Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏版学校情報検索サイト スクールポット中学受験版 - 首都圏版学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2020年1月号

私学の校外学習・学外交流

多摩大学目黒中学校

国際感覚を磨く第一歩として
最初の語学研修はイギリスへ

夏休み期間中の2週間、中学生の希望者が参加する語学研修です。
風光明媚なコッツウォルズ地方のストラウドに滞在する2週間。現地の先生や高校生と公園を散歩。

風光明媚なコッツウォルズ地方のストラウドに滞在する2週間。現地の先生や高校生と公園を散歩。

 英語スキルだけでなく、視野を世界レベルに広げてグローバル人財を育てることをめざす同校。ネイティブ教員が英語力と国際感覚を伸ばす教育と、6年間で最大5カ国を訪問する海外プログラムがあります。

 中3の2月から3月に行われる全員参加のオーストラリア修学旅行は、3年間の英語学習の集大成として、生徒一人ひとりが別々の家庭にホームステイをしながら、約2週間、現地の学校で語学研修に取り組みます。

 そのオーストラリア修学旅行に先駆けて行われるのが、中学生向けに夏休み期間中の2週間で行われる「イギリス語学研修」です。

「希望制で、中1から参加できます。基本的に1家庭に2人がホームステイをしながら、午前中は現地の高等学校のキャンパスで授業を受け、午後はアクティビティに参加します。最初の語学研修となるため、1家庭に2人が滞在し、協力してファミリーとコミュニケーションがとれるようにします」(国際交流担当・英語科/相良瑞穂先生)

 現地での授業は、イギリス英語の発音、スピーチの組み立て方、プレゼンテーションのスキルなどを学びます。また、イギリスの食文化や音楽など、文化について学ぶ機会もあります。生徒は最終日に行われるイギリス滞在を総括したスピーチの成功を目標に、練習に励みます。

イギリスの伝統文化に触れながら英会話のスキルを上げる

 まず最初にクラス分けのインタビューテストが行われ、その後、約10名のクラスごとに、現地の先生1名、サポートの高校生2~3名がつき、グループワークなどを重ねて、英会話スキルの上達をめざします。最終目標はスピーチ発表です。

「どの生徒もしっかり相手を見て、イギリスで学んだこと、文化の違いなど、感じたことを発表することができました」(英語科/田端裕司先生)

紅茶とお菓子を楽しむイギリスの食文化に触れます。紅茶とお菓子を楽しむイギリスの食文化に触れます。
クラス分けのためのインタビューテスト。クラス分けのためのインタビューテスト。
スコーン作り体験。焼きたての味は最高です。スコーン作り体験。焼きたての味は最高です。
授業は現地高校生のサポートも。授業は現地高校生のサポートも。
スポーツ交流会で現地の生徒と交流します。スポーツ交流会で現地の生徒と交流します。
最終日のスピーチの堂々とした発表が、語学研修での成果を物語ります。最終日のスピーチの堂々とした発表が、語学研修での成果を物語ります。
初めてのホームステイを安心して楽しめるように

 生徒は事前勉強会でホームステイに役立つ英会話やコミュニケーション方法を学びますが、プログラムの前提として、積極的に生徒に働きかけてくれるホストファミリーを厳選しています。

「中学に入ってから英語を学習し始めた生徒も参加するので、ホストファミリーの選択には十分配慮をしています」(田端先生)

2人でステイするため、言葉の壁も協力して乗り越えられます。2人でステイするため、言葉の壁も協力して乗り越えられます。
広々とした庭でホストファミリーとティータイム。広々とした庭でホストファミリーとティータイム。
授業と連動したアクティビティで学びを深める

 午後のアクティビティでは、授業を担当する先生がガイドを務めます。

「シェイクスピアの生誕地へ行く前には、シェイクスピアについての授業を受け、オックスフォード大学へ行く前には、その歴史のレクチャーを受けるので、生徒もただの観光ではない学びができました」(相良先生)

劇作家であり、詩人でもあるシェイクスピアについて学んだ後で、その生誕地を訪れます。劇作家であり、詩人でもあるシェイクスピアについて学んだ後で、その生誕地を訪れます。
オックスフォード大学では、同大学の学生もガイドを務めてくれました。オックスフォード大学では、同大学の学生もガイドを務めてくれました。
一人ひとりの希望に寄り添っています

 本校の特徴は、生徒と教員の距離が近いところです。一人ひとりと密接に関わり、その希望をかなえることを大切にしています。語学研修や留学も同様で、イギリス語学研修は本人の希望で1人でホームステイした生徒がいました。長期留学後に戻る学年も、受験までの期間を考え、元の学年にするか、1年下の学年にするか、本人の希望に沿うようにしています。(国際交流担当・英語科/ 相良瑞穂 先生)

意欲ある生徒にチャンスをつかんでほしい

 イギリス語学研修の参加は中学生で3回チャンスがあります。高校生は3週間のアメリカへの語学研修、1年間のアメリカ、カナダ、ニュージーランドへの長期留学、5カ月間のカナダへの中期留学、ニュージーランドへの2カ月間の短期留学など、いずれも希望制で、意欲のある生徒のために多くの機会を用意しています。
(英語科/ 田端裕司 先生)

写真左:国際交流担当・英語科/ 相良瑞穂 先生
写真右:英語科/ 田端裕司 先生

(この記事は『私立中高進学通信2020年1月号』に掲載しました。)

多摩大学目黒中学校  

〒153-0064 東京都目黒区下目黒4-10-24
TEL:03-3714-2661

進学通信掲載情報

進学通信 2020年1月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ