Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2019年10月号

SCHOOL UPDATE

駒込中学校

3つの新たな取り組み
自己肯定感を持って自立し
新時代に活躍できる人を育成する

 「学習サポートシステム」を活用している中2の早崎友裕さん、三好諒大郎さん、中1の稲多花純さん、戸澤桜希さん。「プログラミング講座」を受講する中1の木村一貴さん、寺本裕太郎さん(左から)。

 「学習サポートシステム」を活用している中2の早崎友裕さん、三好諒大郎さん、中1の稲多花純さん、戸澤桜希さん。
「プログラミング講座」を受講する中1の木村一貴さん、寺本裕太郎さん(左から)。

 中1、中2の希望者が通う「プログラミング講習」は週1回の開講。「友達と一緒にやっているので、わからないことを相談し合いながら、楽しくプログラミングを勉強できます」(寺本さん) 中1、中2の希望者が通う「プログラミング講習」は週1回の開講。「友達と一緒にやっているので、わからないことを相談し合いながら、楽しくプログラミングを勉強できます」(寺本さん)

 2018年度から「本科コース」と「国際先進コース」の2つのコースを導入し、従来から力を入れているICT教育やグローバル教育に加え、高校3年間を通してSTEM教育(※)を行っている同校。新時代に活躍できる人の育成をめざしています。

 中学生に向けては定期的に「中学校版STEM授業」を開催しているほか、希望者を対象とする週1回の「プログラミング講習」、そして全生徒を対象に放課後毎日実施している「学習サポートシステム」もスタートしました。

「これからはAIがより発達する時代になり、既存の職業が少なくなっていきます。そのため、自分たちで新しい職業を生み出していく力を身につけなければなりません。そんな思いからSTEM教育に力を入れています。STEM教育、そしてプログラミングは、理数的な思考力を鍛えられることが利点です」(中学教頭/本田靖先生)

「プログラミング講習」に参加する寺本裕太郎さん(中1)は「今後、AIの普及が進み、プログラミングの仕事も増えてくると思うので、今のうちに学んで、その世界で活躍したいと思っています」と話します。木村一貴さん(中1)も「新しい分野ですので、今後、大事なスキルになると思います」と先を見据えています。

 一方、「学習サポート」は、大学生の講師5名が常駐して質問対応や学習相談を行い、自主学習をサポートしてくれるシステムです。生徒からは好評で、「講師の先生は、話しやすく教え方もわかりやすいです。楽しく勉強できています」(中1/戸澤桜希さん)、「講師の皆さんが実践してきたことを教えてくれるので、役立つ勉強法をたくさん知ることができます」(中1/稲多花純さん)、「一人だけでは集中力が続かないこともありますが、ここでは緊張感があって集中できます」(中2/三好諒太郎さん)と話してくれました。

※STEM教育……Science、Technology、Engineering、Mathematicsの頭文字をとったもので、数学をベースに科学・技術・工学の4分野を横断した教育を指す。

プログラミングを通し、理数的な思考を学ぶ
生徒が自ら学べる環境が実現! 積極性を持って学習できる
 「プログラミング講習」は、ビジュアルプログラミングを使用したソフトを使い、eラーニングのため生徒たちが自ら研究し進めていく講座です。やり方の動画や詳しい説明を読み、自分のペースで学んでいきます。 「プログラミング講習」は、ビジュアルプログラミングを使用したソフトを使い、eラーニングのため生徒たちが自ら研究し進めていく講座です。やり方の動画や詳しい説明を読み、自分のペースで学んでいきます。
高校では3年間を通してSTEM教育を学びますが、その前段階として中学校でも定期的に授業が行われています。高校では3年間を通してSTEM教育を学びますが、その前段階として中学校でも定期的に授業が行われています。

授業のある放課後は毎日、5名の大学生講師が来校し、わからない問題から進路相談までサポートします。「近郊の大学生が来てくださるのですが、土地柄的に東大生も多く、生徒たちのいい刺激になっています」(本田先生)授業のある放課後は毎日、5名の大学生講師が来校し、わからない問題から進路相談までサポートします。「近郊の大学生が来てくださるのですが、土地柄的に東大生も多く、生徒たちのいい刺激になっています」(本田先生)
2020年より制服がリニューアルします。生徒会が中心になってデザインを決定した制服で、ピンクの色味が入ったチェックのスカートが特徴です。2020年より制服がリニューアルします。生徒会が中心になってデザインを決定した制服で、ピンクの色味が入ったチェックのスカートが特徴です。
2020年度から制服が一新します

 制服のリニューアルに合わせて、男女ともにベストとセーターも各3色から選べるようになりました。コーディネートの幅も広がります。

(この記事は『私立中高進学通信2019年10月号』に掲載しました。)

駒込中学校  

〒113-0022 東京都文京区千駄木5-6-25
TEL:03-3828-4141

進学通信掲載情報

【SCHOOL UPDATE】3つの新たな取り組み 自己肯定感を持って自立し新時代に活躍できる人を育成する
【注目! News and Topics】セブ島語学研修とオンライン英会話教室でグローバル教育を充実させる
【私学の英語最前線】人間教育の伝統校が実践 時代に即した英語教育
【学校生活ハイライト】生徒会を中心に中高が団結 全員で力を合わせる玉蘭祭
【The Voice 校長インタビュー】世に必要とされる人々を時代に先駆けて育てる駒込の改革
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】『国際先進』と『本科』2018年度より新たな2コース制がスタート
【みんな大好き キャンパス食堂】給食を味わいながら学校の魅力がみつかる 大人気・給食試食会開催 !
【グローバル時代の学び方】イマージョン教育で確かな英語力を習得
【目標にLock On!! 私の成長Story】先生たちの親身かつていねいなアシストで成長することができた6年間
【SCHOOL UPDATE】都心では味わえない豊かな自然と農村体験
【グローバル時代の学び方】英語が苦手な生徒も成長したセブ島語学研修
【10年後のグローバル社会へのミッション】「なりたい自分になる」ための礎となる国際理解教育
【SCHOOL UPDATE】給食試食会 在校生の保護者が引率して学校生活を“味わう”
【The Voice 新校長インタビュー】真の「グローバル」とは日本を解体することではなく開放することを意味する
【私学の光輝】先人の功績と歴史に思いをはせる 天台声明公演を開催
【遊べる・役立つ・夢中になれる 学習のすすめ】理科 物質がとける温度を測定しよう
【私学しゅん報】保護者も参加 給食試食会&学校説明会
【Students' Chat Spot】中学1年生全員参加となった日光山研修 日光山輪王寺で「心」を磨きます
進学通信 2019年10月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ