LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2019年神奈川版

実践報告 私学の授業

神奈川大学附属中学校

ICTと海外大学推薦で
広がる生徒の可能性

ICTで学びを深め、推薦制度を利用して世界へ羽ばたく
タブレットPCを活用した授業を受ける生徒たち。本格導入にあたり、同校では授業デザインそのものを見直しました。

タブレットPCを活用した授業を受ける生徒たち。
本格導入にあたり、同校では授業デザインそのものを見直しました。

タブレットPCで学習
eラーニングの導入も

『質実剛健』『積極進取』『中正堅実』を建学の精神とし、進学校としても人気の高い同校。卒業生の約6割が国公立大学、難関私立大学の早慶上理、GMARCHへ進学するなど、高いレベルの進学実績を維持しています。さらに生徒の問題解決能力や表現力を伸ばすため、2016年から新しいICT教育がスタートしました。

 同校では1989年からコンピュータを導入し、他校に先駆けて情報教育を行ってきましたが、その発展形として、中2・中3生全員がタブレットPCを活用。今の時代に必要な教育を実践していきます。

「大事なのは"PCをどう使うか"ということです。タブレットを導入しても、今までと同じ授業をしたのでは意味がないので、その部分をしっかり研究しました。一部の教員のみがICTを使いこなし、ほかの教員は使いこなせないという状況では生徒からも不満が出ます。本校では、教員同士も教え合って協力して進めています」

 と小林道夫副校長先生は話します。タブレット導入前の1年間、全教員がしっかりとICT活用の研修を行い、全校レベルで取り組めるように準備をしたそうです。

 現在、タブレットを導入している学年では、朝のHRでの連絡事項や授業で使う教材も生徒のタブレットに配信されています。また、英語eラーニングシステム『College Pathway』(※1)を導入するなど、ICTの特徴を活かした学習が行われています。さらに、キーボードを必須としていることで、タッチタイピングもしっかりと習得することができます。

※1 College Pathway…タブレットPCを利用して、基礎からTOEFL対策、大学受験までカバーする英語4技能学習教材。
教員が生徒の学習習得状況をチェックしながら進められるシステム。

マンチェスター大学ほか
海外20大学へ進学が可能

 ICTと同様に、同校が以前から力を入れてきたのがグローバル教育です。海外研修や海外交流はもちろん、ネイティブ教員による授業や高1でのオンライン英会話、中学3年間で行うイングリッシュキャンプなど、校内での取り組みも盛んです。

 さらに、昨年度からは「海外協定大学推薦制度(UPAA)」(※2)の加盟校となりました。同校では以前から個人で海外大学へ進学する生徒がいましたが、費用的にも時間的にも負担が大きいことがハードルとなっていました。UPAAでは、共通の入学願書を提出することで、提携しているアメリカ10大学・イギリス10大学のうち4校まで推薦を受けられます。中1から学んでいる『College Pathway』の学習内容と、高3前期までの英語の成績をもとに、校長先生から推薦を受け、海外大学へ出願できます。この場合、入学検定試験はありませんので、国内大学の受験勉強とも両立できます。

「昨年度はすでに海外10大学に11名が合格、うち2名が進学することになりました。そのうちの1人は名門マンチェスター大学に奨学金を得て進学します。校内の推薦基準には『College Pathway』が使われますが、必要なのはGMARCHレベルの大学に合格可能な学力です。本校では学年で約半数の生徒が基準を満たす学力です」

 ICTの活用や、海外大学への進学で、大きく選択肢の広がった同校の生徒たち。こういう取り組みの狙いについて、小林先生に聞きます。

「教員に勉強を押し付けられるのではなく、生徒が目標を持って自主的に勉強したくなる環境が必要だと痛感しています。そのために、さまざまな取り組みを用意し、達成感や自己肯定感を得られる教育を行っていきたいです」

※2 海外協定大学推薦制度(UPAA)…英米20の大学と提携することで願書を共通化し、高校の成績と英語力のみで合否を審査する海外大学推薦制度。

ICT 001
タブレットを活用して教材にしっかり取り組む
昨年10月に実施された同校のICT公開授業。同校の先進的な授業を一目見ようと、神奈川県内から60名もの私学の先生方が見学に訪れました。昨年10月に実施された同校のICT公開授業。同校の先進的な授業を一目見ようと、神奈川県内から60名もの私学の先生方が見学に訪れました。

 同校が導入しているタブレットPCは、Surface Go。教材の配布や授業支援には、Office365のOneNoteやロイロノートを使用。OneNoteは共有機能を使って、主に教材の配信で活用しています。最近では、宿題の提出にもタブレットのアプリClassiを使って提出することが多く、家庭学習の記録など、学習管理にも活用しているそうです。

「ICTというとプレゼンテーションやグループワークが注目されますが、本校では自分から教材に取り組む力や、学習管理の力も重視しています」(小林先生)

ICT 002
センサーロボットでプログラミングを学ぶ
小林先生は『レゴ®エデュケーション』の日本でのリードティーチャーに任命され、『レゴ®マインドストーム』を使った教材の開発も担当しています。小林先生は『レゴ®エデュケーション』の日本でのリードティーチャーに任命され、『レゴ®マインドストーム』を使った教材の開発も担当しています。

 今、注目のプログラミング教育ですが、同校では2010年からロボット教育を導入。現在は、『レゴ®マインドストーム』を使った1人1台のロボットの組み立てと、プログラミングの授業を行っています。

 もちろん、ただ動かして終わりではなく、センサーの仕組みなどをしっかり学習する時間となっています。

Global
昨年度、すでに11名が合格
海外協定大学推薦制度(UPAA)を導入

 同校が導入した海外協定大学推薦制度(UPAA)。高3の1学期までの成績で推薦を受け、合格通知は12月に届きます。合格資格は3月末まで有効なので、国公立大学の後期試験の結果を待ってから手続きをしても間に合います。海外大学へ進学する場合は、合格後、2カ月ほど現地で語学研修を受けてから入学という流れになります。

 海外大学の推薦入学と国内難関大学の受験で併願可能な点が大きなメリットです。逆に海外大学1本に絞りたい場合は、専願にすることで合格のハードルが少し低くなり、奨学金なども受けやすくなるそうです。

海外協定大学推薦制度(UPAA)協定大学一覧

イギリス

マンチェスター大学マンチェスター大学
エクセター大学エクセター大学
イーストアングリア大学イーストアングリア大学
ニューカッスル大学ニューカッスル大学
クィーンズ大学ベルファストクィーンズ大学ベルファスト
スターリング大学スターリング大学
ロンドン大学シティロンドン大学シティ
グラスゴーカレドニアン大学グラスゴーカレドニアン大学
マンチェスター メトロポリタン大学マンチェスター メトロポリタン大学
グロスターシャー大学グロスターシャー大学

アメリカ

南フロリダ大学(州立)南フロリダ大学(州立)
コロラド州立大学コロラド州立大学
ジョージメイソン大学(州立)ジョージメイソン大学(州立)
オレゴン州立大学オレゴン州立大学
セントルイス大学(私立)セントルイス大学(私立)
ワシントン州立大学ワシントン州立大学
ドゥルー大学(私立)ドゥルー大学(私立)
マーシャル大学(州立)マーシャル大学(州立)
マンチェスター アラバマ大学 バーミンハム校(州立)アラバマ大学 バーミンハム校(州立)
サフォーク大学(私立)サフォーク大学(私立)

※詳細は「海外協定大学UPAA」(https://upaa.jp/)参照

(この記事は『私立中高進学通信2019年神奈川版』に掲載しました。)

進学通信 2019年特別号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ