Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏版学校情報検索サイト スクールポット中学受験版 - 首都圏版学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2020年1月号

学校生活ハイライト

狭山ヶ丘高等学校付属中学校

本物に触れる機会を通じて
日本の歴史と文化に興味を持つ

なかなか間近に見ることのできない蒸気機関車を前に、鉄道に興味のなかった生徒も、思わず目を輝かせます。

なかなか間近に見ることのできない蒸気機関車を前に、
鉄道に興味のなかった生徒も、思わず目を輝かせます。

豊かな人間性を育み、「本物に触れる」教育を重視する同校。中3で実施する4泊5日の修学旅行においても、じっくりと本物に向き合う時間を大切にしています。

実際に体感することで
興味・関心をさらに高める
1日目は、新幹線で東京から名古屋に向かい、まず名古屋城を見学しました。生徒たちは、歴史の重みに思いを馳せていました。1日目は、新幹線で東京から名古屋に向かい、まず名古屋城を見学しました。生徒たちは、歴史の重みに思いを馳せていました。

 中3の修学旅行は、「文化遺産に触れることで日本の歴史や文化に興味を持つ」「社会性や協調性を身につける」の2つを目標に実施しています。今年は、名古屋や奈良、京都で寺社や博物館を巡り、日本の歴史や文化に対する興味・関心をさらに深めました。

 まずは事前学習として、生徒はインターネットなどを使い訪問先について調べます。班行動となる京都ではタクシーを利用し、運転手の方がガイド役に。自由行動となるため、事前の予定表作りにも熱が入りました。

「博物館や寺社を訪ねる旅は、教科書で学んだ歴史の舞台などを、自分たちの五感を使って学ぶ良い機会です。
 また、京都では京都大学の吉田キャンパスや京都大学総合博物館を訪れる時間も作りました。大学の専門的な学びを間近に感じることで自分の将来を考えるきっかけになったと思います」(中3担任/丸山雄治先生)

 楽しい時間を過ごした旅行後は、総合的な学習の時間を利用して、印象に残ったことや反省点、改善点などを振り返ります。

「お寺についてもっと調べたいと思ったなど、歴史に対する興味・関心が高まった生徒が多かったですね」

 本物に触れる時間が、生徒の豊かな知識と人間性を育み、将来を考えるきっかけづくりに大いに役立ちました。

名古屋ではリニア・鉄道館も訪れました。歴代の新幹線や在来線の実物車両、超電導リニアモーターカーなどを見学します。名古屋ではリニア・鉄道館も訪れました。歴代の新幹線や在来線の実物車両、超電導リニアモーターカーなどを見学します。
奈良の法隆寺では、日本最古の五重塔などを見て、飛鳥時代の歴史を感じることができました。奈良の法隆寺では、日本最古の五重塔などを見て、飛鳥時代の歴史を感じることができました。
世界遺産として登録された東大寺の大仏殿も訪れました。世界遺産として登録された東大寺の大仏殿も訪れました。
日本の産業技術史について学べるトヨタ産業技術記念館を訪れました。シンボルとなっている環状織機の前で。日本の産業技術史について学べるトヨタ産業技術記念館を訪れました。シンボルとなっている環状織機の前で。
どの訪問先でも、事前学習で調べたメモをもとに、実際に気が付いたことを書き加えます。どの訪問先でも、事前学習で調べたメモをもとに、実際に気が付いたことを書き加えます。
海外で多様な歴史や文化に触れ
視野を広げる
ハワイ修学旅行では、ポリネシア・カルチャー・センターを訪れて、日本とは異なる文化に接します。ハワイ修学旅行では、ポリネシア・カルチャー・センターを訪れて、日本とは異なる文化に接します。

 高校の修学旅行では、海外を訪れます。今年はハワイ。2020年度はイギリス、フランスを訪問先として予定しています。

 ハワイでは、現地の大学生とともに観光名所を訪ねたり、先住民であるポリネシア人の文化に触れたりする機会があります。また、日本と関係の深い地域を訪れ、日米間の歴史について考える時間も。

 高校生のうちに異文化に触れることで、生徒たちの視野が広がっていきます。

(この記事は『私立中高進学通信2020年1月号』に掲載しました。)

狭山ヶ丘高等学校付属中学校  

〒358-0011 埼玉県入間市下藤沢981
TEL:04-2962-3844

進学通信掲載情報

進学通信 2020年1月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ