Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2020年1月号

学校生活ハイライト

城北中学校

中高合同で『城北祭』を支える
生徒主体の「文実」が熱い!

大きな多目的ホールを使った鉄道研究部の展示発表。写真の巨大なプラレールをはじめ、発車メロディー当てクイズや運転シミュレーション体験などが注目を集め、2日間で延べ4,000名を超える来場者を記録しました。

大きな多目的ホールを使った鉄道研究部の展示発表。写真の巨大なプラレールをはじめ、
発車メロディー当てクイズや運転シミュレーション体験などが注目を集め、2日間で延べ4,000名を超える来場者を記録しました。

『城北祭』を陰で支える「文化祭実行委員会」(通称「文実」)は、自ら手を挙げた生徒たちで構成されています。その活躍には、部活動とはまた別の場所で成長する姿がありました。

成功も失敗も分かち合い
成長する文化祭実行委員会

 通算79回目の開催となった伝統の『城北祭』。2日間の開催期間中、来場者数が過去十年最高となる1万人超えを記録しました。今年度、文化祭実行委員会委員長を務めた柴田諒くん(高2)も胸を張ります。

「城北祭の当日を迎えるまで、文実が一つのチームとして団結できるよう努めました。想定以上の来場者をお迎えし、緊張感でいっぱいでしたが、無事故で乗り切れたことが一番の喜びです」

 城北祭は伝統的に中高生が仲良く協力し合いながら、企画から進行まで生徒主体で運営することを基本としています。今回の城北祭では、統一テーマを決めなかったのですが、柴田くんの言葉を借りれば、「一人ひとりの城北祭のイメージを表現することに徹したい」という思いからだったそうです。その表情からも強い責任感を持って臨んだことが理解できました。

「大人の目から見れば、『なぜもっとこうしないのか』というような場面も少なくありません。しかし、開催数日前には、彼らなりに問題を解決しているところに、たくましさを感じました。うまくいかなかったところは自分たちの失敗として、真摯に受け止める潔さにも立派なものがあります。生徒同士が学年を越えて切磋琢磨できるように、文化祭実行委員会の活動をしっかりと見守り続けていきたいと思います」(生徒会指導部長/杉町 剛先生)

青空を背景に巨大な横断幕が輝いていました。青空を背景に巨大な横断幕が輝いていました。
本番直前まで汗を流す文実のメンバーたち。本番直前まで汗を流す文実のメンバーたち。
アーチが完成し文実メンバーで記念写真。アーチが完成し文実メンバーで記念写真。
休む暇もなく縁日券を販売中!休む暇もなく縁日券を販売中!
生徒会主催のキャンパスツアーも大盛況。生徒会主催のキャンパスツアーも大盛況。
楽しい実験の数々を披露した化学部。楽しい実験の数々を披露した化学部。
座談会
課題があるから次に活かせる!
だから「文実」はおもしろい!
前列左から、渡邊くん、宮原くん。
後列左から、新野くん、柴田くん、神山くん。前列左から、渡邊くん、宮原くん。後列左から、新野くん、柴田くん、神山くん。

出席者
委 員 長/柴田 諒くん(高2)
縁日部門長/神山鷹揚くん(高2)
建築部門長/新野成彬くん(高2)
広報部門長/宮原堪爾くん(中3)
団体管理部門長/渡邊秀真くん(中3)

中3の広報部門長はツイッターでPR

柴田くん
今日は各部門長に集まってもらいました。まずは中学生の感想から聞きたいと思います。

宮原くん
広報部門長として力を入れたのは、全42ページのパンフレットです。印刷会社の人と打ち合わせをし、見積金額の検討にまで関わったので、とても勉強になりました。

 夏休み中には東武東上線沿線の駅や「小竹向原」駅に行き、駅員さんと交渉してポスターを貼らせていただきました。

柴田くん
宮原くんは城北祭のツイッターを立ち上げ、準備段階から小まめに写真や動画情報を発信してくれました。今年初めて来場者が1万人を超えた一因がそこにあると思っています。

宮原くん
ありがとうございます。

渡邊くん
僕は団体管理部門長を務めました。文化祭では机や椅子の大掛かりな移動が伴いますが、無事故で終われたのでホッとしています。

 表舞台に出ない裏方の仕事ですが、やりがいは人一倍感じることができました。できれば来年もまた文実を続けたいです。

高2の各部門長はやり切って“卒業”

柴田くん
高校生はどうですか?

神山くん
縁日部門長の神山です。縁日広場では毎年、飲食店の出店が恒例になっているので、事前に保健所から許可をいただかなくてはなりません。そのために提出する書類を各団体に依頼するのですが、これがなかなか集まらなくて苦労しました。

 でも期限までになんとか間に合わせることができました。これぞ土壇場に強い男子校のチームワークです(笑)。

新野くん
建築部門長の新野です。校舎に掲げた巨大な横断幕は、頼りになる後輩たちと一緒にがんばって作成しました。当日は晴天で青空によく映えるデザインだったと思います。

柴田くん
建築部門は今年、アーチの新作にも挑戦しましたね。

新野くん
土台から新設計したものですが、正直、アーチの出来映えには満足していません。その辺はきっと、後に続く中学生たちがリベンジしてくれると信じています。

柴田くん
僕自身も中3からずっと実行委員に加わり、先輩たちの代ではできなかったことを課題として毎回、挑戦してきました。今年の城北祭をもって残念ながら高2の僕らは文実を離れることになりますが、やり切った感はあります。

 これからは後輩たちの活躍を陰ながら応援したいと思っています。まだまだスタッフの人手不足感は否めませんので、我こそはと思う有志の参加をお待ちしています!

先生から一言
杉町 剛先生

 文実に手を挙げて入ってくる生徒のほとんどは、部活動にも入っています。かけ持ちで忙しいですが、どちらも手を抜かないところが立派ですね。中1から加わる生徒もいて、先輩たちと一緒に努力を積み重ねて育っていくところにも魅力があります。

 中3の渡邊くんも宮原くんもそんな生徒です。できればあと2年、高2まで続けてもらい、よりたくましく成長した姿を見せてほしいですね。

(この記事は『私立中高進学通信2020年1月号』に掲載しました。)

城北中学校  

〒174-8711 東京都板橋区東新町2-28-1
TEL:03-3956-3157

進学通信掲載情報

【学校生活ハイライト】中高合同で『城北祭』を支える生徒主体の「文実」が熱い!
【未来を切り拓くグローバル教育】コミュニケーション力を育てる3カ月留学
【大学合格力強化計画】環境を活かすのは自分次第 入試懇談会で継承する合格への原動力
【学校説明会REPORT】受験生、保護者が積極的に参加した中学入試説明会
【本音で語る保護者座談会】~PTAと生徒が焼く!おやじの焼きそば~ 親子の会話が増えました
【私学の校外学習・学外交流】テーマ決めから発表まで役割分担して自主的に活動
【目標にLock On!! 私の成長Story】東大の推薦入試合格に結びついた不断の努力と化学部での研究実績
【グローバル時代の学び方】3カ月(1月~3月)のターム留学を導入
【Students' Chat Spot】海外の生徒たちの積極性が刺激になりました。
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】ICT化を加速させ思考力・表現力・判断力を向上
【目標にLock On!! 私の成長Story】自主性と忍耐力を養った野球部 勉学と両立しながら難関大学に合格
【育ち盛り食事情 学食調べ隊】より充実した食堂に、育ち盛り食べ盛りの生徒たちも大満足!
【授業見聞録】理科 実験重視の理科教育により論理的に調べ、考察する力を伸ばす
【校長が語る 思春期の伸ばし方】思春期は社会に出て役立つ人間性を育み将来の道を自分で切り開いていく時期です
【目標にLock On!! 私の成長Story】野球部で育んだ“勝つための自信”を受験に活かして2名が東大に現役合格
【Students' Chat Spot】伝統校ならではの質実剛健さと男子校ならではの自主性、友情を育む
【熱中!部活動】スポーツに芸術に充実の施設でクラブ活動に打ち込む!
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】満足度の高い6年間の入口 必ず自分の居場所を見つけられる男子伝統校ならではの中1の取り組み
【目標にLock On_!! 私の合格Story】文武両道を実践した6年間 身につけた集中力と忍耐力で東大に現役合格
【注目のPICK UP TOPIC!】理科好きの「原石」を掘り起こす主体的な研究の成果『理科自由研究発表会』
【私学の光輝】城北祭
【Students' Chat Spot】積極性があって元気いっぱいの城北生
進学通信 2020年1月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ