Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2019年10月号

熱中! 部活動

獨協埼玉中学校

かけがえのない仲間とともに
人間力を磨き深める

野球部
判断力、観察力を磨いて勝利をつかむ
新しいチーム作りが始まったばかり。上級生がやさしく厳しく後輩たちを引っ張っていきます。

新しいチーム作りが始まったばかり。
上級生がやさしく厳しく後輩たちを引っ張っていきます。

 協調性や社会性を育み、個性を豊かにし、人間性を深めることを部活動の理念とする同校。盛んな部活動の中でも、野球部は地区大会で常に上位争いをしています。

「技術面では、観察力を高めて相手チームの特徴やピッチャーの癖を見抜き、試合を有利に進める“走塁”の指導に力を入れています。人間的には、野球を通じて周りから頼りにされる社会人に育ってほしいと思います」
(野球部顧問/清水勲先生)

まだ慣れていない下級生もがんばって声を出します。練習中、大きな声が途切れることはありませんでした。まだ慣れていない下級生もがんばって声を出します。練習中、大きな声が途切れることはありませんでした。
たくさんご飯を食べて体をもっと大きく、強くすることも自主トレの一つです。たくさんご飯を食べて体をもっと大きく、強くすることも自主トレの一つです。
「中学から始めた未経験者の生徒をどれだけ成長させることができるかが自分たちの役目だと思います」(清水先生)「中学から始めた未経験者の生徒をどれだけ成長させることができるかが自分たちの役目だと思います」
(清水先生)
全員で声を掛け合いながら、内野守備の基本練習に集中して取り組む選手たち。全員で声を掛け合いながら、内野守備の基本練習に集中して取り組む選手たち。
きちんと並んで姿勢を正し、グラウンドに礼。こうした礼儀や感謝の精神も自ずと身につきます。きちんと並んで姿勢を正し、グラウンドに礼。こうした礼儀や感謝の精神も自ずと身につきます。
野球部 主将 熊谷勇人さん(中2)
野球部 主将 熊谷勇人さん(中2)

「チームの方針をみんなが理解して、一致団結して戦うのが強さの秘訣です。今のチームの課題は声を出すことですが、まだ声をうまく出せない下級生には先輩たちがやさしく指導しています。チームを一つにまとめるのは難しいですが、昨年の成績を少しでも上回るためにがんばっています」

■活動日/活動時間 月・水・金/15:30~17:00
土/13:30~16:30
(日曜日に練習試合などあり)
■部員数 中1=5名 中2=8名 中3=7名
■主な実績 2018年
学校総合体育大会・地区大会優勝、県大会出場
2019年
学校総合体育大会・地区大会3位
バレーボール部
練習も大会も「みんなで楽しく」
 「朝に部員みんなで集まって、今日の練習メニューをどうするかなどを話し合ったりします」と部長の小峰さん。

 「朝に部員みんなで集まって、今日の練習メニューをどうするかなどを話し合ったりします」
と部長の小峰さん。

「厳しさを経験できるのも部活動ならでは。楽しさの中にも厳しさを持った練習を心がけています」(熊谷先生)「厳しさを経験できるのも部活動ならでは。楽しさの中にも厳しさを持った練習を心がけています」(熊谷先生)

 バレーボール部は“みんなで楽しく”がモットー。

「仲間との協力、関係性、社会性をバレーボールという競技を通して学び育んでもらいたいと考えています。選手たち自らが練習メニューを考え、一つひとつ意図のあるプレーをする、ということを常に大事にしています」
(バレーボール部顧問/熊谷正太先生)

みんなで明るく声を出し合いながらアンダーハンドやオーバーハンドといった基本動作の練習に取り組みます。

バレーボール部 部長 小峰歩実さん(中2)
バレーボール部 部長 小峰歩実さん(中2)

「先輩・後輩の関係をきちんとしながらも、和気あいあいと楽しく仲良くやっています。チーム全体では、声を出して、ミスをなくすことを目標にがんばっています。部長としては、もっと大きな声を出せるよう特訓中です」

■活動日/活動時間 月・水・金/15:30~17:00
土/13:30~15:30
(土曜日に練習試合などあり)
■部員数 中1=7名 中2=8名 中3=10名
サッカー部
サッカーを通じて人間性を高める
仲間のことを信じて動くことが大事なサッカーでは、コミュニケーション力が身につきます。

仲間のことを信じて動くことが大事なサッカーでは、コミュニケーション力が身につきます。

限られた時間の中で集中して取り組み、自分たちで空き時間を上手に使って練習しています。同時に自主性も育ちます。限られた時間の中で集中して取り組み、自分たちで空き時間を上手に使って練習しています。同時に自主性も育ちます。

 サッカー部では、後輩の育成も大切にしており、3年生が2月ぎりぎりまで活動します。

「初心者でも続けやすく、成長できるように心がけています。サッカー選手としての育成はもちろんですが “あいさつ” “自分よりも相手を優先して行動する” “対戦相手をリスペクトする”といった人間性教育を重点的に指導しています」(サッカー部顧問/成瀬博文先生)

高校でもサッカーを続ける生徒が多く、入学した時には初心者でも、高校でレギュラーになれることも。

サッカー部 部長
サッカー部 部長 西野泰生さん(中3)

「練習時間以外でも先輩・後輩が一緒によく話をしたり、休み時間にボールで遊んだりするのがサッカー部のいいところだと思います」

■活動日/活動時間 月・水・金/15:30~17:30
土/13:30~17:00
(日曜日に練習試合などあり)
■部員数 中1=10名 中2=24名 中3=12名
■主な実績 2014年
学校総合体育大会・地区大会優勝、県大会出場
2016年
新人体育大会・地区大会準優勝、県大会出場

(この記事は『私立中高進学通信2019年10月号』に掲載しました。)

獨協埼玉中学校  

〒343-0037 埼玉県越谷市恩間新田寺前316
TEL:048-977-5441

進学通信掲載情報

【SCHOOL UPDATE】福祉体験学習 教科書では学べない豊かな感性を磨く
【熱中! 部活動】かけがえのない仲間とともに人間力を磨き深める
【実践報告 私学の授業】体験を積み上げて学ぶ理科の実験授業
【Students' Chat Spot】行事などでみんなが楽しんでくれるとやりがいを感じます!
【学校生活ハイライト】学年ごとに一つのテーマを掘り下げそれぞれのクラスが個性を発揮
【子どもの自立を促す教育】体験を通して興味を広げ夢の実現に向けて行動する 精神的大人になるための信じて見守る教育
【The Voice 新校長インタビュー】「語学の獨協」の伝統を受け継ぎ 個性と多様性を重んじる人間形成
【その先に備えるキャリア教育】勤労 「働くことの意義」を実感 上野・アメ横での職業体験
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】勉強・部活動・学校行事のすべてに全力で取り組み 自ら考え、主体的に行動する生徒を育成
【熱中!部活動】高い意識を持って勉強と部活を両立させる
【キャンパスのVISION】自然に恵まれた環境と充実した施設の中で送る 伸び伸びとした学園生活
【校長が語る 思春期の伸ばし方】自ら信じる価値観を自分の力で確立させる
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】自ら考え、判断できる若者を育成 中1から始まる“自立”を促す指導
【私学の光輝】蛙鳴祭
【Students' Chat Spot】選挙を経て、生徒会役員に 充実した学校生活を送る中学2年生
進学通信 2019年10月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ