Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2020年1月号

中学入試のポイント

文京学院大学女子中学校

生徒の個性を伸ばす“得意”を活かす新入試

創立当初から女子のキャリア教育に目を向け、100余年にわたり女子教育を担ってきた同校。素質や得意を伸ばし、学ぶ意欲を高める狙いで新入試を導入しました。
1教科で決まる『得意型文京方式』

 さまざまな得意分野を持つ生徒に入学してもらい、早い段階から素質や得意を伸ばしたいという思いから生まれたのが、同校の多彩な入試方式です。2020年はより得意分野を活かしたチャレンジができる新入試『得意型文京方式』がスタートします。それぞれの入試の特徴について、副校長の雨宮正典先生、教頭の佐藤泰正先生にうかがいました。

「これまで本校が実施してきたそれぞれの『思考力入試』や『インタラクティブ英語入試』に加えて、2020年は得意分野をより活かせる、1教科だけで合否を判定する入試を始めます。1教科だけでも学ぶ楽しさを味わうことができると、別の教科への好奇心も高まり、結果的にすべての教科の学びに結びつくと思うからです」(雨宮先生)

 同校がこれまで実施してきた『文京方式』は、国語と算数の2科目で受験、または、国語と算数にプラスして選択科目の理科、社会科、英語の各問題を見て、その中から得意な問題を選んで解答する入試形態です。

 この『文京方式』を継承しつつ、採点方法を変えたのが『得意型文京方式』です。国語と算数を受験しますが、2科目のうち、得点の高かったほうの教科得点を2倍にして計算し合否を決めます。得点の低かったほうの点数は加味されません。

「選択科目の問題は、各教科2題ずつの構成です。同じ教科から2題で解いてもいいですし、1題は理科、1題は英語というように、別々の科目を組み合わせて受けても結構です」(雨宮先生)

『インタラクティブ英語入試』は、英語のコミュニケーション能力で合否を判定する入試です。ネイティブスピーカーの試験官の先導で、アクティビティを行う試験と、英語による面接を実施する予定です。

「面接以外はグループで受ける試験です。昨年は試験の最中に周りの受験生の答え方を見ながら良い部分を学び、自分の答え方を成長させていく受験生も見受けられました。ネイティブ講師が上手に場を和ませてくれるので、リラックスして受けてください」(佐藤先生)

コース選択を見据えた『思考力入試』

 同校は早くから生徒の素質や得意を伸ばす教育を行うため、中2から「グローバル スタディーズ」「アドバンスト サイエンス」「スポーツ サイエンス」の3つのコースに分かれます。今年も実施される『思考力入試』は、このコース選択を見据え、3つの方式が用意されています。

『サイエンス思考力入試』は、入試で実際に実験を行って、実験の目的や結果の予想をし、結果からわかったことを解答用紙にまとめるという形式をとっています。この入試の面接では、実験で工夫した点、失敗した点などが聞かれ、受験者は口頭で面接官に説明します。

「実験がうまくいくかどうかではなく、一生懸命に考え、アウトプットする努力をしているかを見る入試です。
 実験がうまくいかなくても、それは失敗ではなく結果でしかありません。結果を受けて、どう感じ、どのような工夫が必要だと考えたかを表現してほしいのです」(雨宮先生)

『グローバル思考力入試』は、「強い日差しの国に行く時に必要な服装はどれか」など、世界に出る時に必要となる知識を問う問題が出題されます。

『スポーツサイエンス思考力入試』は、体育館で指示された活動を行い、そこからわかることをレポートにまとめる試験と、面接によって合否を決めていきます。

「大切なのは、自分の意見を伝える努力をしているかどうかです。何かに興味関心を持つことや、人に伝える表現ができる能力は、将来のキャリアにもつながると思います。その土台を中高時代にしっかりと築いていきたいですね」(雨宮先生)

(この記事は『私立中高進学通信2020年1月号』に掲載しました。)

文京学院大学女子中学校  

〒113-8667 東京都文京区本駒込6-18-3
TEL:03-3946-5301

進学通信掲載情報

【未来を切り拓くグローバル教育】インターナショナルスクールとの教育連携
【中学入試のポイント】生徒の個性を伸ばす“得意”を活かす新入試
【グローバル特集 授業[コース]】高大連携で取り組む『アジア研究』ワークショップ
【学校生活ハイライト】自主性を重んじる創作ダンスで学び取る協働と創造
【私学の校外学習・学外交流】「自立と共生」の実現へのステップとなる都電の旅 中1校外学習〜都電荒川線の旅〜
【行ってきました!学校説明会レポート】生徒主体で行われた「学校説明祭」部活動体験や制服試着も!!
【本音で語る保護者座談会】生徒一人ひとりを先生がきちんと見てくれているその安心感と信頼はかけがえのないものです
【目標にLock On!! 私の成長Story】中学も高校も生徒会長として悩んだからこそまた壁があっても乗り越えていけると思う
【みんな大好き キャンパス食堂】中学3年間は「給食」を実施 健康な心身を育む伝統の食育
【校長が語る 思春期の伸ばし方】教師は常に生徒に寄り添いながら6年間を共に学ぶという姿勢を貫く
【中1の始め方】創立の理念を受け継ぐ伝統教育が21世紀を生き抜く力を育む
【私学の光輝】文女祭
【グローバル時代の学び方】理系テーマから世界を考える
【SCHOOL UPDATE】SSラボ 教えることが学びになる小学生向け実験教室
【Students' Chat Spot】1年生の3人が希望するコースの授業内容や学校の魅力を紹介
【キャンパスのVISION】生徒が主役!アクティブに学び、考え 感動、発見をわかち合う
【授業発見伝】理数実験 探究心あふれる女性サイエンティストを育成
【On Going! 進歩する私学の注目情報】「好き」を「得意」に!キャリアを見据えた3つのコースを新設
【部活レポート】吹奏楽部/バスケットボール部
進学通信 2020年1月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ