Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2020年1月号

中学入試のポイント

品川女子学院中等部

発想力・表現力重視の
個性を育む入試を実施

「4教科型入試」「算数1教科午後入試」「4科目表現力・総合型入試」と、多彩な入試型を実施する同校。2019年冬からは、「帰国生入試」もスタートします。
大学入試改革を見据えた記述式入試

『自ら考え、自らを表現し、自らを律する』を教育理念とし、能動的に教養を高めて才能を伸ばし、生徒の夢を育てる個性的な教育を推し進める同校。中学入試においても"品女"ならではの、生徒の個性に寄り添う入試を行っています。

 従来の国・算・理・社の「4教科入試」のほか、論理的思考力や数学的に考える力を問う「算数1教科午後入試」、教科の枠を越えた記述解答式の「4科目表現力・総合型入試」を実施しています。

 なかでも「4科目表現力・総合型入試」は、大学入試制度改革を意識した入学後の新たな学習プログラムを見据えて、導入されました。教科の知識を実社会に応用する力を重視する大学入試改革の流れに沿って、多様な受験生の可能性を評価しようとしたものです。

「表現力・総合型入試は、解答がすべて記述式です。各教科の専任教員が密に相談し、算数、理科、社会科と複数教科の視点から解き明かせる問題を、完全オリジナルで作成しています。
 この入試形態を導入して2020年で5年目を迎えますが、探究型学習へのニーズの高まりとともに、年々、受験者数も増加しています」(副教頭・国語科/平川悟先生)

「4科目表現力・総合型入試で大切にしているのは、受験生それぞれの考え方と思考のプロセス、そして豊かな表現力です。社会科の観点から出題された問題も、理科の知識を駆使し解答する問題も、受験生の解答を多面的に見て評価します。
 表現力・総合型入試で入学した在校生の中には、本校での探究型の学びでさらに発想力を伸ばし、クラスのリーダーとして活躍する生徒が多くいます」(社会科/河合豊明先生)

「例えば算数に関する問題は、消費税など実社会とつながる身近なテーマを設け、楽しみながら解ける工夫をしています。どの設問も、問題文をどう理解し、どうアウトプットしているか、受験生それぞれのアプローチを評価対象としています」(進路進学指導部長・数学科主任/斉藤浩司先生)

「どの設問も、あくまで小学校で身につけた基礎学力を問うことが基本です。国語の作文問題や答えを文章で説明させる問題を多く出題していますが、採点基準を複数設けて段階的に部分点を与えるなど、合否判定が柔軟なところもこの入試型の特徴です」(教務部長・理科/石栗和宏先生)

英語の試験なしで帰国生入試を開始

 受験生への負担が少ないことで年々増加してきた算数1教科型入試も、注目を集めています。

「理系進学をめざす女子の増加に伴って採用したこの入試型は、来年で3年目となります。本校では英語は中2から、数学は中1の2学期から習熟度別授業を行っているので、入学後のフォローも万全です。数学力、論理力に特化した生徒は、その力を中学から存分に伸ばすことができます」(平川先生)

 さらに2019年12月には、新たに「帰国生入試」をスタートさせます。

「継続して1年以上、海外の小学校に在学していた者で、帰国後3年以内であることなどの条件はありますが、英語圏以外の帰国生にも広く門戸を開きます。入試問題に英語はなく、国語(読解・作文)と算数、受験生面接となります。

 帰国生入試は初の試みですが、本校はSGH(スーパーグローバルハイスクール)指定校として英語教育、グローバル教育に注力してきた歴史があるので、帰国生の受け入れ環境も整っています」(平川先生)

 2020年の入試期間は2月1日~4日です。

「4教科型は2月1日、2日の2回行い、1日午後の算数1教科型とともに入試日の夜に合格発表があります。2月4日の表現力・総合型入試は、当日朝でも出願することが可能です。諦めずにぜひチャレンジしてください」(平川先生)

(この記事は『私立中高進学通信2020年1月号』に掲載しました。)

品川女子学院中等部  

〒140-8707 東京都品川区北品川3-3-12
TEL:03-3474-4048

進学通信掲載情報

【中学入試のポイント】発想力・表現力重視の個性を育む入試を実施
【熱中! 部活動】自主性を大切に 個人の意見を尊重する
【未来を切り拓くグローバル教育】デザイン思考を実践する『シリコンバレー研修』
【実践報告 私学の授業】課題発見力・解決力を養う『CBL』の取り組み
【制服物語】生徒のアイディアを積極的に取り入れ誇りを持てる制服に
【The Voice 校長インタビュー】女性ならではのライフデザインを推進しさらなる確実な学力向上を図る
【その先に備える キャリア教育】実践 ビジネスにもつながる教育で時代に適応できる自立した女性に
【学校生活ハイライト】最大3週間のニュージーランド滞在 世界へと視野が広がる修学旅行
【中学入試のポイント】算数1教科入試を2月1日午後に新設
【グローバル時代の学び方】先輩から刺激を受けて留学が当たり前のことに
【中学入試のポイント】第1希望の生徒に門戸が広がった総合型試験
【学校生活ハイライト】“勝つぞ!”と学年に強い絆が生まれる学年対抗の体育祭
【10年後のグローバル社会へのミッション】社会で働くイメージに直結する 『デザイン思考』&『企業コラボレーション』
【熱中!部活動】茶道部/筝曲部 複数のクラブの兼部も可能! 礼儀作法も学びながらアクティブに活動
【目標にLock On!! 私の合格Story】恩師に憧れていた中高時代 夢がかなって母校の教員に
【めざせ 次代のグローバルリーダー】演技指導を取り入れた英語学習で世界標準のコミュニケーションスキルを身につける!
【キャンパス歩き】前向きで聡明な女性が育つ活気あふれるキャンパス
進学通信 2020年1月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ