Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2020年1月号

私学の校外学習・学外交流

高輪中学校

自然や文化に接し
仲間との絆を強める智力の探究

自然体験学習・農工芸体験学習

宿泊行事で自然や文化に触れ、驚きや感動を仲間と分かち合います。
中2の農工芸体験学習では、カヌー体験をします。カヌーは2人の息が合わないとうまくこげません。協力することの大切さを学びます。

中2の農工芸体験学習では、カヌー体験をします。
カヌーは2人の息が合わないとうまくこげません。協力することの大切さを学びます。

 中1の自然体験学習と中2の農工芸体験学習は、ともに夏休み前に3泊4日の日程で出かけ、都会では味わうことのできない思い出を作る貴重な機会です。

 自然体験学習は、クラスメートと行く初めての宿泊行事。長野県上高地の散策を中心に、飯盒炊さんや入笠山への登山などを行い、日本の自然を肌で感じて学ぶことを狙いとしています。また、仲間と協働作業をすることで、絆を強めることも大切です。普段の生活の場を離れて自然と向き合うことで、生徒たちは新しい発見や深い感動を経験します。

 農工芸体験学習は、自然との触れ合いに加えて、ジャガイモ掘りや牛の乳しぼりなどの農作業や工芸体験をすることで、日本の産業や伝統的な文化に接します。農家や工芸家の方々から指導を受けるなかで、いろいろな話をうかがうなどして、コミュニケーションを深めることもできます。また、カヌー体験などでは、お互いに協力し合うことで一つのことを成し遂げる喜びを感じ、クラスの団結力が高まります。これらの普段はできない体験を通して、自分の興味・関心を広めることにもつながっていきます。

 こうした体験は、目に見える形ですぐに成長につながるものではありませんが、生徒の心の奥深くで成長を促すのです。

日本の自然や文化に触れるとともに協力することの喜びを知る
中1自然体験学習

 1日目は河口湖畔で飯盒炊さん。諏訪湖へも向かいます。2・3日目はクラスごとに上高地散策と時計館での時計作り体験および入笠山登山(雨天時は松本城・旧開智学校見学)をします。最終日は牧場で、乳しぼり、魚のつかみ取りなどの体験学習をします。

夏も涼しい上高地を散策します。夏も涼しい上高地を散策します。
上高地を登ります。上高地を登ります。
青空の下での食事は格別です。青空の下での食事は格別です。
力を合わせて火を起こし、カレーを作ります。力を合わせて火を起こし、カレーを作ります。
中1 緒方 直輝 さん

「飯盒炊さんでは、薪を組んで火を起こし、カレーを作りました。野菜を切り、ご飯を炊く作業は、班のメンバーと分担しました。ご飯は少し焦げてしまいましたが、とてもおいしく感じました。魚のつかみ取りでは、冷たい川に泳ぐニジマスを、僕はなんとかつかまえることができ、塩焼きにして食べました。」

中2農工芸体験学習

 福島県会津若松市に滞在、1日目はカヌーと自然体験をします。2日目は、現地の伝統工芸である会津絵ろうそく、会津塗蒔絵、陶芸、和菓子作り、赤べこ作り、切り絵の6種から選択して制作に挑戦します。3日目には、地元農家の方の協力で、農業体験をします。

陶芸体験では手びねりで湯呑などを作ります。陶芸体験では手びねりで湯呑などを作ります。
会津塗の蒔絵体験。繊細な工芸を学びます。会津塗の蒔絵体験。繊細な工芸を学びます。
畑でジャガイモ掘りを体験します。畑でジャガイモ掘りを体験します。
牛舎に入って乳しぼりの体験です。牛舎に入って乳しぼりの体験です。
中2 梅澤 芳季 さん

「1日目の桧原湖でのカヌー体験は初めての経験でしたが、爽快でした。最も印象に残ったのは、農業体験でのジャガイモ掘りです。2時間半ほどかけて、何千個ものジャガイモを掘りました。暑い中で大変でしたが、協力してできました。働いた後に、農家の方が準備してくださったそばの味は最高でした。」

体験の積み重ねが成長へつながる
入試広報部長/ 真壁 亨 先生入試広報部長/ 真壁 亨 先生

 本校では、中1で自然体験、中2で農工芸体験という校外学習を実施しています。中3の西日本探訪では、4泊5日の日程で沖縄に行き、離島で民泊をしながら、農業や漁業体験をします。中1・中2の体験学習は、中3の体験学習の予行演習とも位置づけられ、段階的に体験の幅を広げられるように配慮しています。

 高2になると海外学校交流へ全員が参加します。5泊6日、オーストラリアへ行きファームステイします。これらの体験学習を有機的に結びつけることで、6年間を通して学校行事による「智力の探究」が成し遂げられるのです。

 それぞれの体験はその瞬間に成長を感じられるわけではありませんが、それらを積み重ねることで少しずつ成長していくものと思います。

(この記事は『私立中高進学通信2020年1月号』に掲載しました。)

高輪中学校  

〒108-0074 東京都港区高輪2-1-32
TEL:03-3441-7201

進学通信掲載情報

【私学の校外学習・学外交流】自然や文化に接し仲間との絆を強める智力の探究 自然体験学習・農工芸体験学習
【Students' Chat Spot】互いの存在を認め合える先輩・後輩、先生と生徒の絆が強い学校です
【私たち、僕たちが大好きな先生】日本語しか使わないのはすごくもったいない 英語が読めればたくさんの情報を得られます
【学校ってどんなところ?生徒の一日】自らを磨き、社会に出てからも成長し続ける人間になるための土台を作る
【グローバル時代の学び方】海外体験学習が育む自己実現力と英語力
【私たち、僕たちが大好きな先生】身近な話題や楽しい舞台劇にして作品に対する興味を引き出す
【熱中!部活動】【バドミントン部】仲間と厳しい練習に挑み人として成長する
【6年間の指導メソッド】体験学習と堅実な教科学習が土台を作る
【熱中!部活動】【吹奏楽部】音楽を愛する仲間たちが音楽の魅力を発信
【Students' Chat Spot】「自主堅正」の校訓のもと、自分の意志で判断し、その行動に 責任が持てる生徒を育成
【Students' Chat Spot】「自主堅正」の校訓のもと自分の意志で判断し行動に責任が持てる生徒を育成
【熱中!部活動】理科研究部 理科への興味・関心と探究心が論理的に考察する力に!
【目標にLock On!! 私の成長Story】学校が好き、人が好き、理科が好き “好き”を集めた夢がかなって母校の教員に
【その先に備える キャリア教育】国内外での体験学習を通じて人間性を育み、可能性を広げる
【部活レポート】中学バスケットボール部
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】学年中のどんな生徒にも 必ず活躍できる場があり 大きく成長する瞬間があります
進学通信 2020年1月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ