Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2019年11月号

SCHOOL UPDATE

武蔵野中学校

アクティブ入試
一生懸命に取り組んできたことを活かす入試

 幼稚園の頃から水泳を1日も休まずに練習してきた中1のAさん(写真中央)。その体験を糧に今日もプールで練習に打ち込みます。同校の競技水泳部は、全国大会で数多くの実績を誇ります。

 幼稚園の頃から水泳を1日も休まずに練習してきた中1のAさん(写真中央)。
その体験を糧に今日もプールで練習に打ち込みます。同校の競技水泳部は、全国大会で数多くの実績を誇ります。

「実践的英語力」「コミュニケーション力」「自己実現力」の3つを教育の柱に据え、同校では「10年後の社会で活躍できる力」を身につけさせていきます。この教育をさらに充実させるために同校では2019年度入試から新たに「アクティブ入試」をスタートさせました。副校長の浅見尚次郎先生は次のように話します。

「小学校時代に一生懸命に取り組んだことを評価する入試です。入試方法はまず受験生にアンケートシートを記入してもらいます。自分が何に力を注ぎ、何を得たのか、それによって中高時代をどのように過ごしたいかを記してもらうのです。分野や成果は問いません。時間は40分間です。その後、15分間の面接を行い、質疑応答をしながらアンケートシートに記した内容をアピールしてもらいます。ある生徒は飼育委員を何年間も務めた結果、大勢の前で発表できるようになり、自信を得て活動的になったことを述べて合格しました。アンケートシートと面接のほかに学科試験もあります。算数か国語どちらか得意な科目を選べるのです。
 都立の中高一貫校の適性検査型入試とも親和性が高い入試なので、ぜひ、併願してほしいと思います」

 昨年「アクティブ入試」で入学した中1のAさんは、5歳から始めた水泳によって成長できたことをアピール。現在、同校の競技水泳部に入部し、文武両道に励んでいます。

「『アクティブ入試』に合格した生徒は、自分自身を振り返ることで、成長を実感でき、自信を得て力を伸ばすことができるはずです。本校では沖縄で留学の疑似体験をする『クロス・カルチュラル・プログラム』や、それに続く『ニュージーランド3カ月留学』などが実施されています。こうした行事や学校生活のなかで、さまざまなことにチャレンジしてほしいと思っています」(浅見先生)

「アクティブ入試」で入学した生徒をさらに伸ばす
宮古島での民泊や3カ月留学を実施
「水泳を通して体力的にも精神的にも成長できたことを『アクティブ入試』で伝えて合格しました。好きな水泳にさらに力を注ぎ、結果を出したいと思っています」(Aさん)「水泳を通して体力的にも精神的にも成長できたことを『アクティブ入試』で伝えて合格しました。好きな水泳にさらに力を注ぎ、結果を出したいと思っています」(Aさん)
美しい海に囲まれた宮古島で民泊する家庭の多くは、漁業や農業を営んでいます。生徒は、これまでと異なる環境で生活することの大変さと喜びを知ります。美しい海に囲まれた宮古島で民泊する家庭の多くは、漁業や農業を営んでいます。生徒は、これまでと異なる環境で生活することの大変さと喜びを知ります。
中3の6月に行われる「クロス・カルチュラル・プログラム」では、宮古島の家庭に2日間民泊。家族の一員として迎えられるなか、他者理解を学び、沖縄の伝統文化にも触れます。中3の6月に行われる「クロス・カルチュラル・プログラム」では、宮古島の家庭に2日間民泊。家族の一員として迎えられるなか、他者理解を学び、沖縄の伝統文化にも触れます。
民泊が終わると、沖縄本島へ。アメリカ人ファミリーの家庭にホームステイします。英語を使って、一緒にショッピングをしたり、食事をつくったりして生活をともにします。民泊が終わると、沖縄本島へ。アメリカ人ファミリーの家庭にホームステイします。英語を使って、一緒にショッピングをしたり、食事をつくったりして生活をともにします。
高1が全員参加する「ニュージーランド3カ月研修」では、ホームステイ先から現地校に通学。独自の英語教育プログラム「LTE」(※)で身につけた実践的英語力を実際に試します。高1が全員参加する「ニュージーランド3カ月研修」では、ホームステイ先から現地校に通学。独自の英語教育プログラム「LTE」(※)で身につけた実践的英語力を実際に試します。
 ニュージーランドの大自然を楽しむ高1生たち。この研修のほかにも高校では「カナダ海外研修」や「セブ島語学研修」も用意されています。 ニュージーランドの大自然を楽しむ高1生たち。この研修のほかにも高校では「カナダ海外研修」や「セブ島語学研修」も用意されています。

※「Learning Through English」の略で、ネイティブの教員のもと、グループワークやディスカッション、プレゼンテーションを英語で行います。週6時間あります。

(この記事は『私立中高進学通信2019年11月号』に掲載しました。)

武蔵野中学校  

〒114-0024 東京都北区西ヶ原4-56-20
TEL:03-3910-0151

進学通信掲載情報

【SCHOOL UPDATE】アクティブ入試 一生懸命に取り組んできたことを活かす入試
【未来を切り拓くグローバル教育】NZ3カ月留学を体験し自主性と自立心が高まる
【中学入試のポイント】これまでの経験を評価する『アクティブ入試』を導入
【学校生活ハイライト】『他者理解』をキーワードに中高で団結して作り上げる文化祭
【SCHOOL UPDATE】アクティブ入試“得意なことを活かす”受験アクティブ入試がスタート!
【The Voice 副校長インタビュー】10年後の社会で活躍するための力をグローバルな視点から育て上げる
【キャンパスのビジョン】夜9時まで集中して学習可能 競争意識が学ぶ意欲をかきたてる
【学校生活ハイライト】「他者理解」を深めるニュージーランド留学
【Students' Chat Spot】10年後の社会で活躍する生徒の育成をめざして「実践的英語力・コミュニケーション力・自ら学び実行する力」を養う
【SCHOOL UPDATE】留学&体育祭 英語力と自己実現力を育む多彩なプログラム
【グローバル時代の学び方】国際社会に通用する『他者理解』を育む
【注目のPICK UP TOPIC!】学年合同の行事が「他者理解」を促す
【SCHOOL UPDATE】ニュージーランド3カ月留学 実践を通して英語は“武器”になる
【10年後のグローバル社会へのミッション】広い視野で捉えた「他者理解」の精神で未来を生き抜く
【未来を生き抜く学力のつけかた】100年の歴史を持つ「他者理解」の校訓こそが新しい学力育成の基盤となる
【注目のPICK UP TOPIC!】「他者理解」の人間教育を実践するクラブ活動
【私学の光輝】文化祭
【めざせ 次代のグローバルリーダー】他者理解を深め自律心を芽生えさせる テーマ学習を取り入れた3カ月間の海外留学
進学通信 2019年11月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ