Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2020年1月号

学校生活ハイライト

淑徳SC中等部

生徒全員が主役!
みんなで作り上げる『なでしこ祭』

なでしこ祭の期間中、キャンパスに隣接する浄土宗のお寺である傳通院の本堂に、同校の生徒と同院の僧侶がともにおもてなしをする『Bozu Cafe』がオープン。夏には盆踊り大会『BONFES』を共催するなど、傳通院と同校が連携を図り、地域の人々と活発に交流をしています。同校の生徒たちを、先生方はもちろん、傳通院と文京区小石川の地域の人々も見守っているのです。

なでしこ祭の期間中、キャンパスに隣接する浄土宗のお寺である傳通院の本堂に、
同校の生徒と同院の僧侶がともにおもてなしをする『Bozu Cafe』がオープン。
夏には盆踊り大会『BONFES』を共催するなど、傳通院と同校が連携を図り、
地域の人々と活発に交流をしています。
同校の生徒たちを、先生方はもちろん、傳通院と文京区小石川の地域の人々も見守っているのです。

今年のテーマ『A Whole New World』のもと、一人ひとりが豊かな感性を発揮!
生徒それぞれのパワーを結集し、華やかに彩られた『なでしこ祭』を取材しました。

さらに楽しい学校を
自分たちの手でつくろう!

 ナデシコの花をかたどった校章にちなんで、『なでしこ祭』と称されている同校の文化祭。今年は、“まったく新しい世界”を意味する『A Whole New World』というテーマが掲げられました。

「テーマには、“新しいことに挑戦し、自分たちの手で新しい時代を作っていきたい”という生徒たちの思いが込められています。生徒会を中心に、生徒主体で協力し合って作り上げたのが今年のなでしこ祭です。
 クラスや団体ごとに競い合ったり、互いの企画を楽しんだりといった閉じた文化祭ではなく、全員が団結して学校全体を盛り上げ、地域の方々や来場者をおもてなしする開かれた文化祭であるという点に、本校らしさが表われていると思います」(入試広報部部長/安藤佑太先生)

「本校では、1クラス約20名という少人数ならではの利点を活かし、『新キャリアプロジェクト』(※)など、新たな教育に取り組んでいます。なでしこ祭にはこうした普段の学びを活かした展示や企画が数多くあり、クラスの枠を越えて協力し合い、主体的に勉強や行事に打ち込む生徒たちの姿勢を感じ取っていただけると思います。
 生徒同士で協働しながらも、美術が得意な生徒が中心となって装飾やデザインをするなど、一人ひとりが才能や個性を存分に発揮しています」(入試広報部/保延今日子先生)

※新キャリアプロジェクト…2019年度の高1からスタートしたプログラム。チームで取材・Webマガジンの記事制作・発信などを行い、これを通してSNSマナーはもちろん、チームで社会への理解を深めています。生徒一人ひとりの能力を引き出し、進路・職業選択をデザインする学びを特徴としています。

明るく開放的なセミナールームで、演奏を披露した吹奏楽部。
「少人数教育の本校では、部員数が少ないので全員にスポットライトが当たります。
吹奏楽部は一人で一つの楽器やパートを担当しなくてはなりません。
だからこそ、責任感や自立心が育まれていくのです」と安藤先生。

同校では食や農業、食生活との関わりについてのプロジェクト学習など、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」(※)に基づいた探究学習を積極的に行っています。なでしこ祭では、その成果が展示されていました。こうした探究学習が評価され、同校は昨年「ユネスコスクール」への加盟が承認されました。同校では食や農業、食生活との関わりについてのプロジェクト学習など、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」(※)に基づいた探究学習を積極的に行っています。なでしこ祭では、その成果が展示されていました。こうした探究学習が評価され、同校は昨年「ユネスコスクール」への加盟が承認されました。
華道部は、池坊いけばなを学ぶ高校生が3人1組で花を生けるコンクール「Ikenobo 花の甲子園2019 関東南大会」で優勝した実力派。この日は生け花体験を開催。注目校の生け花が体験できるとあって、多くの来場者でにぎわいました。華道部は、池坊いけばなを学ぶ高校生が3人1組で花を生けるコンクール「Ikenobo 花の甲子園2019 関東南大会」で優勝した実力派。この日は生け花体験を開催。注目校の生け花が体験できるとあって、多くの来場者でにぎわいました。

※持続可能な開発目標(SDGs)…2015年に国連で採択された、2030年までに達成すべき17の国際社会共通の目標。SDGsは「Sustainable Development Goals」の略称。

笑顔で来場者を歓迎してくれた生徒たち。「活躍する一人ひとりのイキイキとした表情にぜひ注目していただきたいです」と保延先生。笑顔で来場者を歓迎してくれた生徒たち。「活躍する一人ひとりのイキイキとした表情にぜひ注目していただきたいです」と保延先生。
>元気いっぱいのダンスで会場を盛り上げたダンス&チア部。会場となったセミナールームは満席状態でした。元気いっぱいのダンスで会場を盛り上げたダンス&チア部。会場となったセミナールームは満席状態でした。

淑徳SC(Successful Career)という校名にも込められているように、
同校が力を入れているキャリア教育についての展示も、来場者の関心を集めていました。

女子校ならではの繊細な装飾、工夫を凝らした企画・展示・模擬店、
そして明るく気さくな生徒たちのおもてなしがなでしこ祭を華やかに彩りました。

(この記事は『私立中高進学通信2020年1月号』に掲載しました。)

淑徳SC中等部  

〒112-0002 東京都文京区小石川3-14-3
TEL:03-3811-0237

進学通信掲載情報

【未来を切り拓くグローバル教育】画期的な英語教育に特化『GSCコース』誕生
【学校生活ハイライト】生徒全員が主役!みんなで作り上げる『なでしこ祭』
【グローバル特集 授業[学校生活]】ユネスコスクール加盟を経てカリキュラム改革を推進中
【学校が変わる! 改革私学】ユネスコスクールに加盟が決定 社会的課題と「生き方」をつなげる SC独自のキャリア教育
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】超小型PCで本格的なプログラミング学習 AI時代を担う人材を育成する
【熱中!部活動】感動を分かち合う仲間がここにいます!
【SCHOOL UPDATE】海外の文化を体験し互いに尊重し合うことの大切さを知る
【SCHOOL UPDATE】第125回「なでしこ祭」開催 誰もが主役になる!みんなで盛り上がる文化祭
【子どもの自立を促す教育】伝統ある少人数教育と仏教の教えから学ぶ「自律」 新たな取り組みを加え長い目でライフプランを設計
【Students' Chat Spot】少人数で、みんな仲良し♪アットホームな学校です。
【キャンパスのVISION】贅沢な空間作りで開放感を実現 メイン階段が生徒を出迎える
【目標にLock On!! 私の成長Story】自分で考え、主体的に学ぶことが夢を叶える第一歩につながった
【その先に備えるキャリア教育】凛然 女性の特性に向き合い「よりよい生き方」を考える
進学通信 2020年1月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ