Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2019年11月号

熱中! 部活動

品川女子学院中等部

自主性を大切に
個人の意見を尊重する

競技かるた部
目標は部員それぞれでも固い結束力!
「部員数が増えたことで、これまでできなかった団体戦なども可能になり、選択肢が増えました」(副部長/K.Uさん)

「部員数が増えたことで、これまでできなかった団体戦なども可能になり、選択肢が増えました」(副部長/K.Uさん)

 2019年度に同好会から部に昇格し、活動の幅を広げている競技かるた部。部長を務めるN・Hさん(高2)と副部長のK・Uさん(高2)は創設メンバーで、中心となって同部を引っ張ってきました。

「本校では毎年、中1生全員が参加する『百人一首大会』が行われています。それに参加したことで、かるたの面白さを知りました。そこで、小学校でも百人一首をやっていたという部長のHさんと放課後などを利用して楽しんでいたところ、先生に声をかけてもらい、同好会として創設することになりました」(Uさん)

 創設当初は7人だった部員も今では35人に。

「活動方針やその日の練習メニューなど、すべて自分たちで決めてきました。部長、副部長として私たちが部のまとめ役を担ってはいますが、部員たちの自主性を大切にし、個人の意見を尊重することをモットーにしています」
(Hさん)

 その言葉通り、活動目標も部員それぞれ。大会での上位入賞をめざし日々奮闘する部員がいる一方で、和歌を詠み百人一首を楽しむことを目的とする部員もいます。

 顧問の大久保晶代先生は「みんなが居心地良くいられることが大事」だと話してくれました。

「経験の有無に関わらず、誰でも受け入れてあげられる部でありたいと思っています」(大久保先生)

練習中から畳を払う大きな音が響き、迫力満点です。

 明るく和気あいあいとした雰囲気の競技かるた部ですが、詠み手が和歌を詠み始めると部員たちの表情が真剣になり、
緊張感がみなぎります。

オープンキャンパスでは、袴姿で公開試合を行いました。オープンキャンパスでは、袴姿で公開試合を行いました。
毎年、文化祭時にTシャツを作成しています。2018年度は背中に和歌を入れたオリジナルデザインでした。毎年、文化祭時にTシャツを作成しています。2018年度は背中に和歌を入れたオリジナルデザインでした。
 文化祭も同部にとって大きな活動の一つ。昨年は公開試合や「散らし取り」体験のほかに、消しゴムハンコを使ったスタンプラリーも開催しました。 文化祭も同部にとって大きな活動の一つ。昨年は公開試合や「散らし取り」体験のほかに、消しゴムハンコを使ったスタンプラリーも開催しました。
部長 N.Hさん(高2)
部長 N.Hさん(高2)

「百人一首は記憶力や集中力アップにもつながります。部員の中には、大会で勝つことをやりがいにしている人もいれば、文学的に読み解く面白さを感じている人もいるので、みんなが楽しく活動できるようにがんばっています」

副部長 K.Uさん(高2)
副部長 K.Uさん(高2)

「部員数は増えましたが、柔軟性があり、その時々に合わせて活動できる部です。部員同士の仲も良く、いざとなったら結束が固いのも良いところです」

■活動日/活動時間 火・木/16:00〜17:30
土/13:40〜15:30
■部員数 中1=9名 中2=8名 中3=6名 高1=5名 高2=7名
■主な実績
  • 2016年 第24回全国競技かるた多摩大会出場
  • 2018年 第19回百人一首競技かるた杉並大会/第21回神奈川県かるた選手権大会出場
  • 2019年 第101回全国百人一首競技かるた横浜大会/第20回百人一首競技かるた杉並大会/第31回全国競技かるた中学生選手権大会出場

(この記事は『私立中高進学通信2019年11月号』に掲載しました。)

品川女子学院中等部  

〒140-8707 東京都品川区北品川3-3-12
TEL:03-3474-4048

進学通信掲載情報

【熱中! 部活動】自主性を大切に 個人の意見を尊重する
【未来を切り拓くグローバル教育】デザイン思考を実践する『シリコンバレー研修』
【実践報告 私学の授業】課題発見力・解決力を養う『CBL』の取り組み
【制服物語】生徒のアイディアを積極的に取り入れ誇りを持てる制服に
【The Voice 校長インタビュー】女性ならではのライフデザインを推進しさらなる確実な学力向上を図る
【その先に備える キャリア教育】実践 ビジネスにもつながる教育で時代に適応できる自立した女性に
【学校生活ハイライト】最大3週間のニュージーランド滞在 世界へと視野が広がる修学旅行
【中学入試のポイント】算数1教科入試を2月1日午後に新設
【グローバル時代の学び方】先輩から刺激を受けて留学が当たり前のことに
【中学入試のポイント】第1希望の生徒に門戸が広がった総合型試験
【学校生活ハイライト】“勝つぞ!”と学年に強い絆が生まれる学年対抗の体育祭
【10年後のグローバル社会へのミッション】社会で働くイメージに直結する 『デザイン思考』&『企業コラボレーション』
【熱中!部活動】茶道部/筝曲部 複数のクラブの兼部も可能! 礼儀作法も学びながらアクティブに活動
【目標にLock On!! 私の合格Story】恩師に憧れていた中高時代 夢がかなって母校の教員に
【めざせ 次代のグローバルリーダー】演技指導を取り入れた英語学習で世界標準のコミュニケーションスキルを身につける!
【キャンパス歩き】前向きで聡明な女性が育つ活気あふれるキャンパス
進学通信 2019年11月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ