Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2020年2・3月合併号

ビジョン

立正大学付属立正中学校

先進教育委員会が改革を推進

ICT・グローバル教育を積極的に刷新
2016年度より貸与型でiPadを導入した同校。生徒たちはさまざまな教科で、オンライン教材を活用したり、共有機能を利用したグループ学習を行ったりしています。

2016年度より貸与型でiPadを導入した同校。
生徒たちはさまざまな教科で、オンライン教材を活用したり、
共有機能を利用したグループ学習を行ったりしています。

日蓮宗の教えを核に、豊かな人間形成を行っている同校。
2019年度から先進教育委員会が発足し、新たな教育改革に取り組んでます。

電子黒板、タブレット端末で
学びがグレードアップ

 日蓮宗の宗祖・日蓮聖人の『立正安国論』に基づき、「正しいことを立てて国を安らかにする=社会に有益な人材を育てる」ことを理念に教育を行う同校。Research(調べる)、Read(読み取る)、Report(表現する)の3つのスキルを伸ばす『R─プログラム』など、生徒の思考力を伸ばす取り組みを実施してきました。

 2019年度からは、先進教育委員会を立ち上げて、さらなる教育の改革を行っています。先進教育委員会には教科の枠を超えて15人の先生方が所属し、ICTやグローバル教育などを中心になって推進しています。

「今までは新たな提案があっても、部署ごとや学科ごとにバラバラに主導されていました。今後はこの委員会を中心に、学校としての方向付けをしていきます」

 と、先進教育委員長の杉山茂巳先生は言います。

 まずは第一弾として、ICTへの取り組みの改革が行われました。2016年から電子黒板とiPadの導入をスタート。ICT支援員も採用し、サポート体制を確立しました。

 当初は様子を見ながら授業に取り入れていく予定でしたが、すぐに活用され、2年ほどで中高の全教室に電子黒板が整備されました。全教員のパソコンには電子黒板のコントロール用ソフトがインストールされ、とくに主要5教科では電子黒板が積極的に使われるようになりました。

「パワーポイントの資料をそのまま電子黒板に投影できるので、社会科の授業ではとても助かっています。数学の授業ではグループウェア(※1)を活用し、iPadと連動させて協働学習を行っています。英語では音声学習でICTを活用。また、すべての教科で言えることですが、教員の板書の時間が短縮されたことは大きな効果です」

 教員が板書している時間は、どうしても生徒の集中力が途切れがちになるため、その時間を省いたことで生徒の興味も維持できるようになったといいます。

※1 グループウェア…ネットワークを用いて情報共有を行うツール。

先進教育委員会が
教員全体のアイデアを集約

 こうした取り組みは、今まではICTに強い教員が主導していました。今では先進教育委員会が主導し、導入を予定しているグループウェアを委員会で検討し、全教員に試用してもらっているそうです。現在は合計200台のiPadを生徒に貸与していますが、これからは1人1台が実現していくことを考えているそうです。

「電子黒板の時もそうでしたが、無理に導入してハードルを上げるのではなく、現場の教員や生徒からのニーズに合わせてボトムアップで積み上げていくようにしたいですね。すでにオンライン教材なども活用しています」

 2021年度には中学でデジタル教科書の導入も検討しているとのこと。先進教育委員会を中心に、ICT教育もますます活発になりそうです。

グローバル教育、探究学習も
学校全体で取り組む
先進教育委員長・英語科/杉山茂巳先生先進教育委員長・英語科/杉山茂巳先生

 先進教育委員会の取り組みの、もう一つの柱がグローバル教育です。希望制でイギリス、アメリカへの18日間の短期留学プログラムを実施していますが(※2)、中1と中3の希望者を対象とする福島県のブリティッシュ・ヒルズでの3泊4日の英語研修も、2017年度からスタートしています。この体験をきっかけに海外留学を希望する生徒が増え、保護者の関心も高まっているそうです。

 先進教育委員会がICT教育の推進だけでなく、グローバル教育全体についても扱うことになったことで、国内研修から海外研修、留学への流れもスムーズにサポートできています。

 また、学校全体で取り組む探究学習の情報収集・方向性の選定なども、先進教育委員会で行っていく予定です。

「今まではICTもグローバル教育も、詳しい教員が判断して行う、という形が多かったのですが、今後は先進教育委員会が検討して導入、という流れになります。各教科との連動や、現場のアイデアの吸い上げも、今まで以上にできるようになると思います」

 ICTや留学のシステムをやみくもに入れるのではなく、先生方への研修や検討などもしっかりと行い、一歩一歩改革を実施している同校。すべての取り組みを「生徒の成長にどうつなげるか」を主軸として捉え、時代に合わせた学びをつくりあげていきます。

※2 希望制の短期留学プログラムは、イギリス・プログラム、アメリカ・プログラムを隔年で実施しています。

先進教育委員会が進める改革
教員全員がICT研修を受講

「ICTを導入しても、『得意な先生だけが授業で使う』という状況では、生徒のレベルアップにはつながりません」と杉山先生。学校一丸となって取り組み、教員がまずしっかりと新しい教育を理解し、実践できるようになってはじめて、成果が出るという考えです。

 全教員がICTスキルを身につけられるよう、毎年行われるICT講習の受講を義務化。常に最新の使い方を学ぶことで、教員の活用レベルを全体的にアップさせています。

「ICT機器は、ただ使えばいいというものではないので、授業のポイントで効果的に使えるように全体のスキルをレベルアップしています。あとは各教科の先生方の腕の見せどころだと思います」(杉山先生)

先進教育委員会が中心となり
グローバル教育を推進
福島県のブリティッシュ・ヒルズでの英語研修。ネイティブ講師と英語のみのコミュニケーションを体験。福島県のブリティッシュ・ヒルズでの英語研修。ネイティブ講師と英語のみのコミュニケーションを体験。

 2017年度からスタートした福島県のブリティッシュ・ヒルズでの英語研修には中1・中3の希望者が参加。生徒たちにも人気の高い取り組みです。カリキュラムの質も高く、参加した生徒の英語へのモチベーションも上がります。

 中学での英語体験が高校での留学へのチャレンジにつながることも多く、先進教育委員会でのトータルなサポートに期待がかかります。今後は姉妹校締結や交換留学など、先進教育委員会で検討していきたいとのことです。

電子黒板の活用で
教えやすさもレベルアップ

 電子黒板を活用することで、各教科の指導効率もアップ。地図や資料などの掲示がしやすくなり、音声や動画を使った学習も積極的に行われています。また、生徒が1人1台使用するタブレット端末と連動させ、電子黒板に全員の答えを表示するなど、生徒同士の意見の共有もしやすくなりました。

電子黒板を活用し、全生徒の答えを映し出します。答えを瞬時に共有することで、的確な指導が行えます。電子黒板を活用し、全生徒の答えを映し出します。答えを瞬時に共有することで、的確な指導が行えます。
漢字の書き順をアニメーションで見せるなど、教員の工夫で生徒の興味・関心を引き付けています。漢字の書き順をアニメーションで見せるなど、教員の工夫で生徒の興味・関心を引き付けています。

(この記事は『私立中高進学通信2020年2・3月合併号』に掲載しました。)

立正大学付属立正中学校  

〒143-8557 東京都大田区西馬込1-5-1
TEL:03-6303-7683

進学通信掲載情報

【ビジョン】先進教育委員会が改革を推進
【熱中!部活動】凛とした雰囲気が漂う 弓道場で美しく弓を射る
【実践報告 私学の授業】朝の『コラムリーディング』で読解力、文章力を鍛える
【本音で語る保護者座談会】やさしい先生が子どもたちをしっかりと見守ってくれるアットホームな学校
【キャンパスのビジョン】“採光”をコンセプトにした陽光が差し込む新キャンパス
【熱中!部活動】バスケットの技術とともに礼儀や協調性、発信力を育む
【校長が語る自立へのプロセス】生徒一人ひとりと向き合い多様性を認めることが自立へと導く
【熱中!部活動】【高校女子バスケットボール部】一生ものの仲間とともに社会に出ても役立つ姿勢を学ぶ
【その先に備えるキャリア教育】行学 将来の夢や志につながる職業観を中1から育む
【親も楽しめる! 私学の保護者サークル】親子で学校生活を謳歌!7種類のカルチャー教室
【熱中!部活動】日々の練習を通して人間力を育む
【その先に備える キャリア教育】実践 段階的に積み重ねた知識を進路選択へのステップに
【Students' Chat Spot】「学びを深め(修学)、それを実際に行動で示すこと(修行)」のできる生徒の育成
【私学の光輝】日々の気づきから生まれた考えを正面から訴える 仏教主義学校連盟弁論大会
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】レベルの高い授業と生徒との個人面談でやる気を高め、着実に学力アップ! 第一志望の大学合格をめざす「特進クラス」
【The Voice 新校長インタビュー】生徒も教職員も楽しく通える学校を創りたい
【私学の光輝】お会式参拝
【その先に備える キャリア教育】夢に向かうための進路を選ぶ中学1年からのキャリア教育
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】6年後には大きくジャンプ 伸びしろを作るための基礎固め
ページトップ