Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2019年12月号

熱中!部活動

藤村女子中学校

学校生活あっての部活動
学業との両立に励む

バスケットボール部
部活動を通して人間力を養う
顧問の教員3人と外部コーチという4人の指導体制で練習を行うバスケットボール部。指導者の人数が多いため、生徒一人ひとりにていねいな指導が可能です。

顧問の教員3人と外部コーチという4人の指導体制で練習を行うバスケットボール部。
指導者の人数が多いため、生徒一人ひとりにていねいな指導が可能です。

 部活動を通し、授業では得られないコミュニケーションや感動、忍耐力を学ぶことをめざし、運動部も文化部も盛んな活動を行う同校。バスケットボール部は、部内で互いを呼び合う「コートネーム」と呼ばれるあだ名を代々、先輩が後輩につけることでチームの一体感を高めています。

「部員たちには、周りから応援される人間になってもらいたいと思っています。そのためには、部活動だけでなく、何事も率先して動き、クラスを引っ張っていけるような人間であることが大切だと考えています」
(バスケットボール部顧問/満原明子先生)

 「一つの目標に対し、全員で達成しようという思いの強い部です。互いに励まし合いながら、切磋琢磨して成長していることを感じます」(満原先生) 「一つの目標に対し、全員で達成しようという思いの強い部です。互いに励まし合いながら、切磋琢磨して成長していることを感じます」(満原先生)
声をかけ合い、熱気が伝わる練習が見られました。声をかけ合い、熱気が伝わる練習が見られました。
バスケットボール部 部長 中島唯菜さん(高2)

「私のコートネームは『ニコ』。コート上を明るくするという意味で先輩がつけてくれました。コートネームで呼び合い、練習前に毎日、円陣を組んで部訓を全員で言うことでチームが一体になっていることを感じます。そのチームワークを力に、東京都ベスト4をめざしてがんばっています」

■活動日/活動時間 火〜金/16:00~19:30
土/14:00〜18:00
日/大会、練習試合など
■部員数 中1=5名 中2=6名 中3=6名 高1=8名 高2=9名 高3=16名
■主な実績 中学 東京都春季大会ベスト4(2019年)
高校 関東高等学校バスケットボール選手権大会出場(2019年)
吹奏楽部
心を育み、社会で役立つ人間に
 「定期演奏会」に向けての練習にはげんでいた吹奏楽部。「定期演奏会」では、宮沢賢治の作品を朗読して、そのバックで演奏をするという同校ならではの演目も披露します。

 「定期演奏会」に向けての練習にはげんでいた吹奏楽部。
「定期演奏会」では、宮沢賢治の作品を朗読して、そのバックで演奏をするという同校ならではの演目も披露します。

 全国大会優勝をめざしつつも、学業や学校生活との両立に重きを置いている吹奏楽部。強豪校の吹奏楽部は平均して活動時間が長く、休みが少ないのに対し、同校では「部として、勉強をする時間を意識的に作り、日曜日はお休みにするなど活動時間は少ないながらも、上をめざしています」と吹奏楽部顧問の都賀城太郎先生が話してくださいました。

「活動時間は短くても、練習の中身が良ければ強くなることはできる。私たち顧問が勉強して、的確な指示を出すことでそれは可能だという考えのもと、指導しています」(都賀先生)

都賀先生は、藤村女子に赴任する前の学校で、全日本吹奏楽コンクールに10度も導いたことで知られる名指導者。
「部活動において大事なことは学校生活との両立だ」と話してくださいました。
練習時間はけっして多くない吹奏楽部ですが、だからこそ高い集中力で練習に臨んでいました。

吹奏楽部 部長 玉浦佳子さん(高3)

「先輩と後輩の壁がなく、お互いに悩みを相談できる関係を築けている仲が良い部です。そして部活動だけでなく、勉強にも力を入れているため、文武両道をめざしている人にも向いている部活動だと思います」

■活動日/活動時間 月・火・水・金/16:00〜18:30
土/13:30〜18:00
■部員数 中1=2名 中2=0名 中3=4名 高1=12名 高2=19名 高3=3名
■主な実績 東日本吹奏楽大会 銀賞
日本管楽合奏コンテスト高等学校 A部門全国大会 最優秀賞
東京吹奏楽コンクール 新人戦高等学校の部 金賞
東京都高等学校吹奏楽コンクール A組 金賞
新体操部
「入部当初は声が出せなかった生徒も、卒業するまでには周りに気を配りながら、自分の意思を伝えていけるようになります」
(小田島先生)

「入部当初は声が出せなかった生徒も、卒業するまでには周りに気を配りながら、
自分の意思を伝えていけるようになります」(小田島先生)

 明るい笑顔と華やかな演技を見せてくれた新体操部。「新体操がやりたい」という思いから同校に入学する生徒も多いといいます。

「自分たちの納得のいく演技をすることが大事だと思います。積み重ねてきた練習を大会で発揮できるよう、コーチとともに指導しています。また、新体操を通して、礼儀正しく、気遣いができるようになってもらいたいです」
(新体操部顧問/小田島由佳先生)

経験者が多いものの、未経験者の入部も可能です。
活動日には外部コーチが来て、技術面の指導を行っているため、基礎から教えてもらうことができます。

新体操部 部長 江田光里さん(高2)

「5歳からクラブチームに入っていました。部活動では目上の人との付き合い方や礼儀、チームでの練習の大変さなどさまざまなことを学びました。技術的なことだけでなく、人間としても成長できたと思っています」

■活動日/活動時間 月・火・水・金/16:00〜19:30
土/14:00〜19:00
日/9:00〜13:00
※学年により時間が異なる
■部員数 中1=4名 中2=1名 中3=4名 高1=11名 高2=10名 高3=11名
■主な実績 中学 第48回全国中学校新体操選手権大会 第4位
高校 全日本新体操選手権大会 出場

(この記事は『私立中高進学通信2019年12月号』に掲載しました。)

藤村女子中学校  

〒180-8505 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-16-3
TEL:0422-22-1266

進学通信掲載情報

【Students' Chat Spot】学習と部活動、両方に夢中になれる!
【中学入試のポイント】「生きる力」を測る「ナゾ解き入試」を実施
【熱中!部活動】学校生活あっての部活動 学業との両立に励む
【行ってきました!学校説明会レポート】英語の授業と部活動体験で楽しい学校生活を満喫!
【The Voice 校長インタビュー】生徒自身が未来を切り拓くための“体験”重視の多彩なプログラム
【私学だからできるオリジナル教育】特色ある吉祥寺の街で多彩にフィールドワーク
【学校ってどんなところ?生徒の一日】「発信力」を育むアクティブな教育 自立した女性を育成する
【グローバル時代の学び方】英語に慣れ親しむ機会を最大限生かして力にする
【私学だからできるオリジナル教育】命の大切さを学ぶふれあい体験授業
【制服物語】清楚で健全な女性を理想とし 可憐なデザインと機能性を兼備した制服
【学校生活ハイライト】英語力を身につけ発信していく藤村女子流の国際教育
【熱中!部活動】【バスケットボール部/児童文化部】「知・徳・体」を身につけて未来を確立していく部活動
【Students' Chat Spot】「自ら学び考える力」「コミュニケーション能力」「心身健康力」の3つの力を掲げ生徒を伸び伸びと育てる
【中1の始め方】FUJIMURAノートと少人数クラスで学習姿勢と生活習慣を細やかに指導
【未来を生き抜く学力のつけかた】フィールドスタディに重点をおき自ら考え行動するための「発信力」を養う
【SCHOOL UPDATE】ハワイ・オーストラリア修学旅行 グローバル社会への発信力を鍛える
【Students' Chat Spot】進学に向けた勉強とクラブ活動の両立に励みながら送る充実したキャンパスライフ
【部活レポート】囲碁部/ダンス部
【The Voice 新校長インタビュー】世界の舞台で活躍できる 発信力のある人材を育成
進学通信 2020年1月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ