Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2020年4・5月合併号

熱中!部活動

麴町学園女子(麹町学園女子)中学校

和やかに、そして真剣に
楽しさを忘れず研さん

ソフトテニス部
強さとともに育まれる“自主性・道徳心”
部はにぎやかで楽しそうな雰囲気。「勝ちたい思いをみんなが持っているので、練習中は自ずと気持ちが切り替わります」(Oさん)

部はにぎやかで楽しそうな雰囲気。
「勝ちたい思いをみんなが持っているので、練習中は自ずと気持ちが切り替わります」(Oさん)

部員で話し合い、コートの出入り時にあいさつをするルールを設けました。「生徒の自主性を尊重しています」(石原先生)部員で話し合い、コートの出入り時にあいさつをするルールを設けました。「生徒の自主性を尊重しています」(石原先生)

 2020年度に創立115年を迎える同校。豊かな人生を自らデザインできる自立した女性を育てるべく、「聡明・端正」を校訓に掲げ、きめ細かな教育が行われています。

 強化指定クラブの一つ、ソフトテニス部は数々の実績を持つ由緒あるクラブ。顧問を22年間務める石原重之先生の元で12名の部員たちが日々汗を流しています。

「生徒たちの心の成長を重視しています。テニスよりも道徳的な話をする機会のほうが多いかもしれません」(石原先生)

 赤いユニフォームや、掲げられている「青春の当事者たれ」の旗。今に受け継がれている伝統は、部員たちが「引き継ごう」と自分たちで決めたものばかりです。一方で、コートに出入りする時のあいさつや、体幹を鍛えるために左手を使って食事するルールなどは今の部員から始めたことです。

「伝統をただ踏襲するのではなく、自分たちで考えて新たな部を作っていく意識を感じています」

自分たちで練習メニューを考えて自主的に練習をすることも。

E.Oさん(高2)
ソフトテニス部 部長 E.Oさん(高2)

 年上の人との関わりのなかで、強い緊張感を抱いたことがあります。その経験から、後輩に対する言葉遣いが高圧的にならないように意識するようになりました。勝ちたい気持ちも強いのですが、同時に楽しむ姿勢も大切にしています。来年度も多くの後輩が入ってくることが決まっているので、とても楽しみです。

■活動日/活動時間 月〜金/16:00~18:00
土/13:30~18:00
日/9:00~18:00
(朝練がある場合もあり)
■部員数 中1=2名 中2=4名
高1=5名 高2=1名
■主な実績 中学
・文部科学大臣旗・文部科学大臣賞状争奪選手権大会第30回全日本ジュニア大会出場
高校
・全国高等学校総合体育大会(インターハイ)個人・団体出場
・関東高等学校選手権大会 団体第3位
・国民体育大会 第3位
フェンシング部
経験者と未経験者が心ひとつに、練習に励む
中高一貫生と高入生が混じる私立校において、部活動は双方が親しくなるきっかけにもなっています。

中高一貫生と高入生が混じる私立校において、部活動は双方が親しくなるきっかけにもなっています。

 もう一つの強化指定クラブであるフェンシング部は、全員が2019年度に入部した生徒たち。和気あいあいと活動しています。

「部長のKさんが入学前から指導を受けていた草彅久志コーチに、今年度からご指導いただいています」(顧問/小山秀雅先生)

 フェンシングには「エペ」「フルーレ」「サーブル」の3種目があります。同校では昨年度まではフルーレを行っていましたが、今年度からは全部員が入れ替わったこともあり、草彅コーチとKさんの専門であるサーブルに一新。気持ちを新たに練習に励んでいます。

「学校見学会には、30人ほどの小学生が体験に来てくれました。新入部員の増加につながったらうれしいです」

「練習が始まると、生徒たちの目付きが変わるのがわかります」と、顧問の小山先生。みな真剣に取り組みます。

厳しすぎる上下関係はなく、雰囲気は終始和やか。厳しすぎる上下関係はなく、雰囲気は終始和やか。
 「基礎であり、大切なのは身体のバランスです。毎日確認するようにしています」(Kさん) 「基礎であり、大切なのは身体のバランスです。毎日確認するようにしています」(Kさん)
Y.Kさん(高1)
フェンシング部 部長 Y.Kさん(高1)

 高2の部員がいなかったため、先輩の引退を機に高1で部長を務めることになりました。唯一のフェンシング経験者でもあるため、教える立場としての難しさも感じながら、試行錯誤して日々練習に励んでいます。個人戦ももちろんですが、4名そろえば出られる団体戦でも結果を残せるよう、みんなでがんばりたいです。

■活動日/活動時間 月・火・木・金/16:00~18:00
土/13:30~15:00
■部員数 中1=5名 高1=2名
■主な実績 2018年
・第60回関東高等学校フェンシング選手権大会個人対抗・学校対抗 出場
2019年
・第61回関東高等学校フェンシング選手権大会学校対抗 出場
・インターハイ東京都予選個人対抗女子 サーブルの部 優勝
・インターハイ東京代表
・全国高等学校総合体育大会 フェンシング競技 サーブルの部 第3位
・第27回JOCジュニア・オリンピック・カップ・フェンシング大会 カデ部門女子サーブル 優勝

(この記事は『私立中高進学通信2020年4・5月合併号』に掲載しました。)

麴町学園女子(麹町学園女子)中学校  

〒102-0083 東京都千代田区麹町3-8
TEL:03-3263-3011

進学通信掲載情報

【熱中!部活動】和やかに、そして真剣に楽しさを忘れず研さん
【学校が変わる!改革私学】英語教育の思い切った改革で「英語の麴町」を実現高大連携にもつなげる
【行ってきました!学校説明会レポート】学園での“みらい”が描けるオープンキャンパス
【目標にLock On!! 私の成長Story】高校時代に書き上げた「みらい論文」が卒業後の人生の指針に
【私学の英語最前線】音声教育を重視した独自の英語学習プログラム
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】2019年度より中学に『グローバル』と『スタンダード』新たな2コース制を導入
【グローバル時代の学び方】日頃の成果を発揮し英語への自信を増す
【中学入試のポイント】適性検査型の『みらい型入試』を新設
【SCHOOL UPDATE】安河内哲也氏の英語大改革 “生きた英語”を体得
【その先に備えるキャリア教育】未来 時代に即したキャリア教育『みらい科』で、未来をつくる
【注目のPICK UP TOPIC!】広い視野を持つ女性を育てる「みらい科」
【SCHOOL UPDATE】VIVID Innovations 生きた英語を学べるアクティブイングリッシュ
【私学の光輝】次代を見据え、さらなる飛躍を 創立百十周年記念式典
【10年後のグローバル社会へのミッション】「使える英語」を駆使し多様な人々と協働できる女性に
【The Voice 新校長インタビュー】確かな伝統の上に躍動感を加えて次代に活かす「みらい型学力」を養成
【その先に備える キャリア教育】『みらい科』の授業を通じて主体性のある自立した女性をめざす
【全人教室│心を育む私学の授業】国際社会で発揮 日本人としての教養 華道・茶道を通じて女性のたしなみを学ぶ
進学通信 2020年4・5月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ