Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2019年12月号

SCHOOL UPDATE

普連土学園中学校

モデルロケット国際大会出場
パリの大空に打ち上げた
ロケットで世界3位に輝く

「モデルロケット国際大会」の主催は、航空宇宙工業会。この大会では日本、アメリカ、イギリス、フランスの4カ国を代表する中高生たちが競います。出場した4名は、アポロ15号で月に行ったアルフレッド・ウォーデン氏と会うこともできました。フランスの元宇宙飛行士で、医師でもある

「モデルロケット国際大会」の主催は、航空宇宙工業会。
この大会では日本、アメリカ、イギリス、フランスの4カ国を代表する中高生たちが競います。
出場した4名は、アポロ15号で月に行ったアルフレッド・ウォーデン氏と会うこともできました。

パリの大空に打ち上げた
ロケットで世界3位に輝く

 パリで2019年6月に開催された「モデルロケット国際大会」。この大会に同校理科部の高2生4名が日本代表として参加。3位に入賞を果たしました。彼女たちのチーム名は「MERN(メルン)」。沢田桃子さん、細井江実理さん、小松﨑利奈さん、林音桜さん、それぞれの名前のイニシャルを組み合わせたそうです。「MERN」は昨年8月に秋田県能代市で行われた「ロケット甲子園」で優勝。パリへのチケットを手にしました。

 打ち上げたロケットを指定された高度や滞空時間にいかに近づけられるか、搭載した生卵3個を割らずに着地させられるか。国際大会ではこれらが審査されます。さらに、自作のロケットについて英語でプレゼンテーションしなければなりません。こうしたミッションをクリアして3位に輝いた4名に話を聞きました。

「私が担当したのはロケットの先端部分のノーズコーンの設計です。ロケットは、みんなと意見交換を重ねながら完成させました。この体験から大会のプレゼンではチームワークがいかに大切かを述べました」(沢田さん)

「私はエンジン部分の設計に携わることで、緻密に計画を立てることの重要性を学びました。ほかのチームメイトの作業進度を考えてスケジュールを組まないと完成が遅れてしまうからです」(細井さん)

「私は着地に必要なパラシュートを設計しました。パラシュートは滞空時間を守るために重要な役割を果たします。ロケットを都内で打ち上げられないため、実験はできません。そこで、計算だけで大きさなどを割り出しました」(小松﨑さん)

「私はロケットが着地したとき、生卵が割れないしくみを考えました。素材を選んで実験を繰り返し、記録していきました」(林さん)

 4名の快挙に触発され、彼女たちの後輩である理科部の部員たちが今年の「ロケット甲子園」でも優勝。来年、イギリスに旅立ちます。

アポロ15号の宇宙飛行士アルフレッド・ウォーデン氏も激励
1人では成し遂げられなかったビッグプロジェクト
左から沢田桃子さん、細井江実理さん、林音桜さん、小松﨑利奈さん。好きな科目は沢田さんが生物、細井さんが古文、林さんが地学と世界史、小松﨑さんが数学だそうです。左から沢田桃子さん、細井江実理さん、林音桜さん、小松﨑利奈さん。好きな科目は沢田さんが生物、細井さんが古文、林さんが地学と世界史、小松﨑さんが数学だそうです。
「ロケット甲子園」で打ち上げの準備をする「MERN」。「この大会では着地点が草地でクッションの役割をしてくれるのですが、国際大会は会場が空港のため着地点が固く、生卵を割らないよう工夫するのに苦労しました」(林さん)「ロケット甲子園」で打ち上げの準備をする「MERN」。「この大会では着地点が草地でクッションの役割をしてくれるのですが、国際大会は会場が空港のため着地点が固く、生卵を割らないよう工夫するのに苦労しました」(林さん)
 「ロケット甲子園」に出場した「MERN」。主催するのは、NPO法人の日本モデルロケット協会です。 「ロケット甲子園」に出場した「MERN」。主催するのは、NPO法人の日本モデルロケット協会です。
国際大会では10分間のプレゼンテーションを終えると、7分間の質疑応答(写真)が待っています。国際大会では10分間のプレゼンテーションを終えると、7分間の質疑応答(写真)が待っています。
「ロケット甲子園」の盾や賞状など。国際大会の銅メダルは各自、家で大切に保管しているそうです。「ロケット甲子園」の盾や賞状など。国際大会の銅メダルは各自、家で大切に保管しているそうです。
国際大会で3位入賞の銅メダルを手にする「MERN」。「この受賞を最も喜んでくれたのは、ヘリコプター設計の仕事をしていた祖父でした」(細井さん)国際大会で3位入賞の銅メダルを手にする「MERN」。「この受賞を最も喜んでくれたのは、ヘリコプター設計の仕事をしていた祖父でした」(細井さん)
フランスの元宇宙飛行士で、医師でもあるクローディ・エニュレ氏とも記念撮影。フランスの元宇宙飛行士で、医師でもあるクローディ・エニュレ氏とも記念撮影。

(この記事は『私立中高進学通信2019年12月号』に掲載しました。)

普連土学園中学校  

〒108-0073 東京都港区三田4-14-16
TEL:03-3451-4616

進学通信掲載情報

【校長が語る 自立へのプロセス】「愛と善意をもって他者と接し対話を通じて、互いを理解する」
【実践!未来の学び プログラミング】唯一無二のチームで挑む国際的なロボット競技会
【目標にLock On!! 私の成長Story】部活動や生徒会活動に打ち込んだ中高時代培われた集中力が希望進路の実現に
【SCHOOL UPDATE】モデルロケット国際大会出場 パリの大空に打ち上げたロケットで世界3位に輝く
【未来を切り拓くグローバル教育】ロボット競技会『FLL』トルコ世界大会に出場
【本音で語る保護者座談会】学習サポートも充実!! 塾へ通わなくても学校だけでやっていけます
【学校ってどんなところ?生徒の一日】一人ひとりを大切にする環境のなかのびのびと過ごしています
【学校生活ハイライト】中高6学年が一致団結して味わう達成感
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】ロボットプログラミングで学ぶIT×ものづくり
【The Voice 新校長インタビュー】最先端の学びを、キリスト教学校ならではの全人教育に昇華
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】少人数、完全一貫教育だからできる お互いを否定せず、個性を尊重する温かな環境づくり
【学校生活ハイライト】さまざまな宗教や文化に触れ 知らなかった世界が身近に
【グローバル時代の学び方】外国人教員との学校生活で日常的に英語に親しむ
【中1の始め方】全員カウンセリングと自己管理のサポート 少人数教育ならではのきめ細かい対応
【Students' Chat Spot】一人ひとりを大切に育み 独自の取り組みを通して世の役に立つ女性を育てる
【SCHOOL UPDATE】オンライン学習支援システム “fgs-webcampus”で主体的な学習を促す
【目標にLock On_!! 私の合格Story】チャレンジ精神を育んでくれた学園生活 あたたかな人とのつながりは生涯の宝に
【私学の先生から受験生へのアドバイス】“考える力”を重視し思考のプロセスを細かくチェック
【大学合格力強化計画】少人数制の無料補習授業で希望進路に合う学力を養成
進学通信 2020年1月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ