Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2019年12月号

私学の光輝

二松学舎大学附属柏中学校

創立記念日に改めて思う
「自問自答」の教育理念

高等学校創立50周年
中学校創立10周年記念式典
生徒代表あいさつは、中3生が堂々と務めました。生徒代表あいさつは、中3生が堂々と務めました。

 1877年、法曹界の重鎮であった三島中洲みしまちゅうしょう先生によって創立された漢学塾「二松學舍」。現在の柏高等学校は1969年に「二松學舍大学附属沼南高等学校」として、柏中学校は2011年に、それぞれ開校しました。

 今年は高校にとっては創立50周年を迎える年。中学は2020年に10周年を迎えます。

 大きな節目を迎えるにあたり、数年前より学習環境の整備が行われてきました。バレーボールコートが4面とれる新体育館を竣工したほか、図書室にはグループワークや探究活動ができるラーニング・コモンズを設置しました。メディアリテラシーを身につけるタブレット端末は全校生徒に行き渡り、改めて「自問自答力」を養う教育がスタートしています。

時代の節目に立ち会う
生徒の創立記念式典

 10月3日に行われた創立記念式典は、校歌斉唱から始まり、生徒代表があいさつする第一部と、ジャーナリストの池上彰さんによる講演会の第二部がありました。

 講演会のテーマは「学び続ける力」です。池上さんご自身の学生時代のお話から、ジャーナリストである現在に至るまで、90分間という時間があっという間の充実した内容でした。共に講演を拝聴した保護者からは「生徒たちが講演に聴き入る姿が印象的でした。手元のノートにびっしりとメモを取っている生徒もいて、この講演会が生徒の人生に大きな影響を与えたことを実感しています」と語っていました。

 池上さんに花束を贈呈した生徒会長は「これからさまざまなことに関心を持って向き合い、自問自答を続けていきたい」と感想を述べました。

10月10日
創立記念日の祝賀会

 快晴の創立記念日には、ザ・クレストホテル柏において記念式典と祝賀会が開催されました。

 式典で披露された学校の歴史には、沼南町(現在の柏市)の地域に根ざした学校として生徒120名で開校されたこと、路線バスからスクールバスへ変わった通学の様子、ハンドボール部の活躍、吹奏楽部の定期演奏会のスタート、柏市の国際交流に尽力したことなど、社会の変遷と共に成長してきた同校の歴史が綴られました。

 祝賀会の最後には夏目漱石アンドロイドが登場し、「130年前にこの学校で学んだ者から一言」との祝辞がありました。「他者の個性を尊重しながら、自分の個性を育むことを考えよ」との言葉は、次の時代に生きる在学生へのエールとなったことでしょう。

退職された先生方も列席され、母校の思い出話に花を咲かせました。退職された先生方も列席され、母校の思い出話に花を咲かせました。
10月3日に行われた、生徒のための創立記念式典。式典に向けて座席の用意をしたのは男女バレーボール部、男女バスケットボール部のメンバーたち。体育館に集合した生徒たちは厳粛な表情です。10月3日に行われた、生徒のための創立記念式典。式典に向けて座席の用意をしたのは男女バレーボール部、男女バスケットボール部のメンバーたち。体育館に集合した生徒たちは厳粛な表情です。
祝賀会で司会を務めた酒井道代さんは同校の卒業生で現在フリーアナウンサーとして活躍しています。卒業生として母校の仕事をすることに誇りを感じるといいます。祝賀会で司会を務めた酒井道代さんは同校の卒業生で現在フリーアナウンサーとして活躍しています。卒業生として母校の仕事をすることに誇りを感じるといいます。
「高等学校は新たな50年、中学校は新たな10年に向けて、グローバルな社会を見つめて出発します」と芝田周一校長先生。「高等学校は新たな50年、中学校は新たな10年に向けて、グローバルな社会を見つめて出発します」と芝田周一校長先生。
ラーニング・コモンズでは、グループワークしやすいように工夫された机が並びます。ラーニング・コモンズでは、グループワークしやすいように工夫された机が並びます。
祝賀会では夏目漱石アンドロイドがあいさつ。祝賀会では夏目漱石アンドロイドがあいさつ。

(この記事は『私立中高進学通信2019年12月号』に掲載しました。)

二松学舎大学附属柏中学校  

〒277-0902 千葉県柏市大井2590
TEL:04-7191-3180

進学通信掲載情報

【WEB版『Hello! School』】二松学舎大学附属柏は創立10周年!次の10年に向けて伸び伸びと邁進中
【目標にLock On!! 私の成長Story】豊富で魅力的な教育プログラムを6年間の学校生活と大学進学に有効活用
【中1の始め方】「自問自答」の力を身につけさせる取り組み
【私学の光輝】創立記念日に改めて思う「自問自答」の教育理念
【SCHOOL UPDATE】グローバルコースによる学習発表会 プレゼンテーションを通して探究力・表現力を育む
【注目のPICK UP TOPIC!】自ら課題を設定し、探究する「自問自答プログラム」を実践
【未来を切り拓くグローバル教育】コミュニケーション力を理論と体験で学ぶ
【みんな大好き キャンパス食堂】ランチタイムだけじゃない!仲間と一緒に語り合える食堂がリニューアルオープン
【SCHOOL UPDATE】『松陵祭』での中間発表会 「自問自答」による探究の成果をプレゼンテーション
【校長が語る 思春期の伸ばし方】論語教育と多彩なフィールドワークが豊かな人格と探究心・発信力を育む
【注目のPICK UP TOPIC!】自ら気付き、考え、解決する自問自答の力を育む教育
【SCHOOL UPDATE】グローバルコース 従来のグローバル教育にさらなる実践力をプラス
【中1の始め方】中高6年間で最も大切なスタートの1年 自発性を養い真のグローバルな人材に
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】自問自答で未来を切り拓く力をつける
【SCHOOL UPDATE】特別講座 ネイティブスピーカーと一緒にEnglish cooking
【キャンパスのVISION】四季のいぶきを感じる緑豊かな環境に恵まれた新時代志向のキャンパス
【10年後のグローバル社会へのミッション】入学間もない生徒たちの研修に「インプロ」を導入
【全人教室│心を育む私学の授業】「自問自答」の力を伸ばす多彩な体験教室『田んぼの教室』『沼の教室』『都市の教室』『雪の教室』
【The Voice 新校長インタビュー】確かな学力とさわやかな心を備えた生徒を育てていきたい
【授業発見伝】〝自問自答〟を通じて課題解決力を伸ばす『森の教室』『沼の教室』『都市の教室』
進学通信 2020年1月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ