Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2019年12月号

実践報告 私学の授業

神田女学園中学校

知識と教養、品格を身につける
『KANDA流リベラルアーツ教育』

自分と社会を幸せにするための最適解を導き出す
授業では、ディスカッションが日常的に行われています。意見を述べ合うことが当たり前の学習環境がここにはあります。

授業では、ディスカッションが日常的に行われています。意見を述べ合うことが当たり前の学習環境がここにはあります。

母語で考えを深め
解が一つでないテーマに挑む

『革新的女子教育』をコンセプトに掲げる同校では、自分のためだけでなく周囲や社会全体の最適解をめざすための教育を行っています。さまざまな課題を抱える社会において、「どうすれば人々は幸せになれるのか」「自分に何ができるのか」「その最適解は何か」を考える教育に力を入れているのが、同校のリベラルアーツ教育です。校長の宗像諭先生は、その学内での定義を次のように話します。

「社会における最適解を導き出すには、ただ知識を深めるだけでなく、学んだことを組み合わせたり応用したりする必要があります。まずは基礎学力をしっかりと身につけ、そのうえで教科の枠を越えた学びにより、解が一つでないテーマについて考えを深める。それが本校独自のリベラルアーツ教育です」

 普段の授業の中でも、興味深いテーマを見つけたら、教科の枠を越えたトリガークエスチョンを投げかけます。例えば体育の授業で「選手を励ますために効果的な声掛けを考える」という国語的なアプローチや、古文の授業では「古典に出てくる植物が食用か否かを文献や図鑑で調べる」など、身近なところから、知識の活用に慣れていきます。

「こうした学習を進めていくと、生徒たちに、どうすれば良くなるんだろう、なぜだろうという思考が生まれます。そうした思考から、テーマについてみんなで話し合ったり、仮説を立てて自分の考えをまとめ上げたり、自分の意見を発表したりできるようになります。好奇心をくすぐられるのか、楽しそうに授業に臨んでいます」

 身につけた知識を活かし、自分の意見を相手に伝えるには言語運用能力も欠かせません。英語や第二外国語の習得にも意欲的な同校。最も力を入れているのは母語、つまり日本語の使い方です。

「自分の考えを深め、相手に伝えるために重要なのは母語です。だからこそ、本校では普段から母語の運用を重視しています。プレゼンテーションやディスカッション、授業中での発言はもちろんのこと、学校生活すべてにおいて言語能力を高めるよう意識しています。そのうえで、より多くの人に意見を伝えるためのツールとして英語や第二外国語を学んでいくのです。

 もちろん英語でプレゼンテーションができるレベルまで指導していますので、本校の生徒は母語でも英語でもしっかりと自分の考えを伝えることができます」

最適解を具体化するためにアクションを起こす

 通常授業でのリベラルアーツ教育と並行し、週2時間の探究学習『ニコルプロジェクト』も設けています。自然科学、文化、ライフの3分野から生徒たちがテーマを設定し、1年間かけてグループで最適解を考えるプロジェクトです。

「社会の諸課題に対して、先人の取り組みや現状を受けて、我々に今何ができるのかを考えていきます。ただ考えるだけでなく、行動に結びつけるのがこのプロジェクトの特徴です。
 髪の毛を寄付するヘアドネーションを研究するグループなら、活動を行う方に取材をしたり、自ら参加したりすることも。ほかにも企業訪問や実験観察など、具体的なアクションを起こします」

 3月中旬には1週間にわたる『ニコルウィーク』を設け、プロジェクト学習の集大成として実際にアクションを起こし、ポスターセッションを行います。最終日には、関係者を招いたプレゼンテーションも実施。その成果を、翌年以降の研究に役立てていきます。

「不透明、不確実な社会だからこそ、一人ひとりが自分なりの答えを見つけなければなりません。そのためには、自分の哲学、価値観を持つことも必要です。
 本校でのリベラルアーツ教育を通じて深い知識と広い教養、品格を備え、自信を持って自分の考えを伝える力を養ってほしいと願っています」

教科の枠を越えた学びで社会課題の最適解を導き出す
STEP1
言語運用能力をベースにしたリベラルアーツ教育
普段の授業でも、母語を使って自分の意見を伝える場面が数多く設けられています。普段の授業でも、母語を使って自分の意見を伝える場面が数多く設けられています。

「自分と周囲を幸せにする学び」をめざす同校では、リベラルアーツ教育に力を入れ、社会の最適解を見つけるための知識と教養を培っています。そのために重視しているのが、言語運用能力です。社会課題に対し、自分なりの答えを出すには母語で考えることが重要。母語で考えを深め、自分の意見を伝えるために、学校生活全体を通じて言語教育を意識した教育を行っています。

STEP2
テーマについて調べ、行動を起こす
探究学習『ニコルプロジェクト』
プロジェクトの流れ

 中1~高2生は、週2時間の探究学習『ニコルプロジェクト』に取り組んでいます。これは、少人数グループに分かれてテーマを設定し、仮説に基づいて取材・研究をしたうえで、自分なりの考えを探るプログラム。女性の社会進出、ジェンダー、海洋ゴミなどさまざまなテーマに取り組んでいますが、なかでも宗像校長先生が面白いと感じたテーマは、シンガポールの農業だそうです。

「シンガポールは国土面積が狭く、マレーシアから農作物を輸入しています。その一方でビニールハウスをビルのように組み立て、都市型農業を行っている人もいるそうです。このシステムを日本に応用すれば、食料自給率の向上に貢献できるかもしれません。今後のアクションも楽しみなテーマです」

 3月の『ニコルプロジェクト』では、1年間の成果を発表。生徒たちの課題解決力、主体的に学ぶ力を伸ばしています。

『ニコルプロジェクト』では、4~6人ほどのグループに分かれ、一つのテーマについて考えを深めていきます。授業時間外に、取材に出かけたりアンケート調査を行ったりすることも。『ニコルプロジェクト』では、4~6人ほどのグループに分かれ、一つのテーマについて考えを深めていきます。授業時間外に、取材に出かけたりアンケート調査を行ったりすることも。
ほかの生徒の言葉に耳を傾けるとともに、プレゼンテーションに対する評価も行います。ほかの生徒の言葉に耳を傾けるとともに、プレゼンテーションに対する評価も行います。
『ニコルプロジェクト』では、4~6人ほどのグループに分かれ、一つのテーマについて考えを深めていきます。授業時間外に、取材に出かけたりアンケート調査を行ったりすることも。『ニコルプロジェクト』では、4~6人ほどのグループに分かれ、一つのテーマについて考えを深めていきます。授業時間外に、取材に出かけたりアンケート調査を行ったりすることも。

(この記事は『私立中高進学通信2019年12月号』に掲載しました。)

神田女学園中学校  

〒101-0064 東京都千代田区神田猿楽町2-3-6
TEL:03-6383-3751

進学通信掲載情報

【校長が語る 自立へのプロセス】「ジブンのドラマをデザインできる品格ある個人になるために」
【コロナに負けない!私学のアクション】学校は“居場所”離れていても双方向で深まるつながりと学習
【授業】革新的女子教育の推進
【実践報告 私学の授業】知識と教養、品格を身につける『KANDA流リベラルアーツ教育』
【中学入試のポイント】多様な受験生を受け入れる努力の成果を示せる入試
【未来を切り拓くグローバル教育】中3から第二外国語を学びトリリンガルに!
【6年間の指導メソッド】伝統と革新が生み出す次世代の女子教育
【制服物語】時代に即した制服でグローバルマインドを育む
【グローバル時代の学び方】主体的な英語の学びを後押しする新拠点 新しい学びを生む『K-SALC』完成
【私学だからできるオリジナル教育】『KANDAラーニング』がICT導入でさらに進化
【グローバル時代の学び方】地球規模に視野を広げる独自の『プロジェクト学習』
【Students' Chat Spot】時代に即した女子教育を進めてきた同校 国際社会で活躍できる力を育成
【SCHOOL UPDATE】KANDAラーニング&DEタイム 毎日の25分間で基礎学力を向上させる
【学校生活ハイライト】生徒一人ひとりの“情熱”が結集 創意あふれる『姫竹祭』には「語学の神田」ならではの展示や劇も出展
【未来を生き抜く学力のつけかた】生徒自身で考え一人ひとりに適した進度で学ぶ『KANDAラーニング』
【10年後のグローバル社会へのミッション】グローバルクラスが探究型学習をリード
【めざせ 次代のグローバルリーダー】日本女性の感性で国際社会に貢献するために語学力と問題解決力を養う
【全人教室│心を育む私学の授業】地域活動から国際支援へ グローバルな視点を持ったヒューマニストになる!
【授業発見伝】英語 国際社会で活躍するために「使える英語」を身につける
進学通信 2020年1月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ