※制度上は「語学研修」が正式名称となります。

将来必要になる
英語力を伸ばすために
3カ月留学を経験した生徒にインタビュー

――なぜ参加しようと思いましたか。

3カ月留学に参加した岩崎華林さん(カナダ)、永山未宙さん(ニュージーランド)、浅野幹太君(ニュージーランド)、木谷光希君(カナダ)(左から)。3カ月留学に参加した岩崎華林さん(カナダ)、永山未宙さん(ニュージーランド)、浅野幹太君(ニュージーランド)、木谷光希君(カナダ)(左から)。

永山さん
もともと英語力を伸ばしたいと1年間留学をするつもりでしたが、3カ月留学が始まることを聞いて、参加しました。

岩崎さん
海外の文化に触れてみたかったこと、将来的に英語は必要になると思ったからです。

木谷君
ネットの情報ですが、語学力が伸びるのは中学の時期だというのを見て、英語力を伸ばしたいと思いました。

浅野君
英語が好きで英語をもっと学びたいと思いました。

――留学し始めの頃は英語が通じましたか。

岩崎さん
はじめにホストファミリーに何が食べたいかを聞かれて、「ベジタブル」と言ったつもりだったのに、「サイドテーブル」だと思われました(笑)。

木谷君
少しは聞き取れると思っていましたが、聞き取りが追いつかなくて、かなり集中しないと聞き取れませんでした。

――現地の学校では、どんなことを経験しましたか。

浅野君
数学や理科などの教科を英語で学びました。内容そのものは日本より簡単でしたが、専門用語が出てきたりして、何をしているのか理解するのに苦労しました。

岩崎さん
カナダの学校の生徒は、授業中でもイヤホンで音楽を聞きながら理科の実験をしていたり、そのまま先生の問いに答えたり、自由だなと思いました。ハロウィンのときには、みんなで扮装をして授業を受けていましたし……。

永山さん
着いた翌日から現地の学校に行きました。最初は怖いなあと思いましたが、クラスメートは積極的に話しかけてくれました。こちらも話しかけてみるとみんなやさしい子たちばかりでした。最終日にはお別れパーティーをしてくれました。

――英語力は伸びましたか。

木谷君
カナダにいる時は気付きませんでしたが、日本に帰ってきて、オンライン英会話の相手がゆっくり話しているように感じました。

永山さん
現地の生徒たちが使っている英語がわかるようになりました。

――人間的にも成長しましたか。

岩崎さん
現地では掃除や食事の準備も自分でしていたので、自立できるようになったと思います。

浅野君
積極性が身につきました。イエスかノーかをはっきり言えるようになったと思います。

ホストブラザーの13歳の誕生日会。ホストブラザーの13歳の誕生日会。
ホストファミリーとゲームを楽しみます。ホストファミリーとゲームを楽しみます。
カナダで通った学校で。カナダで通った学校で。

(この記事は『私立中高進学通信2020年4・5月合併号』に掲載しました。)

淑徳中学校  

〒174-8643 東京都板橋区前野町5-14-1
TEL:03-3969-7411

進学通信掲載情報

【注目! News and Topics】英語漬けの3カ月留学※で英語力を高め人間的な成長も果たす
【グローバル特集 授業[コース]】『留学コース』で1年間の海外留学早慶ほか難関大合格を実現する英語力
【学校生活ハイライト】増上寺研修で心を見つめ直し大学受験と自らの生き方を決意
【未来を切り拓くグローバル教育】クラス全員が1年間留学『留学コース』で大きく成長
【SCHOOL UPDATE】海外語学研修 本物の英語力を身につけ異文化を体感する
【注目のPICK UP TOPIC!】英語圏への3カ月留学を実施し既存の英語教育をさらにパワーアップ
【注目のPick up TOPIC!】全国初の留学コースはTOEICスコア710の実力
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】学び合いでより深い理解と社会に出て役立つ力を養う
【SCHOOL UPDATE】体育祭 生徒中心の企画・運営により生まれる強い絆
【校長が語る思春期の伸ばし方】個性や失敗を認め、多様な価値観に触れさせ自立心と思いやりの精神を育てる
【こどもの自立を促す教育】グローバルな活躍をめざす留学コースの生徒が1年間の留学を終え比較文化発表会で成果を披露
【SCHOOL UPDATE】光輪祭 全員が有為な存在となり特技や才能を出しきる
【注目のPICK UP TOPIC!】中3生のオーストラリア語学研修旅行
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】中3生全員が卒業論文を10分間プレゼンテーション
【SCHOOL UPDATE】比較文化発表ICT教育 発信力と自主性を育む「留学コース」という選択
【未来を生き抜く学力のつけかた】きめ細かなプログラムで確かな学力と語学力を育み自ら考えて判断し発信できる能力を養う
【10年後のグローバル社会へのミッション】「淑徳フィロソフィー」が培う 利他共生の心と豊かな国際性
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】「共生」の心を学ぶオリエンテーション 自律を支える『今・未来手帳』
【めざせ 次代のグローバルリーダー】特筆すべき一年留学コース 語学力の先を見据えた教育を
【私学しゅん報】記念式典 留学コース創立25周年
【母校にエール!OGOB interview】みんな仲が良く個性を認め合う一緒にいて落ち着く場所でした
進学通信 2020年4・5月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ