LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2019年神奈川版

THE VOICE 校長インタビュー

藤嶺学園藤沢中学校

『藤嶺ゼミナール』を開講し
真の意味での「高大接続」を実現

佐野 健 (さの・つよし)

佐野 健 (さの・つよし)校長先生
1958年東京都出身。山梨県で育つ。中高時代は柔道部に所属。
進学した東海大学文学部日本文学科で卒業論文を担当した教授が、
藤嶺学園藤沢高等学校の卒業生で、教授のすすめにより同校の国語の教員に。
1985年、同校野球部が第67回全国高校野球選手権大会に出場した時は、
応援部を担当。2017年4月、校長に就任。趣味は俳句。

大学での学びの素晴らしさを
高校時代に実感してほしい

 本当の学びとは何でしょうか? 「早慶に入りたい」「MARCH以上の大学に入りたい」。これが多くの生徒や保護者の方々の希望です。その気持ちはよくわかりますが、これからは、本当の学びをしていかない限り、学歴だけで生き残っていかれない時代です。

 2021年には高大接続改革に伴って大学入学共通テストが導入されます。大学とは本来「学びたいことを学び、わくわくするような学問が待っている場所」です。本校では、それを高校時代に実感できる『藤嶺ゼミナール』を今年からスタートさせ、真の意味での「高大接続」を実践したいと考えています。『藤嶺ゼミナール』は高校生の希望者を対象に、土曜日の放課後の90分を使って月に1回、9月から12月まで年4回開講したいと考えています。どのゼミも10名から15名ほどの少人数制とし、多様な学びを体験して、思考力や表現力を身につけてもらうことが目的です。

 このゼミによって、真剣な学びを求める生徒たちが増えていけば、その生徒たちが軸になってクラスの雰囲気を、ひいては学校全体を大きく変えてくれると思うのです。

多様な学びを体験し
思考力や表現力を身につけるゼミ

 では6つある『藤嶺ゼミナール』の一つひとつをご紹介します。

「藤嶺法曹実務家ゼミナール」は論理的思考力を養成する講座です。本校卒業生の指導のもと、自分の頭で考えた意見を実際に発表するトレーニングを繰り返していきます。すでに十数名の生徒が受講し、勉強に対する姿勢やアプローチの方法が変わりつつあります。

 通年型のゼミ「ティーセレモニー イン イングリッシュ」では、本校の必修科目でもある茶道を通して日本の心を磨くとともに、日本の伝統文化を英語で発信できる国際人をめざします。

「統計学入門ゼミナール」では、世の中の数字が何を意味しているのかを学びます。講師は保護者が務めてくださり、1人は証券アナリスト、もう1人は統計を専門とするお仕事に就いている方です。

「異文化理解ゼミナール~アジア編」では、上海や台北などアジアの今を探ります。本校では中国語を第2外国語として学ぶことができますが、その授業の教員が講師を務めています。その教員は本校が北京研修旅行の際に交流する、北京市第八中学怡海分校の卒業生でもあります。

「英単語へのアプローチゼミナール」の講師は卒業生です。彼はライフワークとして、好きな漫画のストーリーから派生する英単語を、見開きの大学ノートいっぱいに書き込んでいます。このノートを見せてもらった時、私は感動しました。彼は「英単語は単語帳で学ぶと限界がありますが、こうすると無限の広がりを見せます」と言うのです。そこで、彼がこのノートを制作した背景などを生徒に話してもらうゼミを開講することになりました。

行きたい大学に足を運び
教授と語り合ってほしい
藤嶺学園藤沢の高大接続改革や
グローバル社会に向けた取り組み

2019年から、6つの『藤嶺ゼミナール』を開講

  1. 多様な学びを通して、思考力や表現力を高める
  2. 「学びたいことが学べる場所」である大学への期待感を醸成
  3. 大学が求める力を中高時代に身につける

中国やベトナムとの盛んな国際交流

  1. 日本の大学だけでなく、海外の大学との高大接続へ
  2. アジアの大学を起点に、海外の大学に目を向ける

 最後が「藤嶺アカデミア」。本校を卒業した大学生が大学での学びやキャンパスを紹介します。受講する生徒たちには、自分が行きたい学部や学科を探し、実際に大学に足を運び、その学部や学科の教授と話し合って来てほしいと思っています。

 もう一つ、本校の理想とする「高大接続」の方向性があります。それは海外の大学との接続です。本校では高2の修学旅行でベトナムを訪れており、その縁から昨年に続き、今年6月にハノイの小中高生が本校を訪れました。ベトナムでは政府が大規模な学園都市をつくろうとしており、日本の留学生を数多く受け入れるプログラムがあります。

 また、昨年の8月、私は台湾の大学の視察に行き、台湾が海外からの留学生に向ける期待感を肌で感じました。本校の中高生がアジアの国々と交流するなかで、まずアジアを進学先や留学先として視野に入れ、海外へと大きく羽ばたいてくれれば、生徒たちの可能性はさらに広がるはずです。

同校では、中1から高2まで茶道が必修科目。高2生は、学校に隣接した遊行寺の境内で一般の参詣者に向けてお点前を披露します。同校では、中1から高2まで茶道が必修科目。高2生は、学校に隣接した遊行寺の境内で一般の参詣者に向けてお点前を披露します。
陶芸の授業があるのも同校の特色。写真は、高2の生徒たち。日本文化を学ぶことで、豊かな人間性を養います。陶芸の授業があるのも同校の特色。写真は、高2の生徒たち。日本文化を学ぶことで、豊かな人間性を養います。

[沿革]
同校の前身は時宗総本山清浄光寺の僧侶養成機関「時宗宗学林」。念仏と遊行に徹した一遍上人の教えを根本とし、宗教的情操豊かな人格の涵養をめざし、1915年に創立。2001年に中学校を開校。2015年に創立100周年を迎えた。

(この記事は『私立中高進学通信2019年神奈川版』に掲載しました。)

藤嶺学園藤沢中学校  

〒251-0001 神奈川県藤沢市西富1-7-1
TEL:0466-23-3150

進学通信掲載情報

進学通信 2019年特別号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ