Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2020年1月号

SCHOOL UPDATE

東京都市大学等々力中学校

等々力ICTフェア
ICT機器を駆使した
最先端の授業を公開

 「CLACルーム」で行われた、高1の情報の授業。教室内の前と左右の壁3面はホワイトボードを兼ねた横長のスクリーンになっており、前面に3台、左右に2台ずつプロジェクターが設置されています。

 「CLACルーム」で行われた、高1の情報の授業。
教室内の前と左右の壁3面はホワイトボードを兼ねた横長のスクリーンになっており、
前面に3台、左右に2台ずつプロジェクターが設置されています。

 ICTについて2015年度から研究を重ね、各種の機器を活用した最先端教育を推進する同校。電子黒板を全ホームルーム教室に設置するとともに、授業などでタブレット端末を使用するようになりました。2019年には全学年の生徒の手に1人1台のタブレット端末が行きわたりました。これらの機器を組み合わせ、生徒の考えや解答を教員と生徒間で共有できるようにしています。その目的についてICT委員の一員である鹿又裕毅先生に話を聞きました。

「黒板とチョークを使う時代は、教員が授業の準備をするのに時間がかかりました。しかし、ICTを活用すれば、プリントを印刷する手間もありません。データの送受信によってリアルタイムで双方向の授業ができるのです。余った時間をアクティブ・ラーニング型の授業にあてることもできますし、大学入試改革で求められる思考力や表現力、協働性の育成にも力を注ぐことができます」

 2018年には大型のスクリーンに囲まれたPC教室「CLAC(クラック)ルーム」も誕生しました。「CLAC」は「Classroom for Learning Actively with Crew Member」の略称。7台のプロジェクターが配置され、アクティブ・ラーニングやプレゼンテーションなどに使われています。

 こうしたICT機器を活用した授業を、教育関係者や保護者に公開する「等々力ICTフェア」が2019年11月2日に同校で行われました。2月の第1回に続き、今回で2回目の開催となります。

「さまざまな人たちの声に耳を傾けながら、常に一歩前に進んでいきたい。本校の教員はその意識を強く持っています。ですから、このフェアは本校の未来のための公開授業と言えます。来校した方々から貴重な意見をいただき、ICT化をさらに推進していきたいと考えています」

先進的な「CLACルーム」でアクティブ・ラーニング
考え方や答えを共有しながらグループワークを楽しむ
中1の地理の授業。班ごとにアフリカの国々への寄付金を募ることを想定したプレゼンテーション大会を行いました。いちばん多く資金を集めた班が優勝となります。中1の地理の授業。班ごとにアフリカの国々への寄付金を募ることを想定したプレゼンテーション大会を行いました。いちばん多く資金を集めた班が優勝となります。
中1の家庭科の授業。タブレット端末向け教育支援アプリ「ロイロノート」を活用して、クイズ形式で楽しみながら食品群別摂取量の目安について学びました。中1の家庭科の授業。タブレット端末向け教育支援アプリ「ロイロノート」を活用して、クイズ形式で楽しみながら食品群別摂取量の目安について学びました。
高1の物理では、小球やレールを使って、仕事と力学的エネルギーの実験をしました。レールの高さと移動距離の関係を、タブレット端末を使ってグラフにまとめます。高1の物理では、小球やレールを使って、仕事と力学的エネルギーの実験をしました。レールの高さと移動距離の関係を、タブレット端末を使ってグラフにまとめます。
中2の化学では、酸化銀の熱分解の実験をしました。実験の結果は撮影した写真を用いて班ごとにロイロノートにまとめて提出し、クラス全員で共有します。中2の化学では、酸化銀の熱分解の実験をしました。実験の結果は撮影した写真を用いて班ごとにロイロノートにまとめて提出し、クラス全員で共有します。
オンライン英会話の様子。ネイティブからマンツーマンでレッスンを受けているのは、高1から長期留学をする特選GLクラスの中3生たちです。オンライン英会話の様子。ネイティブからマンツーマンでレッスンを受けているのは、高1から長期留学をする特選GLクラスの中3生たちです。
タブレット端末を操作する生徒。「これからICT機器はさらに進化を遂げ、社会に出てからも、それらを使いこなす能力が必須となるでしょう」(鹿又裕毅先生)タブレット端末を操作する生徒。「これからICT機器はさらに進化を遂げ、社会に出てからも、それらを使いこなす能力が必須となるでしょう」(鹿又裕毅先生)

(この記事は『私立中高進学通信2020年1月号』に掲載しました。)

東京都市大学等々力中学校  

〒158-0082 東京都世田谷区等々力8-10-1
TEL:03-5962-0104

進学通信掲載情報

【SCHOOL UPDATE】等々力ICTフェア ICT機器を駆使した最先端の授業を公開
【未来を切り拓くグローバル教育】音読で4技能を磨き世界と未来に羽ばたく
【大学合格力強化計画】2019年春の入試で過去最高の実績を記録躍進を支えた3つの学習支援
【私学の英語最前線】音読を日々繰り返して英語の4技能を磨く
【キャンパスのビジョン】グローバル社会に向けてコミュニケーション能力を磨く
【校長が語る自立へのプロセス】困難に対して果敢に立ち向かえる強い心を育てたい
【中学入試のポイント】『算数1教科入試』を開始 多様な個性を集める
【SCHOOL UPDATE】留学・海外語学研修プログラム 世界と未来に向けて大きく羽ばたける人材を
【目標にLock On!! 私の成長Story】自分の言葉で自分の考えを伝える喜びを知り一歩前に出る力を身につけた6年間
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】グローバルリーダー育成のために アクティブラーニングで思考力や協働力を養う
【SCHOOL UPDATE】グローバル教育 二校間交流や長期留学によりグローバルリーダーを育成
【目標にLock On!! 私の成長Story】法律の知識を身につけて広く社会のために貢献したい
【10年後のグローバル社会へのミッション】視野を世界へと広げプリンシプル(信念)を持ったグローバルリーダーを
【SCHOOL UPDATE】最先端教育 未来を見据えてICTを導入 双方向型の授業を推進
【大学合格力強化計画】時間管理能力を養い学校生活を楽しみ難関大学現役合格へ
【めざせ 次代のグローバルリーダー】ノブレス・オブリージュの精神を持ったグローバルリーダーを育てるために
【私学の光輝】国際交流・海外研修
【On Going! 進歩する私学の注目情報】第2の教育改革に向けて 『GLプログラム』が始動 『S特選コース』も誕生
進学通信 2020年1月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ