Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2020年特別号

コロナに負けない!私学のアクション

市川中学校

自由な発想で生徒を励ます
先生たちの挑戦

 新型コロナウイルス感染症拡大防止対策による突然の休校に、多くの学校が手探り状態での対応を求められました。同校でも約3カ月間にわたる休校期間中は、先生方が試行錯誤しながら授業や課題の配信などの対応を進めてきました。それに加え、生徒たちができるだけ前向きに過ごせるように、自由な発想で情報発信に力を注いだ先生たちがいます。

学ぶ権利を最大限保障
規律の面も学校が担う
中3学年主任/吉田康彦先生中3学年主任/吉田康彦先生

 吉田康彦先生(中3学年主任)と藤野賢治先生に、中3生への対応を中心に、休校期間中の取り組みについてうかがいました。

「中3では、学ぶ権利を最大限保障するために、4月からクラウドサービスを使って、課題と授業動画のオンデマンド配信を始め、さらに担任はZoomを利用して個別面談を実施し、各自の様子を把握するようにしていました。休校が長引くことになり、5月からはZoomを使ったライブ授業を行いました。中学段階では規律の面も学校が担う必要があるので、HRとライブ授業を組み合わせた時間割を組み、教員と生徒、生徒同士が決まった時間に顔を合わせ、双方向につながる時間をとるようにしました。オンデマンド配信は、4月と同じペースで続けました。私たちも不慣れな中、教員それぞれが持っている知見を共有し、いずれ学校が再開される日に、学習面でも精神面でもスムーズに学校生活に戻れることを最大の目標とし取り組んできました」(吉田先生)

「生徒たちも準備ができていない状態でオンライン授業に取り組まなければならず、学校に行けないことでストレスや不安を感じていたはずです。学校が始まってからは、例年以上に学習面の指導には力を入れています」(藤野先生)

「オンライン授業は、対面で行う授業には代えられません。休校期間中に動画で指導した内容をやったことにはできません。6月からの授業再開後には、休校期間中に作成したコンテンツを使用したり、反転授業を展開するなど、効率的に授業を行うことにつながりました」(吉田先生)

「生徒の皆さんは、ライブ授業も協力的に参加してくれましたし、再開後も通常より長い7月末まで、学校生活を元気に楽しそうに過ごしてくれました」(藤野先生)

「生徒、保護者、教員によるアンケートの結果を参考に、ライブ授業とオンデマンド配信のベストミックスはどの程度なのかを検証するなど、休校期間中の取り組みから得られた知見は、再び休校となった場合の備えとなりました」(吉田先生)

先生たちの姿から
学んでほしいこと
藤野賢治先生藤野賢治先生

 学校からの連絡事項などは、当初Classiを利用して文章で配信していましたが、休校の延長が続き、生徒と対面で会えない期間が長引く中で、きちんと生徒に伝わっているだろうか、生徒たちはどんな思いで過ごしているだろうかと考えるうちに、さまざまな形で教科書指導以外の日々の連絡等の情報発信をするようになっていったそうです。

「私はラジオが好きで、よく聴いています。そこから流れてくる音楽や語り手の声は、なにか作業をしながらでも、すっと耳に届いてきます。そこで、ラジオのように音声での情報発信を始めたのです。
 さらに、動画制作にも力を入れるようになっていきました。生徒や保護者にとって馴染みのあるテレビ番組の構成を参考にして、学校で撮影した画像に音声やBGMを入れて、オリジナルの動画を制作し、生徒たちに動画コンテンツを楽しんでもらった上で、連絡事項を伝えるという構成にしました。生徒を励まそうと教員たちも出演し、一致団結して番組制作をしました」(藤野先生)

「10分程度の動画ですが編集に4時間かかることもありました」と楽しそうに当時を振り返る藤野先生は、生徒たちへの思いを次のように話します。

「休校期間中は、一つのことを集中して行う時間がたっぷりありました。非常時だからこそ、普段は思いつかない創意工夫をして物事を楽しむことができます。また、デジタルツールを受け身に使うのではなく、創造的に用いることで、他人を励まし、笑顔にすることができるのです。生徒たちにもそのような使い方を考えてほしいですね」
(藤野先生)

ライブ授業の特別時間割表。細かく、ていねいに時間割が組まれていて、対応の手厚さが伝わってきます。

ライブ授業の特別時間割表。細かく、ていねいに時間割が組まれていて、対応の手厚さが伝わってきます。

事例紹介
①音声や動画による情報配信

「実は情報科の教員でラジオDJ をめざしていたものがおり、彼が作ったラジオ番組風のコンテンツはかなり本格的な仕上がりになっています」

 と話す藤野先生。実際にその音声を聞かせてもらい、驚きました。プロのラジオDJのような、軽快な語り口や、音響、効果音、バックミュージック、それに遊び心があり、実際のラジオ番組顔負けの仕上がりになっています。

 また動画は、笑いを誘うユニークな内容で、普段授業を受けているだけではわからない先生方の新たな一面を垣間見ることができます。

「最後の動画は、美術の教員が黒板アートを施した教室を経由しながらマラソンする様子を撮影し、生徒たちにメッセージを伝えました。また休校期間の最終日には、学年の教員全員をZoomでつなぎ、生徒を応援する合唱をしました。非常に感慨深く、休校期間中のことをしみじみと思い出しました」(藤野先生)


②オンラインの学年集会

休校の最終日には学年の生徒全員320人、8クラス分を一斉にオンラインでつなぎ、学年集会が行われました。

「学校のパソコン1台に最大100人までが接続できるので、接続用のパソコンを4台用意し、Zoomで全員が一斉に集えるようにしました」(吉田先生)


③Zoom保護者会

休校期間中の蓄積を活かし、学校が再開した6月には、クラスの生徒41人の保護者全員を対象としたZoom保護者会も実施されました。

「保護者会では、事前に準備した生徒から保護者へのメッセージ動画も配信しました。直接伝えるのは照れくさいような、生徒たちが一人ひとりの感謝の気持ちを聞くことができ、保護者の方にも好評でした」(藤野先生)

ページトップ