Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2019年10月号

私学の校外学習・学外交流

秀明大学学校教師学部附属秀明八千代中学校

「テクノロジーを使って働く将来の自分」を
プレゼンテーション

日本マイクロソフト「総合学習プログラム」

デジタルトランスフォーメーションが進む未来の社会でどう働くかを考えます。
日本マイクロソフト品川本社を訪れ、「総合学習プログラム」に参加しました。

日本マイクロソフト品川本社を訪れ、「総合学習プログラム」に参加しました。

 生徒一人ひとりが持っている資質・能力を伸ばし、学力はもとより、心身ともに健全で調和のとれた人間を育てる同校では、時代の最先端に触れる職場体験の一つとして、日本マイクロソフトの「総合学習プログラム」に参加しました。

 社員の方が講師になり、生徒のプレゼンテーションにフィードバックを行うプログラムです。

 中3生13名が日本マイクロソフト品川本社を訪れ、『テクノロジーを使って働く将来の自分』をテーマにプレゼンテーションを行いました。

「事前にプレゼンテーションの資料をPowerPointで制作し、提出します。
 そのため、まずは自分がなりたい職業の業務内容を詳しく調べました。そして、どんなテクノロジーが活かせるかを考えて資料を作りました。次は資料を使ったプレゼンテーションの練習です」(中学主任/上原慎也先生)

 持ち時間4分を有効に使ったプレゼンテーションにするため、生徒は推敲を重ねました。

「当日のプレゼンテーションは、どの生徒も練習よりよくできました。講師の方のフィードバックが大変わかりやすく的確で、生徒から『今後の目標が明確になった』『情報の調べ方を学んだ』『将来のことをもっと考えながら勉強に励みたい』などの感想を聞くことができました」

プレゼンテーションを振り返って

Mくん
演劇公演の裏方を担うスタッフの人手不足を補うため、AIを活用して、脚本のアイデアや舞台のデザインを補完できないかをテーマにプレゼンしました。実際に演劇に役立つアプリやソフトを作ってみよう!とアドバイスをいただきました。


F.Aさん、Tさん、H.Mさん
薬剤師・科捜研など、複数の職業について発表したので、色分けなどをして見やすくしました。(F.Aさん)

グループ発表はメンバーの共通点をまとめたほうが良いとアドバイスいただきました。(H.Mさん)


Kくん
自衛隊の医師の仕事とテクノロジーについて考えました。AIが医療のサポートをしている事例を教えていただき、自分が調べきれていないところが明確になりました。プレゼンテーションの手法も勉強になりました。


N.Aさん
食品開発技術職に興味があり、メニューをつくる時に、栄養の偏りをなくすためにセンサー技術が使えないかを考えました。
講師の方からは、フードサイエンスは世界でも注目の分野なので、着目点が良いと言っていただけました。


N.Eさん
プロジェクトマッピングとテクノロジーの融合について発表しました。新しい技術を取り入れ、どう応用できるかを発表すると、面白いとコメントをいただきました。受験や就職試験にも役立つ体験ができました。


Yくん、Hくん
教師の仕事にテクノロジーを活かすことがテーマです。AIが得意なことを活かせるポイントがわかりました。(Yくん)

人間とAIが協力すれば、生徒一人ひとりに合った学習方法が実現できると思いました。(Hくん)

革新的で安心して使える
インテリジェントテクノロジーの活用を
講師 日本マイクロソフト 小野田浩平さん講師 日本マイクロソフト
小野田浩平さん

 日本マイクロソフトは「地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする」ことを企業ミッションとしています。皆さんが自分のなりたい職業とテクノロジーをどうつなげるかアイデアを出す中で、テクノロジーを活用する方法を知ってもらいたいです。

プレゼンテーションスキルを磨こう
講師 日本マイクロソフト カカール明良さん講師 日本マイクロソフト
カカール明良さん

 皆さん、ていねいによく調べたことが伝わるプレゼンテーションでした。プレゼンテーションでは人となりが重視されます。資料を読まずに、顔を上げて発表しましょう。時事問題を入れたり、注目を引くキーワードや数値だけ先に見せたりするテクニックを取り入れるのも1つの方法です。

講師の方がふだん行っている仕事について聞きます。講師の方がふだん行っている仕事について聞きます。
最新のテレビ会議システムを体験しました。最新のテレビ会議システムを体験しました。

(この記事は『私立中高進学通信2019年10月号』に掲載しました。)

秀明大学学校教師学部附属秀明八千代中学校  

〒276-0007 千葉県八千代市桑橋803
TEL:047-450-7001

進学通信掲載情報

【私学の校外学習・学外交流】「テクノロジーを使って働く将来の自分」をプレゼンテーション 日本マイクロソフト「総合学習プログラム」
【The Voice 校長インタビュー】創造的な思考力の源は知識を活用できる「知恵」です
【未来を切り拓くグローバル教育】中2・高1が全員参加 イギリス英語研修
【私学だからできるオリジナル教育】大学連携授業で数学的思考を体験
【SCHOOL UPDATE】大学連携と独自のプログラムで21世紀型スキルを育成
【制服物語】21世紀に活躍する真の国際人を育むデザインと機能性を兼備した制服
【私学だからできるオリジナル教育】大学教授から学ぶ発展的な体験授業
【グローバル時代の学び方】全員参加の海外研修や英検取得をバックアップ
【The Voice 校長インタビュー】大学連携と独自のプログラムにより探求心と自ら学ぶ力を育む
【6年間の指導メソッド】英語教育を異文化理解力につなげる
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】附属大学との連携が学びの力を引き出す特別授業
【未来を生き抜く学力のつけかた】教科連携や体験学習で今後の社会で必要とされる表現力や思考力を磨く
【学校生活ハイライト】2015年度より校名変更 生徒のやる気を支え伸ばす「夢をかなえる」6年間
【The Voice 新校長インタビュー】秀明大学学校教師学部の指導力を活かし未来を強く、たくましく生きる力を育む
【授業発見伝】茶道 国際社会に貢献できる人材として日本の心と、礼儀を体得する
【私学の光輝】文化と歴史を体感 イギリス英語研修
【母校にエール!OGOB interview】落ち着いた雰囲気の中で礼節を学び、語学力を高めた6年間
進学通信 2019年10月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ