Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2019年10月号

行ってきました!学校説明会レポート

目黒星美学園中学校

在校生や卒業生が
高いプレゼン能力を発揮!

「おはようございます!」

「おはようございます!」
当日は、“サポート隊”と言われる生徒約10名が、
受付や参加者のアテンドなどを担当。
このサポート隊は生徒が希望制で登録する有志団体で、
スケジュールの合う生徒が参加しています。

6月2日(日)に第1回学校説明会を開催。教育理念や学校説明のお話に加え、在校生、卒業生のスピーチや校内案内も行われました。

これまで何度もアテンドを経験している高2生は、説明が上手。展示してある制服を紹介し、「生徒の間では、夏服が人気です」と高校生らしい素直なコメントも。これまで何度もアテンドを経験している高2生は、説明が上手。展示してある制服を紹介し、「生徒の間では、夏服が人気です」と高校生らしい素直なコメントも。

 ボランティア研修などを通して生徒の「主体性」「協調性」「問題解決能力」を養い、21世紀を生きる女性を育成している同校。今年度最初の説明会では、先生方からのお話に加えて、高2の生徒2名と卒業生2名がプレゼンテーションを披露。また校内案内では、在校生が参加者のアテンドを務めました。

 生徒がボランティア活動などの経験を通して社会の課題解決をめざす同校。中1から全員が「言語力ウィーク」の取り組みでコミュニケーション能力を鍛えていて、プレゼンテーションや発表の機会が多いのも特徴です。同校での女子教育の実りの姿に自分の子どもの姿を重ねて考えられるよう、説明会でもこのような機会を作られたそうです。

「最近の学校説明会では、スピーチや校内案内のアテンドを多数の生徒に担当してもらっています。中高生の感性で生徒が話したほうが伝わりやすいですし、説得力もあると思います。実際、参加者のアンケートでも『在校生や卒業生の話が良かった』との回答をたくさんいただいています」(中学校教頭/小西恒先生)

 この日の説明会でも、生徒たちの高いコミュニケーション能力や旺盛なチャレンジ精神が感じられました。参加者も、入学後の具体的なイメージを描くことができたことでしょう。

豊かな緑に囲まれた校舎。最寄りは小田急線「祖師ヶ谷大蔵」駅ですが、田園都市線「二子玉川」駅からスクールバスも出ています。1
豊かな緑に囲まれた校舎。最寄りは小田急線「祖師ヶ谷大蔵」駅ですが、田園都市線「二子玉川」駅からスクールバスも出ています。
豊かな人間力を育みます2
「豊かな人間力を育みます」
若松悠紀子校長先生は「学園の建学の精神と教育理念」についてお話されました。この後、担当の先生から「入試要項」の説明なども行われました。

3-1
3-2

社会とつながることで生徒の自己変革を図っている同校。
その一環としてボランティア活動が盛んに行われています。
今回「ボランティア活動についてお話ししたい」と自ら名乗りをあげた高2生2名が登壇し、
「ボランティア経験を経て学んだこと」について話しました。

4-1
4-2

卒業生2名(現在は大学生)が登壇。
自らの中学・高校時代を振り返り、「先生と生徒との距離が近い」「向上心のある生徒が多い」など、
母校の特徴を語りました。中高6年間を過ごした卒業生の言葉には説得力があります。

校内見学へ
説明会の後は、10名1グループとなって校内見学へ。1グループにつき、サポート隊の在校生2名(高校生と中学生)がアテンド、教員1名が補助を務めます。説明会の後は、10名1グループとなって校内見学へ。1グループにつき、サポート隊の在校生2名(高校生と中学生)がアテンド、教員1名が補助を務めます。
「こちらはエデュケーショナルラウンジです」「こちらはエデュケーショナルラウンジです」
2階の職員室の向かいには進路コーナーがあり、赤本(大学入試過去問題集)なども置いてあります。オープンスペースなので、どの学年の生徒でも自由に閲覧できます。
生徒が自由に出入りできる聖堂では、学年ミサやコンサートなども行われています。校内にはマリア像がたくさん設置されていて、アテンド補助の先生は「マリア像がいくつあるか、数えると楽しいですよ」とユーモアのあるアナウンス。生徒が自由に出入りできる聖堂では、学年ミサやコンサートなども行われています。校内にはマリア像がたくさん設置されていて、アテンド補助の先生は「マリア像がいくつあるか、数えると楽しいですよ」とユーモアのあるアナウンス。
この日、初めてアテンドを担当した中2生は、参加者を美術室や書道室などに案内。「通学時はどんなカバンを使っているの?」という保護者からの質問にもきちんと対応していました。この日、初めてアテンドを担当した中2生は、参加者を美術室や書道室などに案内。「通学時はどんなカバンを使っているの?」という保護者からの質問にもきちんと対応していました。
無事に終わったね「無事に終わったね」
「ホッとしました」
校内案内を無事に終えてホッと一息。中2生(右)は「緊張しましたが、先輩をお手本にして何とかできました」と笑顔を見せていました。

 この日は、トートバッグ、パンフレット、ガイドブック、説明会資料、ボールペン、メモ帳、クッキーなどが配布されました。「まるごと目黒星美BOOK」は在校生からのメッセージが満載で、学校の楽しい雰囲気が一目でわかる小冊子です。

(この記事は『私立中高進学通信2019年10月号』に掲載しました。)

目黒星美学園中学校  

〒157-0074 東京都世田谷区大蔵2-8-1
TEL:03-3416-1150

進学通信掲載情報

【行ってきました!学校説明会レポート】在校生や卒業生が高いプレゼン能力を発揮!
【私学の校外学習・学外交流】互いに刺激し合い成長を促すコラボレーション
【学校生活ハイライト】奉仕の精神をもとに生徒が主体的に取り組む『純花祭じゅんかさい』
【私学の英語最前線】少人数制授業で基礎固め積極性と学ぶ姿勢も培う
【その先に備える キャリア教育】奉仕 ボランティア研修で養われる主体性・協働性・問題解決能力
【目標にLock On!! 私の成長Story】アットホームな校風が合った学校生活将来は看護師として誰かを支える人に
【学校生活ハイライト】国内外の姉妹校・兄弟校と交流し国際化へと飛躍する
【グローバル時代の学び方】英語とボランティア精神で世界に通用する力を育む
【Students' Chat Spot】『6年の日』を通して確認し合う仲間との絆と思い出。 この学校で本当に良かった!
【制服物語】生徒たちの声が活かされた愛校心の持てる清楚な制服
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】「聞く」「話す」「伝え合う」を鍛える『言語力ウィーク』
【Students' Chat Spot】グローバル教育や言語力の育成に注力 多彩な経験によって、大きく成長できるチャンス
【キャンパスのVISION】共生の大切さを知り 日々の祈りを行動に移せる女性を育む
【校長が語る 思春期の伸ばし方】信頼ある関わりを土台にして主体性や積極性を養っていく
【SCHOOL UPDATE】ボランティア研修 日々の祈りを行動に移し他者に手を差し伸べる
【10年後のグローバル社会へのミッション】言語力を武器にボランティアの精神で生きる
進学通信 2019年10月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ