Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2019年10月号

未来を切り拓くグローバル教育

日本学園中学校

3種の海外研修が
積極性と英語力をアップ

独自の『にちがくグローカルプログラム』を実施
毎年、高1の1月~3月に実施されている『オーストラリア Study Abroad』は、3カ月間のターム留学プログラム。英語と異文化に日常的に接することで、生きた国際感覚とレベルの高い語学力を身につけます。

毎年、高1の1月~3月に実施されている『オーストラリア Study Abroad』は、3カ月間のターム留学プログラム。
英語と異文化に日常的に接することで、生きた国際感覚とレベルの高い語学力を身につけます。

“グローカル”な体験が
自分と他者を知るきっかけに

 創造する力と発信する力を育む『創発学』を基盤とする同校のグローバル教育は、日本学園オリジナルプログラム『にちがくグローカルプログラム(Nichigaku Glocal Program)』(NGP)を通じて実現されます。『グローカル』とは、「global」と「local」を合わせた造語で、「グローバルな異文化体験とローカルな日本文化の両方を知って、広い視野で国際理解を深め、英語力を武器に活躍できる人財を育てるのが目的です」と、NGPを担当する勝田宏毅先生は説明します。

「NGPは英語力向上だけを目的にはしていません。英語を手段としたグローバル体験によって“日本人である自分とは何か?”を知り、生の国際感覚を身につけ、視野を広げてもらいたいのです。
 私自身も大学院時代、イギリス留学を経験し、学問以上の貴重な学びをたくさん得ました。もっと若いうちに留学しておけば良かったと後悔したほどです。本校の生徒には、中高生の時期にこそ、海外体験をしてもらいたいのです」

短期海外留学により
学習意欲と英語力が向上

 NGPには、中3生全員参加の『中学オーストラリア語学研修』、全学年から希望者を募る2週間のホームステイ『ニュージーランド Study Abroad(SA)』、高1希望者を対象とする3カ月間のターム留学『オーストラリアSA』という3つのプログラムが用意されています。中でも特筆すべきは、本格的な英語学習と海外研修を体験できる『オーストラリアSA』です。

「生徒が進路を考え始める高1という多感な時期に、自然豊かなオーストラリアで生活しながら英語と異文化に接する本プログラムは、保護者にも生徒にも大変好評です。本年度で4期目となりますが、以前は1ケタ台だった希望者も今年は2ケタになりました。
 留学を終えた生徒は、全員が英検2級~準1級に合格しました。TOEICの成績も留学経験後は約100~400点近く伸びています。高入生の中には、ターム留学があるから本校に入学した生徒もいるほどです」

 約125万円の留学費用のうち、55万円を私学助成金で補助されるのも同校ならではのメリットです。

「帰国した生徒は英語力が上がるだけでなく、チャレンジ精神も旺盛になります。受動的だった生徒が自分から意見を出し、自ら考えて行動する“発信型”へと変化するのです。将来への考え方や進学意欲、学習意欲も増して、とてもたくましくなり、他の生徒にとても良い影響を与えています。
 生徒からは、より滞在期間の長い半年~1年の長期留学プログラムを望む声も多く挙がっており、その意欲を今後のNGPに、ぜひ活かしていきたいと考えています」

Action Report File001
3カ月間のターム留学を経験
『オーストラリア Study Abroad』
高1の1月からスタート!

 留学先はオーストラリアの自然豊かなアデレードで、ホームステイを経験します。到着後は、約10日間をかけて現地の語学学校などで集中的に英語レッスンを行い、3週目からはホストファミリーのもとで日常生活を経験しながら、現地の公立共学校で留学生として勉学に励みます。現地校では、留学生向けの英語の授業を必修として、プロのコーチを招いたサッカーの授業や調理実習、実践的なキャリアデザインの授業など、日本では学ぶことのできない学習にも参加。ホストファミリーとのさまざまな触れ合いも、貴重な体験です。

カジキマグロ釣りにも挑戦 海でのアクティビティも充実カジキマグロ釣りにも挑戦
海でのアクティビティも充実
ホストファミリーとの交流も人生の貴重な財産に!ホストファミリーとの交流も人生の貴重な財産に!
Action Report File002
ホームステイをしながら現地校で学ぶ
『中学オーストラリア語学研修』
中3生が全員参加!

 オーストラリア・アデレードの現地校で英語を学びながら、ホームステイによる日常生活を2週間体験。自然を活かした海での実習、動物園での校外学習やワイナリー見学などアクティビティ的な学習も行われます。

 他国からの留学生との交流も英語のコミュニケーション力と異文化理解力をを高めます。

海も近いアデレードで多彩な校外実習を経験海も近いアデレードで多彩な校外実習を経験
オーストラリアならではの動物との触れ合いも!オーストラリアならではの動物との触れ合いも!
Action Report File003
英会話を強化し文化を学ぶ
充実した『事前学習』
研修・留学前に実施
ネイティブ教員による英会話の事前学習を徹底ネイティブ教員による英会話の事前学習を徹底

 通常のネイティブ教員による英語授業のほかにも、『中学オーストラリア語学研修』前には、ブリティッシュヒルズでの語学研修や英語プレゼンテーションなどの事前学習を実施。『オーストラリアSA』前には、9月~12月の3カ月間、週2回のオンライン英会話で英語力を強化。社会科教員と連携し、外国人とのコミュニケーションには欠かせない日本文化への知識を深める授業のほか、海外の宗教やオーストラリアの生活習慣について学ぶ機会も設けます。

先生から一言
海外研修を将来を考えるきっかけに
NGP担当 勝田宏毅先生NGP担当 勝田宏毅先生

 NGPの特徴は、中3のオーストラリア語学研修と同じアデレードへもう一度行ける点にあります。“中3でもっと英語ができたら良かったのに”と悔しさを感じた生徒がもう1度挑戦し、自信をつける例も多いのです。

 留学中は2週間に1度、メールでの報告を義務づけ、後半には私たちも視察に向かいます。現地コーディネーターも定期的にホストファミリーと本人を面接し、ていねいにフォローアップします。ターム留学経験者のOBの中には、留学で英語の面白さを知り、上智大学のESS(英会話クラブ)で活躍している生徒もいます。NGPを通じて生徒が自分の将来を真剣に考えるきっかけが生まれていることを実感します。

(この記事は『私立中高進学通信2019年10月号』に掲載しました。)

日本学園中学校  

〒156-0043 東京都世田谷区松原2-7-34
TEL:03-3322-6331

進学通信掲載情報

【未来を切り拓くグローバル教育】3種の海外研修が積極性と英語力をアップ
【校長が語る自立へのプロセス】創造してきちんと発信する「創発学」その学びは生徒たちに生きています
【SCHOOL UPDATE】『高校創発学』新規導入でさらに強化 創造力・発信力・思考力を鍛える独自プログラム—『創発学』
【私学の英語最前線】独自の『創発学』を応用英語をやる気になる授業
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】職業人との対話が将来の自分を描くきっかけに
【グローバル時代の学び方】日本語と英語を同時に強化 創造し発信する力を養う
【The Voice 校長インタビュー】デジタルの時代だからこそ大切なリアル体験型学習
【Students' Chat Spot】仲良し4人が語る いま熱中していることや学校の魅力
【私学の光輝】にちがく祭 個の力を発揮しながら、生徒自らが築く学園の歴史
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】林業・漁業・農業体験は好奇心を刺激する貴重な時間
【校長が語る 思春期の伸ばし方】子どもの「思い」を基に得意な道で成長させる
【熱中!部活動】もっともっとうまくなって日本中の人に音楽を届けたい!
【目標にLock On_!! 私の合格Story】“創って発信する” 経験が「僕にもできる」という自信に
【部活レポート】鉄道研究部
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】『にちがく講座』とスケジュール管理を通して課題の発見・解決の基礎となる自学自習力を育成
【私学の先生から受験生へのアドバイス】自己発信できる、創造型のリーダーをめざす生徒の受験に期待
進学通信 2019年10月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ