Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2019年11月号

先達の意志

玉川学園(中)

本物に触れながら人間の本質を
バランスよく伸ばす教育

創立者である小原國芳が提唱した『全人教育」を教育理念に据える同校。
人間の本質に必要な“6つの価値”を備えた人材の育成をめざした教育を実施しています。
創立者 小原國芳

創立者 小原國芳

 1929年、小原國芳は私財で東京都町田市の緑豊かな丘陵地を購入し、同校を設立しました。当時、その地には小田急線の駅はありませんでしたが、小原國芳は「良い教育をすれば電車も停まる」と考え、小田急電鉄に駅舎を寄付し、停車にこぎつけました。

 生徒111人と教職員18人が教育活動を行いながら一丸となって道路を開き校舎を建築。 “寺子屋”から出発した同校は、現在、幼稚部から大学院まで約1万人が通うキャンパスに発展し、総合学園として教育研究活動を展開しています。

6つの価値を備え持つ
“全人”を育てる教育活動
小原の書「夢」。小原の書「夢」。

 1887年に鹿児島県で生まれた小原國芳は、鹿児島師範、広島高等師範を卒業しました。1913年、香川師範教諭。京都帝国大学に進み、1918年に哲学科を卒業。広島高師教諭となりました。翌年、成城小学校の主事、1926年に七年制成城高等学校校長を務めた後、「全人教育」の理念に基づき同校を創立しました。

 全人教育は大正時代に生まれた思想で、小原國芳は「人間の形成には、真(学問)・善(道徳)・美(芸術)・聖(宗教)・健(身体)・富(生活)の6つの価値を調和的に創造することを必要とし、それらを有する人間(全人)を育てることが教育の理想」と提唱しました。この理想を実現するため、同校は12の教育信条 (①全人教育、②個性尊重、③自学自律、④能率高き教育、⑤学的根拠に立てる教育、⑥自然の尊重、⑦師弟間の温情、⑧労作教育、⑨反対の合一、⑩第二里行者と人生の開拓者、⑪24時間の教育、⑫国際教育)を掲げた教育活動を行っています。

 小原國芳は、生徒たちに「大きな夢を持つこと」の大切さを説きました。生前、彼が最も多くしたためた書の一つが「夢」という文字で、 “タ”の部分が一画多いことが特徴です。ここには「ほかの人より一つでも多くの夢を持ってほしい」という願いが込められています。

形を変えながらも
普遍の教育理念
一流のものを子どもたちに触れさせることに意義を感じた創立者・小原國芳は、オーストリアから“スキーの第一人者”ハンネス・シュナイダー氏を招聘し、日本アルペンスキーの進歩に多大な足跡を残しました。一流のものを子どもたちに触れさせることに意義を感じた創立者・小原國芳は、オーストリアから“スキーの第一人者”ハンネス・シュナイダー氏を招聘し、日本アルペンスキーの進歩に多大な足跡を残しました。

 戦前より小原國芳は、スキー教室の指導者として第一人者を招聘したり、礼拝堂にオルガン製作世界一の企業のパイプオルガンを購入・設置したり、教育に対して何も惜しまず、新しいことに挑みました。現在もSTEAM教育を取り入れて最先端の科学技術を実践的に学ぶなど、創立者の姿勢は、同校に脈々と受け継がれています。また、子どもの心身の発達段階に合わせて採用している、幼稚部(年少〜年長)・小1〜小4・小5〜中2・中3〜高3の4・4・4制も、小原國芳が生前すでに提言していたものです。

 自らも同校で学んだ学園教学部長の渡瀬恵一先生は、次のように話します。

「全人教育と12の教育信条はこれからも変わりませんが、その一つひとつのアプローチは時代に則して変えていかなければなりません。例えば師弟がともに常時学ぶ『24時間の教育』については、20年以上前からネットワーク化を進め、生徒・親・教員が学校以外の時間もコミュニケーションを取れるようにしています。また、自学自律の姿勢を身につけるために、自由研究などの探究型学習を取り入れています」

 時代や環境に合わせて教育を変えながらも、子どもたちの本質は変わらないと渡瀬先生は言います。

「今の子どもたちは冷めていると言う人がいます。それは、現代は多くの情報が手に入りやすく、子どもたちがいろいろなことを知っているからです。でも、心を揺さぶられる体験をした時、子どもたちは本気で感動します。小原先生は “本物に触れる”教育を重視していました。本校ではさまざまな行事や正課外のプログラムなどを用意しています。心が動くことで、自学自律に結びつくのです」

 創立90周年を迎え、今後は創立100周年に向けて新たなる「夢」にもチャレンジし、教育・研究活動のさらなる充実を図ります。この先も生徒と教員が一体となり、新たな歴史を刻んでいくことでしょう。

サイエンスクラブの生徒が、日本学生科学賞中央最終審査で環境大臣賞を受賞。
世界大会のWorld Robot Summitでも優勝しました。
理科教育拠点サイテックセンターでの学年を越えた活動は技術だけではなく研究に対する姿勢も学びます。

芸術専門棟のアートセンターに設置した3Dプリンターを使用した授業を展開しています。3Dソフトの使用方法など最先端の技術に触れることができます。

芸術専門棟のアートセンターに設置した3Dプリンターを使用した授業を展開しています。
3Dソフトの使用方法など最先端の技術に触れることができます。

玉川学園の歩み
1929年 玉川学園設立、玉川学園開校式生徒111人、教職員18人
玉川学園教育研究所(現 学術研究所)開設
1947年 大学令による玉川大学(文農学部)設置認可、旧制最後の大学
新制中学校令による玉川学園中学部設置認可
新制小学校令による玉川学園小学部設置認可
1948年 新制高等学校令による玉川学園高等部設置認可
1949年 新制大学令による玉川大学(文学部、農学部)設置認可
1950年 通信教育部(文学部教育学科)設置認可
玉川学園幼稚部設置認可
1987年 教育博物館開館
2005年 Round Square 日本初のメンバー校に認定
2007年 玉川学園国際バカロレア(IB)クラス開設
2008年 文部科学省スーパーサイエンスハイスクール(SSH)に指定
2009年 玉川学園が国際バカロレア機構(IBO)よりミドルイヤーズプログラム(MYP)に認定
2010年 玉川学園が国際バカロレア機構(IBO)よりディプロマプログラム(DP)に認定
2014年 文部科学省スーパーグローバルハイスクール(SGH)に指定
2019年 創立90周年を迎える
不易と流行
学習のモチベーションを高める
学習支援施設
大型モニターなど、マルチメディア設備を備えます。大型モニターなど、マルチメディア設備を備えます。

 学園マルチメディアリソースセンター(学園MMRC)は、従来の図書館機能に加えて、マルチメディアシアターのほか、映像・音楽制作スペース、ワークショップスペース、マルチメディア演習室などを配置した施設です。情報の収集や検索、作成や発信、交換・共有を実現した学習情報センターとして、生徒の学習をサポートしています。施設には専門のスタッフが常駐しており、情報の収集方法やレポートのまとめ方などを相談することができます。

(この記事は『私立中高進学通信2019年11月号』に掲載しました。)

玉川学園(中)  

〒194-8610 東京都町田市玉川学園6-1-1
TEL:042-739-8931

進学通信掲載情報

【先達の意志】本物に触れながら人間の本質をバランスよく伸ばす教育
【グローバル特集 授業[学校生活]】生徒の可能性を開花世界標準のグローバル教育
【私学の光輝】日々の生活と行事をバランスよく行い 生徒の成長を促す
【私学の校外学習・学外交流】全国のSSH指定校が集うなか 力を注いだ研究発表の晴れ舞台
【私学の英語最前線】ELFで世界の人と話せる英語力を身につける
【SCHOOL UPDATE】サンゴ研究部 専門性の高いサンゴ研究で石垣島への植樹にも成功
【注目のPick up TOPIC!】日本代表のメンバーとしてアメリカへ「国際学生科学技術フェア」に出場
【私学の光輝】玉川学園展 未来につながる自ら動く研究発表の場
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】「学びの技」で思考力を育て将来につながる探究心を伸ばす
【注目のPICK UP TOPIC!】SGHで国際機関へのキャリア選択を推進
【SCHOOL UPDATE】ラウンドスクエア国際会議/国際サービスプロジェクト 国際会議や奉仕活動で育むグローバルリーダーシップ
【目標にLock On!! 私の合格Story】ラグビー部休部の悔しさを受験勉強にぶつけて見事合格
【注目のPICK UP TOPIC!】中・高・大連携のオープンスクール!
【キャンパスのVISION】世界標準の教育で伝統と環境を活かし自ら学び、考える力を養う
【その先に備える キャリア教育】何のために学ぶのか中学2年生からのキャリア教育
【私学の光輝】創立85周年記念音楽祭
【めざせ 次代のグローバルリーダー】『全人教育』と世界標準の教育で国際社会に貢献できる人材を
進学通信 2019年11月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ