Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2020年4・5月合併号

行ってきました!学校説明会レポート

開智日本橋学園中学校

「探究型学習」を肌で
感じられる授業体験会

国語の体験授業会の様子。

9月23日(月・祝)に学校説明会・授業体験会を開催。参加者たちがグループワークなどを通じて「探究型学習」を体感しました。

JR総武線・都営浅草線「浅草橋」駅やJR総武線快速「馬喰町」駅など複数の駅からアクセスできます。校舎は地下1階、地上8階の近代的な建物です。JR総武線・都営浅草線「浅草橋」駅やJR総武線快速「馬喰町」駅など複数の駅からアクセスできます。校舎は地下1階、地上8階の近代的な建物です。JR総武線・都営浅草線「浅草橋」駅やJR総武線快速「馬喰町」駅など複数の駅からアクセスできます。校舎は地下1階、地上8階の近代的な建物です。

 「自分で考え、判断し、主体的に行動する」を行動指針に掲げる同校。学びにおいても、教員から一方的に教わるのではなく、生徒自らが疑問を持ち、仮説を立て検証しながら自分なりの答えを導き出す「探究型学習」を推進しています。こうした学びを通して、生徒たちは思考を深め、創造力、探究力、コミュニケーション力を高めています。そんな同校の授業を実際に体験するための機会として、授業体験会が行われました。

 授業体験会では、算数、国語、理科、英語、社会科、哲学対話の6科が用意されていて、1人2科まで受講できます。

「本校の普段通りのやり方で授業を行い、かつ、小学生の皆さんが興味を持ち、楽しく取り組めるような題材を選んでいます」と広報部長の永峯弘一先生は話します。各教科とも、参加者は2~4名でグループを作り、グループ内で考えた答えを発表するスタイルの授業が展開されました。各教室には在校生が数名立ち合い、参加者をやさしくサポートしていました。

 説明会では、一円尚校長先生の教育理念のお話があり、さらに近藤健志教頭先生が「探究型学習」とはどういうものなのかをわかりやすく説明。こうした先生方のお話によって、保護者も理解を深めていたようです。

「こんにちは!」

教員や在校生が来場者の受付を担当。開演前から多くの来場者でにぎわっていました。

説明会
説明会のオープニングでは、中3女子がスピーチ。国内の貧困者を支援するために、10月の開橋祭(文化祭)で缶詰を寄付してほしいと呼びかけました。説明会のオープニングでは、中3女子がスピーチ。国内の貧困者を支援するために、10月の開橋祭(文化祭)で缶詰を寄付してほしいと呼びかけました。
説明会は一円尚校長先生のお話からスタート。同校の歴史や教育理念について、親しみやすい語り口で話されました。""説明会は一円尚校長先生のお話からスタート。同校の歴史や教育理念について、親しみやすい語り口で話されました。
高1女子が登壇し、「周りの意見に流されていた自分が、意見を持つようになった」というテーマでスピーチ。同校の授業やプログラムによって自分が成長できた経験談を話し、会場から大きな拍手を浴びました。高1女子が登壇し、「周りの意見に流されていた自分が、意見を持つようになった」というテーマでスピーチ。同校の授業やプログラムによって自分が成長できた経験談を話し、会場から大きな拍手を浴びました。

近藤健志教頭先生(右)から同校の「学び」について、さらに池田優剛教頭先生(左)から入試情報についての説明もありました。

授業体験会
英語

 初心者向けの「英語初心者」(下)と上級者向けの「英語GLC(※)」(左)の2クラスで授業を実施。「英語GLC」ではネイティブ教員によるオールイングリッシュで、4人1組でのグループワーク。英語初心者」クラスでは、よりゲーム性の高い課題が出されました。

※GLC=グローバル・リーディングクラス。帰国生やインターナショナルスクール卒業生など、入学当初から英語を指導言語として学習できる生徒のためのクラス。


数学

 ペアになって自己紹介(学年、名前、好きなアニメキャラなど)。その後、チーム対抗で「石取ゲーム」を行いました。「この学校は、みんなで協力して問題を解決する場面が多いです。算数も1人でやるのではなく、仲間と協力してほしい」と担当の先生。


理科

「ヘリウムガスの入った風船とトレイを、同時に落とすとどうなるか?」というお題が出され、予想とその理由を各自で考えました。参加した小学生は、一生懸命に考えて、プリントに解答を書いていきました。


国語

 4人ずつチームを組んで、お互いに自己紹介、それぞれのチーム名を決めて授業がスタート。「空欄に当てはまる漢字は何?」などクイズ形式で問題が出され、チームで話し合って一つの解答を出します。その正解数を集計して、チームで競い合いました。


社会科

 テーマは「歴史カルタで遊んでみよう」。4人1組のチームで、歴史上の人物の絵が描かれた札を集め、それらの人物の共通点は何かを発表しました。チームの仲間と積極的に話し合う小学生の姿も見られました。


哲学対話

 道徳の授業で行われている哲学対話。先生と生徒が車座になって、指定されたテーマについて自分の意見を述べていきます。この日は「どうやったら楽しく勉強できるか?」「ロボットが心を持つことはできるか?」などのテーマについて、さまざまな意見が飛び交いました。

 パンフレットやチラシ、2020年一般入試要項などが配付されました。パンフレットには、教育理念や学校生活、施設などがわかりやすくまとめられています。

(この記事は『私立中高進学通信2020年4・5月合併号』に掲載しました。)

開智日本橋学園中学校  

〒103-8384 東京都中央区日本橋馬喰町2-7-6
TEL:03-3662-2507

進学通信掲載情報

【行ってきました!学校説明会レポート】「探究型学習」を肌で感じられる授業体験会
【中1の始め方】生徒自ら運営することで身につく〈主体性〉
【未来を切り拓くグローバル教育】全クラスで導入「英語で学ぶ」授業
【中学入試のポイント】多彩な入試で主体的に学ぶ生徒を募る
【学校ってどんなところ?生徒の一日】国際社会で活躍する日をめざして仲間と楽しく切磋琢磨!
【私たち、僕たちが大好きな先生】めざすは“ラーニングエンジニア”生徒が学ぶために自ら学ぶ人でありたい
【校長が語る 思春期の伸ばし方】「共感」して行動する経験を重ね 自己肯定感と主体的に発信する力を育む
【制服物語】アイデンティティーを表現しながら上品さを兼ね備えた制服
【中学入試のポイント】多彩な入試で受験生の“一生懸命”を応援
【子どもの自立を促す教育】探究と対話重視の授業で発信力を高め 自主性が育つのをサポート
【熱中!部活動】100年以上の歴史を持つ伝統校の活気ある活動
【Students' Chat Spot】生徒主体の「探究型の授業」や実践的な英語教育を通じて国際社会を視野に入れた真の学力を身につける
【SCHOOL UPDATE】哲学対話 正解のない対話を通じて自ら問いかけ考える力を養う
【10年後のグローバル社会へのミッション】開智から引き継いだ探究型授業で21世紀型の人材を育成
【私学の先生から受験生へのアドバイス】受験生が“得意”を生かせる入試システム
【キャンパス歩き】水と緑に囲まれた環境を学びの空間として最大限に有効活用
【The Voice 新校長インタビュー】平和で豊かな国際社会を創造する グローバルリーダーを育てたい
進学通信 2020年4・5月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ