Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2020年1月号

実践報告 私学の授業

世田谷学園中学校

生物への理解を深め
命の尊さも知る解剖の授業

ICTを活用し、イカの解剖を撮影して記録
イカの筋肉を解剖バサミで切り、クチバシ状の口を摘出。その様子をiPadで動画撮影します。画像を拡大できるので、より細かい部分まで観察できます。

イカの筋肉を解剖バサミで切り、クチバシ状の口を摘出。その様子をiPadで動画撮影します。
画像を拡大できるので、より細かい部分まで観察できます。

2019年度から中学生全員にiPadを配布

 お釈迦様の言葉「天上天下唯我独尊」に基づく「Think&Share」の精神のもと、学力の向上だけでなく、人間としての成長を大切にする同校。2019年度から中学生全員にiPadを持たせ、教育のICT化を推進しています。取材した理科の実験では、iPadを使うことで解剖後のレポートに役立てるなど、活用が進んでいました。理科を担当する古見高広先生は、次のように話します。

「理科では、夏休みの自由研究のレポートを途中経過も含めてiPadを使い、教員と生徒で共有しました。リアルタイムで生徒の進捗状況がわかり、アドバイスもスムーズにできるところが利点だと思います。
 授業では、プリントなどの教材をiPadへ配信したり、実験や解剖で学んだことを文字だけでなく画像、動画として記録させレポートとして提出させたりして活用しています。
 iPadを使う大きなメリットは、膨大なデータを保存できることにあります。これからの大学入試では、eポートフォリオの提出が求められます。eポートフォリオは、生徒の探究活動や課外活動、資格などの実績を蓄積していく必要があるため、iPadで作成したデータが役立ってくることでしょう」

実験で学ぶ命の大切さ

 取材当日は中1生40名がスルメイカの解剖に挑戦。1学期に学んだ生物の体のしくみについて、実物を手にすることでより深く理解するとともに、命の尊さも知りました。

 授業はまず、古見先生がプロジェクターを使って解剖の目的やポイントを説明。同時にiPadにもイカの画像が映し出されます。

「イカの腕にはタコと違って、角質環というギザギザした吸盤があります。これで獲物をしっかりとつかむのです」

 続いて古見先生が解剖手順を実演。実験用の台にiPadを固定し、先生の手元を大型モニタに拡大して映すことで、生徒全員がどの席からでも手順とポイントが理解できるように工夫されています。

「エラや心臓を観察したら、スポイトの先をイカの口の奥まで入れて、醤油を注入してみてください。食道から胃まで醤油が入っていく様子が、色で確認できます。慎重に行えば、肛門まで醤油が入ります」

 実演が終わると、4人1組になって解剖に移ります。集中する生徒たちに感想を聞くと、こんな声が返ってきました。

「イカの目から取り出した水晶体が美しく、生命の神秘を感じました」

「実物に触れることで、1学期に学んだ知識が腑に落ちました」

 解剖が終わった後、水洗いしたイカを調理し、生徒たちが食します。与えられた命を大切にして、自然の恵みに感謝する同校の教えは、授業の中にも表れています。

撮影した動画は、解剖後のレポートに活用

解剖の様子はiPadで撮影して、解剖後のレポートに添付。 画像や動画を生徒同士で共有することもできます。

Step 1目的を説明

 今まで学んできたことを振り返りつつ、イカの形態と確認すべきポイントについて説明がありました。


Step 2解剖の実演

 イカの腕の構造や口、眼球について解説を加えながら、古見先生が解剖していきます。先生の手技を収めようと、iPadを手に撮影を始める生徒もいました。


Step 3いよいよ解剖へ

 生徒は4人1組で解剖にあたります。解剖する生徒、撮影する生徒と役割分担しながら、順番に作業していきます。


Step 4内臓の観察

 イカの腕についている「角質環」を観察した後、イカの胴を開きます。胴にはホック状の軟骨があることも、解剖しないとわからないことの一つ。


Step 5水晶体の観察

 イカの眼球を摘出します。この眼球を注意深く開いて、透明な水晶体を取り出します。水晶体はレンズの役割をするため、新聞紙の上に置くと文字が拡大されることがわかります。


Step 6寄生虫の観察

 イカに寄生するニベリニアとアニサキスを観察。ニベリニアは食べても無害ですが、アニサキスは生で食べると危険です。写真はiPadで拡大して写したニベリニアです。


Step 7命をいただく

 解剖終了後は、イカを醤油で味付けして炒め、生徒みんなでいただきます。解剖の時の真剣な表情とは違い、そのおいしさに生徒たちは満面の笑顔。

ココも注目!
命をいただく大切さを授業を通して学ぶ時間
理科担当/古見高広先生理科担当/古見高広先生

 イカの解剖は中1の1学期に学んだ「生物の体のつくり」の集大成。内臓のつながりや眼球の構造などを、実体験と共に学ぶことができました。解剖した後のイカは、焼いて生徒に食べてもらいます。

 本校では与えられた命を大切に、自然の恵みに感謝し、幸せと平和な社会に向かって一歩踏み出す教育を大切にしています。食事の前に『いただきます』というように、私たちは生き物から命をいただいて生かされています。感謝する気持ちを理科の授業という学びの場でも抱いていてほしいですね。

(この記事は『私立中高進学通信2020年1月号』に掲載しました。)

世田谷学園中学校  

〒154-0005 東京都世田谷区三宿1-16-31
TEL:03-3411-8661

進学通信掲載情報

【実践報告 私学の授業】生物への理解を深め命の尊さも知る解剖の授業
【学校生活ハイライト】主体性や協働性を発揮する機会創出の体育祭・獅子児祭
【注目! News and Topics】仲間との強い絆が、高い目標と努力を継続する力を生む
【校長が語る 自立へのプロセス】自らの智慧と足でたくましく生きる人材を育成
【行ってきました!学校説明会レポート】ワクワクドキドキの“ミステリーツアー”で受験生に勉強のスイッチを入れる
【注目のPICK UP TOPIC!】毎年4月実施のオリエンテーションは自立へ向かう生徒たちの“はじめの一歩”
【グローバル時代の学び方】グローバル人材を育てる多彩なプログラム
【SCHOOL UPDATE】体育競技会から『体育祭』へ 学年の壁を越え喜びを分かち合うために
【中1の始め方】1泊2日のオリエンテーションが自立へのきっかけと仲間づくりに
【私学の光輝 】早朝坐禅会 静かに自身と向き合う中で知性を智慧へと昇華させる
【グローバル時代の学び方】実体験を通して視野を広げる
【Students' Chat Spot】仏教の教えのもと、学力の向上、人間的な成長を大切にした教育
【SCHOOL UPDATE】入試説明会 世界へ目を向けて真の学力を伸ばす6年間
【校長が語る 思春期の伸ばし方】知性に慈悲と勇気を加えて「智慧」を生む
進学通信 2020年1月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ