Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2019年10月号

中学入試のポイント

日本大学豊山女子中学校

英語インタビュー入試など
新たに3つの入試を導入

2020年度入試から新たに「英語インタビュー型」、「2科選択型」、「帰国子女」入試を新設。全7種の入試を実施する狙いや入試について聞きました。
ブースごとに分かれていて集中できる環境。試験中は教室内に音楽が流されるなど、緊張感をほぐす工夫がなされています。

ブースごとに分かれていて集中できる環境。試験中は教室内に音楽が流されるなど、緊張感をほぐす工夫がなされています。

社会科と理科だけで受験することも可能

 日本大学で初の付属女子校として1966年に開校して以来、伝統を重んじながらも新しい取り組みを積極的に取り入れている同校。2020年度入試からは、従来の「2科」「4科」「適性検査型」「思考力(プレゼン)型」の入試に加え、「2科選択型」「英語インタビュー型」「帰国子女」入試も加わることになりました。

 中学教育の2本柱に掲げる「国際交流教育」と「キャリア教育」をいっそう強力に進めていくには、多様な考え方や価値観を持つ生徒が集い、刺激を受け合う環境が大切だという考えから、"入り口"となる入試の選択肢を増やしました。

「2科選択型」入試は、国語、算数、理科、社会科の4科から2科を選びますが、試験開始後、4科すべての試験問題を見てから、受験する2科を決めることができます。試験時間90分の間にそれぞれの試験問題を見たうえで、解きやすい科目を選んで受験することもでき、中学受験ではあまり例のない、社会科と理科の2科で受験することも可能です。

 中学教頭の黛俊行先生は、

「これまでの入試形態では、国語や算数に苦手意識があるけれど、理科や社会科なら得意だという受験生の力が活かし切れないこともあったと思います。理科や社会科が好きな生徒は研究熱心で、一つのことに集中して取り組む力を持っていることが多いです。入学後に才能を大きく伸ばせる可能性を秘めているので、ぜひ挑戦してもらいたいと思います」

 と話します。

英語面接のみの入試を新設
まとめ資料用に、画像の印刷もお願いできる。まとめ資料用に、画像の印刷もお願いできる。

 新設の「英語インタビュー型」入試は、筆記試験なしで、英語での面接のみで合否判定を行います。英語でのコミュニケーション力を測るもので、受験の目安は英検3級以上です。

 同校は中1・中2の希望者を対象にニュージーランド短期留学を実施し、今年度からは中学生でもターム(約3カ月)留学制度を設けるなど、早い段階での海外体験を大事にしています。このような取り組みに魅力を感じる保護者や児童は、年々増えています。

「小学校から英語を習得してきたお子さんが受験しやすいように、英語面接だけの入試を新設しました。数学や国語は入学後にしっかりケアをしますので心配はいりません」

 入学後は得意な英語を活かし、学年全体をリードする存在になってほしいとの願いも込められています。

 先行して12月に実施される「帰国子女」入試も一新。海外での滞在経験が原則として1年以上あり、帰国後3年以内という条件を満たす場合、「英語インタビュー型」入試と同じ内容で年内に先行して受験することができます。「帰国子女」入試は、これまでは2月1日以降の入試で学科試験と個別面接、書類によって総合的に合否判定をしてきましたが、この従来の入試も残しつつ、英語面接のみでの受験も選択できるようになったのです。

「帰国子女入試の幅を広げ、入学者が増えることで、海外経験が豊富な生徒の価値観や物事を見る目が、周囲の生徒に良い影響を与えることを期待しています」

 2016年度より実施の「思考力(プレゼン)型」入試は、その場で与えられたテーマから一つを選び、調べて発表する入試。調べ学習や発表が得意な受験生が挑戦しやすい試験になっています。

「本校は『女子にしばられない』をキャッチフレーズに、固定概念を打ち破り、世界に向けて積極的にチャレンジできる生徒を育てています。得意な教科や強みを活かして受験できる多彩な入試を整えたことで、さまざまなタイプの生徒が集い、共に良い影響を与え合うことを期待しています」

 これまで中学受験を考えていなかった保護者や児童にも興味を持ってもらえたら、と黛先生は話していました。

(この記事は『私立中高進学通信2019年10月号』に掲載しました。)

日本大学豊山女子中学校  

〒174-0064 東京都板橋区中台3-15-1
TEL:03-3934-2341

進学通信掲載情報

【未来を切り拓くグローバル教育】ターム留学制度を新設海外への扉を増やす
【中学入試のポイント】英語インタビュー入試など 新たに3つの入試を導入
【その先に備えるキャリア教育】価値 次世代型キャリア教材で培う新しい価値を創造する力
【行ってきました!学校説明会レポート】女子の心をつかむ体験授業が魅力夏休み学校見学会
【The Voice 校長インタビュー】「女子にしばられない」教育で視野を広げて未来を切り拓く
【SCHOOL UPDATE】広い視野を持ったグローバルリーダーを育成
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】1人1台タブレット利用で思考力を磨き多面的に学ぶ
【中学入試のポイント】調べてまとめて発表する思考力型入試
【SCHOOL UPDATE】文化週間・合唱コンクール 固い団結力を歌にのせて各クラスが優勝をめざす
【グローバル時代の学び方】世界に飛び出すきっかけをつかむ2つの海外研修
【The Voice 新校長インタビュー】女性の活躍の場が広がりゆく今こそ未来を見据えた学校改革を
【10年後のグローバル社会へのミッション】英語にたくさん触れて 自主的に英語を楽しむ環境づくりと教育
【注目のPICK UP TOPIC!】「サイエンス部」が全国大会に出場
【SCHOOL UPDATE】タイムカプセル開封式 15年間の成長と母校での日々に思いをはせる
【部活レポート】放送部
【授業発見伝】理数科 創造的な学習意欲を育てる課題研究発表会
【母校にエール!OGOB interview】教育実習生として戻ってきた今 母校の素晴らしさを痛感しています
進学通信 2019年10月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ